View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 24, 2005

国際教養論 ーホメロスからIMFまでー -大学

大学で担当してきた科目
(What he has been teaching at universities)

(Basics for International Cultures --- From Homer to IMF--)
(Knowledge about foreign cultures is vital to the future of yourself and your company)
世界と共存し、摩擦なくビジネスを展開してゆくための「基礎知識」「世界との付き合い方」を体系的に示す講座。
「これからの社会では国際的教養なしでは生きていけない」とよくいわれるが、それをどうやって身につければよいのか、範囲が広すぎてわからないというのが、若者の本音だろう。それらをきちんと体系づけ、目に見えるように示す。
まず社会に出て職場の同僚や上司とのコミュニケーションに困らないだけの、「国際教養の基礎」を身につけることを第一の狙いとする。
さらに進んで、外国の人々とのコミュニケーションができるため国際教養を身につける。英語の決まり文句をただ暗記しただけでは会話はできない。他国の人々の考え方や文化に対する理解と想像力がどうしても必要である。たとえばイスラム教への理解がないために、何十億円という損失をこうむった日本企業が何社かある。これらは優秀な社員が一人いれば防げた損失である。
洗練された国際教養を備えた社員が多い会社は文句なしに栄える。習うべきことが多すぎると尻込みしないで、まずは知的探検の旅に出てみよう。

[Post a comment]

COMMENTS