View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 26, 2005

『最新・英国の解剖』(アンソニー・サンプソン著、同文書院) -翻訳

saisin.jpg

イギリスの今の姿を、かつてこれほど生き生きと描いた本はないという定評を得た『英国の解剖』は、サンプソンの国際的評価を決定づけた出世作。以後彼はこれを時代に合うように四度書き直した。この翻訳はそのうちの最新作である。サンプソンは『セブン・シスターズ』で国際石油資本の興亡を描き、『銀行と世界危機(原題『マネーレンダーズ』)ではきわめて人間的な銀行家のプロフィールをとおして、金融業界の本質を描いた。『大空の帝国』(邦題『エアライン』)では航空業界の本質を抉り、『ミダスが触れたもの(邦題『ザ・マネー』)では世界的なバブル経済の危機をみごとに予言した。そうした活動の原点が祖国『英国の解剖』である。

[Post a comment]

COMMENTS