View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 09, 2005

小泉首相の大矛盾 -学生へのメール

小泉首相は衆議院の解散を断行しました。これを産経新聞などは「改革への情熱が生んだ必然的な解散」と見て支持しています。日経もおおむね支持。読売は厳しく批判し朝日はもって回った言い方ながら批判的です。「八つ当たり解散」「わがまま解散」「自爆解散」といった言葉と「郵政解散」のどちらが浸透するかで勝負は決まるでしょう。小泉さんの頭が少しおかしいと思うのは、今まで大衆の「情緒的な支持」に頼ってきた人が、今回は急にそれを「理性的支持」だったと訴えていることです。一般大衆が小泉政権発足後の選挙で、郵政改革を一様に支持してきたと思うのは、あまりにも身勝手です。「大衆は私の郵政改革路線を支持したから自民党は勝てた。だから議員は郵政法案に賛成するのが当たり前だ」というのは、大いなる矛盾です。大衆の小泉支持はそんな理屈にかなったものではありません。もっと漠然とした「小泉が好き」といったムードでしょう。仲間である自民党員と誠心誠意この法案の大切さを話し合うこともせず、「法案に賛成しなければ公認しない」とか「否決されれば解散だ」などと、人を脅迫するような「独裁者的やり方が反発を買ったのです。いわば彼の「不徳」ゆえの否決でした。参院で否決されたから衆院を解散するというのもおかしな話です。反対した参院議員も衆院議員も共に選挙区の空気を肌で感じ、政治的信念をもって票を投じたはず。「私はぜったいに正しく諸君は間違っている」と思うのは、思い上がりというものです。 廣淵升彦

Koizumi's Great Dilemma: Prime Minister Junichiro Koizumi dissolved lower house based on a great miscalculation. He insists that his party has won two elections because the public supported his promise of reforming Japanese postal system. Did the public, however, really support him because of the promise ? I don't think so Instead, their support was much moe emotional rather than logical or rational one. The public simply liked his political behavior. His performance looked fresh and cool to the public. People were not much concerned with the contents of his promises. A politician who has been dependent on public emotional support is now claiming that the public supported his political promises. Isn't it a great dilemma.? Mr. Koizumi, you should not overestimate the public support. The public is sometimes more capricious than you would imagine. Also, you should bear in mind that your "dictatorial " maneuver was the very reason why so many your fellow politicians of the Liberal Democratic Party opposed your idea.
Masuhiko Hirobuchi, Journalist

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 中村直弘 : August 10, 2005 08:55 PM

小泉氏の「したたかさ」は、目を見張るばかり。解散の後の新聞の世論調査で支持率は上昇しておりますが、これを単にエモーショナルと片付けるのは、インテレクチュアルリーダーたちの思い上がりではないか、ともかく、造反組の「守旧性」が浮き彫りになり、民主党の主体性の無さはとても対立政党とは思えない。今度ばかりは「結局、小泉しかいない」と思わせる。これは、8月10日現在における印象です。


[from Hirobuchi]

さっそくコメントをいただきありがとうございます。小泉解散については残念ながら見解がだいぶ違うようです。私の見方は、彼は総裁として自民党一つをまとめ切れなかったのです。そして自分に反対した者への報復として、たとえば東京10区に小池百合子を持ってくる。彼は自民党の中ではまさに「変人」です。それでも旧自民党はそうした「変人」を抹殺することもなく育ててくれたのです。それだけのアロワンスというかアバウトさが自民党にはあった。古いかも知れないが、異端の存在を許すという意味では、この政党はすぐれた「文化」でもあったと思います。その恩義を忘れて、敵対する者は皆殺しにするというのは、まさにヒトラーなみの狂気といえるのではないですか? 今日の朝日の夕刊に「小泉には保守の知恵というものがなかった」と早野透記者が前野徹氏のコメントを引用して書いています。ご参考までに。

2 : 中村直弘 : August 12, 2005 11:45 AM

これまでの首班たちとは異なり、就任以来(就任直後の驚異的数字は別として)高い支持率が依然続いているという事態を馬鹿にするべきではないでしょう。「大衆」は新聞にあおられてばかりいるだけではないのでは。小生も含めて彼らの直感には恐るべきものがあると思っております。彼に「何か」を期待し、彼以外に期待できる存在が無いのはなぜか。誰が悪いのか。民主党の出番となってもいいのに、あのていたらく。「改革」と叫んでいるのが小泉と自民執行部であるとは隔世の感しきりです。