View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 26, 2005

「母」という字の日仏比較 -学生へのメール

昔 三好達治というえらい詩人がいました。「太郎を眠らせ太郎の屋根に雪降り積む 次郎を眠らせ次郎の屋根に雪降り積む」などという詩は聞いたことがあるでしょう。この人が「母」について面白いことを言っています。「僕らの国では海の中に母がある しかし遠いフランスでは母の中に海がある」(原文が見つからないため記憶に頼っています。原文はもっと美しいはず)。これは「母」という字を分析した一種の遊びです。たしかに「海」という字をよく見るとその中に「母」が入っています。一方フランス語では、母は mere で、海は mer です。つまり「母」の中に「海」があるわけ。[本当は母の最初の e の上に右肩下がりの チョン (アクサングラーヴ)がついているのですがーー]。「こんなことを知ってどうなる?」といわれればそれまでです。でもちょっとおしゃれですよね。文化というのは、一見なんの役にも立たぬことを愛でる心が生み出すものでもあります。 

[Post a comment]

COMMENTS