View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 28, 2005

気になる「電話の切り方」マナー -学生へのメール

ここのところ非常に気になるのは、日本人の電話の切り方がきわめて早くなってきていることです。かつての子供やビジネスマンは「電話を掛けてきた先方が受話器を置くまではこちらが先に切ってはいけない」と厳しくしつけられていたものです。電話をしてきた相手は、こちらの貴重な時間を奪っているのではないかと気にして掛けているのです。その気持を考えれば、用が終ったとたんに、さも「待ってました」とばかりガチャンと受話器を置くというのは、あまりにも無神経であり、場合によっては非礼にあたります。とくに相手が大事な取引先であったり、年長者で影響力のある人である場合、このガチャンは貴方にとっての致命的な評価に繋がりかねません。こういう当たり前の常識というか気配りが失われてきているのが今の日本です。電話はあまりにも普及しすぎ、今やだれでも「自分は電話くらい掛けられる」と思っています。しかし案外こんな初歩的なところで、マナーを知らなかったりルール違反をしている人が多いのです。外国人相手の電話でもこの原則は同じです。一秒の何分の一か待ってから、おもむろに受話器を置くだけのことを、生涯実行し続ければ、貴方にははかり知れぬプラスの評価が返ってくるはずです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : tiakujyo : August 28, 2005 10:51 AM

はい、切り方は、これがマナーと思います。
でも今は、電話については問題がいっぱいですよね。
受話器をとっても、こちらの名を名のってはいけないそうです。
悪徳セールス系(?)が、所有者を確認してる場合もあるとか。
非通知表示のものは、とりません。非通知にしてある発信者は何者
と疑いつつ、、。そのうえ、常時留守電設定で、相手を確認しながら、受話器をとってる次第です。
そういえば今でも、「長電話」は女性の代名詞なのでしょうか?
携帯が普及してからは、「長電話」って死語かと思ってるのですが、、。

2 : 湖の騎士 : August 29, 2005 08:19 PM

知的悪女さま

 電話の切り方についてご賛同いただきありがとうございます。それから電話がかかってきてもこちらの名前を名乗ってはいけないというご指摘は非常に貴重です。私が住んでいたイギリスでは、受信した人は常に「はい、 123の4567番です」というように答えていました。はじめは「相手はそんなことは分かって掛けているのに、なんと間抜けな答えをしてるんだろう」と思っていましたが、じつはこれには深いわけがあったのですね。もう30年も前のことです。それから「長電話」という言葉はけっして死語にはなっていませんよ。電話というのはもともとそういうものだということを、アメリカのえらい学者がだいぶ前に書いていました。時々貴ブログにお邪魔しています。素敵なダイアリーですね。今度書き込みをさせていただきます。

3 : fujimino : September 3, 2005 11:06 PM

ご無沙汰しております。
自分のブログやHPなど色々と忙しさにかまけてご無沙汰しておりました。
確かに電話のかけ方そして切り方など、びっくりする事が多くなりました。
それでもお客様や、協力会社など受付を通った場合はまだ良いのですが、夜遅く、誰もいなく、現場の方などが、電話に出る場合があります。すると礼儀も何も無いような応対がままあります。
特に小さな会社など多いのですが、「○○株式会社の○○ともうしますが、社長さんいらっしやいますか?」
「いないよ。ガチャン」
かと思えば、「○○株式会社の○○ともうしますが、課長さんいらっしやいますか?」
「課長の○○さんはいらっしやいません。」
「そうですか、それでは、お帰りになりましたら○○から電話があったことをお伝えください」
「わかりました。○○ですね」
なんて・・・。
敬語の付ける相手が全く逆だったり・・。
そんな話を後日話したりすると、「注意するとふくれるし、やめられても・・・。」なんて言葉が返ってきたりします。
みなさん困っているようですね。
言葉遣いや礼儀って徐々に薄れていってしまっているようですね。

4 : 湖の騎士 : September 4, 2005 10:54 AM

そうですね。電話は切り方以前に「自社の人間に敬語を使い。お客様のことはぞんざいにいう人がふえてきました。注意すると辞めるので注意できないというのは情けないですね。「ちゃんとした言葉を使おう。その方が君がどこの社に移ろうが大きな財産にんるのだよ」というふうに愛情を込めて話しても駄目ですかねえ? 小学生のころからの知的訓練の不足が目立つ日本です。しかし希望を捨てるわけにはいきません。別の面では他国にはないすごくいいところもいっぱいある国なのですからーー。おたがい辛抱づよくいきましょう。

5 : KKK : September 26, 2005 10:29 AM

 電話がかかってきて終わったとき、たいていは相手が受話器を置くのを待っていますが、時々置かないでそのまま次の番号を打ってしまう人がいます。ですから私は5秒たっても切らなかったら受話器を置くことにしています。

6 : ラ・マンチャの男 : September 26, 2005 02:04 PM

KKK様 非常にマナーのよい受信態度だと思います。こういう「よさ」が積み重なると一生のうちにはきわめて大きなプラスになることでしょう。今後とも気配りを続けてください。