View of the World - Masuhiko Hirobuchi

Welcome to the world of Masuhiko Hirobuchi.
Journalist

new.gif - August 29, 2016

COLUMNS

五輪関係者のコメント力(りょく) -

リオで日本選手たちはよくがんばりました。心から祝福し賞賛します。ただ残念なのは、リオおよび東京での合同記者会見で、どうしても言って欲しい言葉が出なかったことです。それは「次の東京オリンピックとその後も、世界は平和であってほしい」という思いが滲み出たコメントがひとつくらいは欲しかったということです。「もっと練習して東京ではもっと上のメダルを取りたい」と、多くの選手が言いました。それには共感しますが、そんなことを言っていられるのも、競技会場の周辺が平和だったからです。しかしそれが4年後も続くという保証はありません。日本の周辺では、平和を脅かすような動きがいちだんと増しています。スポーツマン(ウーマ...[READ]

COMMENTS ・・・>

August 25, 2016

COLUMNS

五輪関係コメントへの不満 -

現地リオおよび帰国後の東京で五輪関係者は多くのコメントを残しました。だが「一番肝心なことが語られていない」という不満の声も相当に強いようです。ご自分の不満やご意見を自由に書いてみてください。...[READ]

COMMENTS ・・・>

August 19, 2016

COLUMNS

リオ・甲子園・尖閣諸島 -

ここ2週間ばかり、日本人の関心はリオのメダル取り競争に集中しています。だいぶ離れて甲子園の高校野球でしょうか? イチローの3000本安打の話題はもはや遠い過去になってしまったようです。こうした日本の大...[READ]

COMMENTS ・・・>

July 30, 2016

COLUMNS

小池百合子に欠けたるもの(恩義の念) -

東京都知事選は、政策を競うことはほとんどなく、遺恨試合(小池候補対自民都議会)とスキャンダル報道への防戦(鳥越候補対週刊文春&週刊新潮)という、ずいぶん次元の低い戦いの内に幕を閉じました。どのメディア...[READ]

COMMENTS ・・・>

July 21, 2016

COLUMNS

有名人が亡くなるたびに「ひとつの時代が終わった」というコメントが -

7月20日(水)大橋巨泉さんの死について、NHK「NW9」の河野キャスターは「まさに一つの時代が終わった気がします」とコメントしました。このコメントは、有名人が亡くなるたびに何度でも繰り返されてきた「...[READ]

COMMENTS ・・・>

July 17, 2016

COLUMNS

民意を認めない鳥越 -

東京都知事選挙は日本の民主主義が存続できるかどうかを分けるものです。候補の一人、鳥越俊太郎氏は、「改憲を阻止する」と唱えています。これはきわめて危険な思想です。ついこの間の参院選で、日本国民の大多数が...[READ]

COMMENTS ・・・>

July 09, 2016

COLUMNS

国際危機に全く言及しない野党 -

選挙のたびに「日本人はつくづく危機感が薄い」と感じます。中国の大艦隊が南シナ海で、最大規模の演習を行い、日本の領空および領海を侵す中国の艦船や戦闘機の接近が伝えられているというのに、野党はそれについて...[READ]

COMMENTS ・・・>

June 28, 2016

COLUMNS

「大陸は孤立する」というメンタリティ -

前回の記事を補充する解説です。EUから「離脱する」と投票した人々の胸の内には、イギリスに住んだ経験のない人にはどうにも理解しがたい感情がくすぶっていました。それを最もよく示した例が20世紀の初頭にあり...[READ]

COMMENTS ・・・>

June 24, 2016

COLUMNS

離脱派の心中にある反欧感情 -

EUを離脱するか、それとも残留すべきかを問う英国の国民投票が行われました。結果はご存知のとおり離脱派の勝利となりました。この問題を扱う日本のテレビの斬り口について「まことに不満だ。どの局も同じようなこ...[READ]

COMMENTS ・・・>