View of the World - Masuhiko Hirobuchi

October 19, 2005

ヨーグルトのイメージで! -学生へのメール

ブログを始めてから気付いたのは、日本の現状を憂えている人がけっこういることです。真面目で優秀な人が多く、あまりにも身近に問題が山積しているためにどこから手をつけてよいのか分からず、また日本ははたしてこのままで存続していけるのかを真剣に心配しています。そういう方々にお奨めしたいのが、「ヨーグルトのイメージでいこう!」という考えです。ヨーグルト菌は牛乳の中に入れておくと、繁殖して牛乳をヨーグルトに変える力を持っています。あんなに大量の牛乳を、こんなに少ないヨーグルトではたして変化させることができるのか、と疑問に思いますが、それが可能なのです。あなたのすぐれたお考えをヨーグルトだと思うことです。はじめは実に力なく見え、目の届くかぎり物を考えていない大量の人々がいるように見えます。この人々(牛乳)をはたしてヨーグルトに変えうるのか? ちょっと絶望的に見えます。しかしここはポジティブに考えてみたいもの。「大量の牛乳だってヨーグルトに変わるのだ。自分の意見も無駄ではない!」と自信を持ってください。もっとも人に影響を与えうるためには、あなたの言い分を整理し、はっきりさせ、できればできるだけ短くする必要があります。そうすれば、好影響の輪はどんどん広がってゆくでしょう。全国のよきヨーグルト菌の皆さん、希望を持ってご意見を発信なさってください。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : mix : October 20, 2005 09:23 AM

「ヨーグルトのイメージでいこう!」
このようにいわれると、とても分かりやすくていいですね。ちょっとは難しい話も私にもできるかなって気がしてきます。

でも、今回もmixらしくくだけた料理の話。我家の冷蔵庫にもカスピ海ヨーグルトがいつも待機しています。生協から牛乳が届く木曜に新しいのを作るようにしています。
以前は他の容器に作っていましたが、最近は手抜きをして牛乳パックに作るのです。まず、100ccほど取り分けます。たいていはそのときに飲んでしまいますが。そこに、先週作ったカスピ海ヨーグルトを50ccほどそーっと入れます。そして、次が肝腎。柄の長~い木のスプーンで、やさしく、ゆっくり混ぜ合わせます。好影響のあるヨーグルト菌をどんどん広げていくようにね!
で、あとは半日待って冷蔵庫にいれるだけ。
mixにもできるヨーグルトのお話でした。

2 : 湖の騎士 : October 20, 2005 03:40 PM

mix様 この比喩を「分かりやすい」といってくださり、嬉しいです。まあ、いきなり天下国家を論じて嘆いているよりは、こういうイメージの方がいいかなと思ったものですからーー。ご自分のブログ発信と結び付けて肯定的にお受け取りいただけたら幸いです。そこでまたさっと料理の話に移られるところが具体的ですね。カスピ海ヨーグルトというといちだんと美味しそうです。あの海は見たことがありませんが、ヨーグルト君たちはお宅の冷蔵庫の中でせっせと働いているのですね。その様子が目に浮かぶようです。楽しいお話をありがとうございました。

3 : エセ男爵 : October 20, 2005 11:23 PM

ヨーグルト!
数千年の歴史を持つヨーグルト製法からの「引用」、お話の展開はすばらしい!このあたりの起承転結、よく理解できます。
廣淵先生に、またまた脱帽です。
ありがとうございます。
ところで、
我輩も「ヨーグルトの一種」に加えて頂きたい。
ひょっとして、あくの強いヨーグルトかも?
それならまだしも・・・
いや、未だヨーグルトの範疇に無い、未成熟の可能性もあり!
改良の必要あらば、即刻逐次、処方箋等ご指摘いただければ、さらなる光栄です。
宜しくお願い申し上げます。

4 : ラ・マンチャの男 : October 20, 2005 11:55 PM

エセ男爵様 力強い援軍を得て勇気が湧いてきました。この比喩に共感していただいたことに心からお礼を申し上げます。あくは少々強くても強力な情報を発信なさってください。お書きになった文章を拝読していると、よい影響力を発揮なさるヨーグルトのイメージです。とにかく嘆きは嘆き希望は希望でやっていきましょう。今後ともよろしくお願いいたします。

5 : エセ男爵 : October 21, 2005 06:15 PM

らまんちゃ先生 ありがとうございます。

こちらこそ、心の底からフツフツと勇気が湧いてきました。
若者の不満、中高年の不満。これらの対象は?我国の政治外交をはじめ、経済格差や社会現象に対する不満か。
しのごの云っても我国、これからどんどん人間の数が少なくなる。この調子で年月が推移すると、日本の人口が減少する(らしい・・)。高齢化社会になる(らしい・・)。
どうするのか?どう対処するのか?
さしたる問題は無いでしょうが・・・
モンダイないモンダイない・・・

なぜか?
その答えは、簡単ですよ!

*少数精鋭でいきましょう。

日本よりもっともっと国土の狭い人口の少ない(少数の)ヨーロッパの国々(例:スイス?ベルギー?ルクセンブルグ?オランダ?デンマーク?リヒテンシュタイン?モナコ?ノルウエ~・・・)等など、(結構、数えれば多いです)国民一人当たりの生産性(すなわち個人所得か?)は、(統計によると)日本のソレよりはるかに上回っているのですな。
要するに、我国よりもっと小さな政府と小さな国土と少数の人口で、一人当たりの所得が「より多い」国々が(少なくとも4~5ヶ国?)ある事、チョイト経済学と国際統計を認識していらっしゃる御仁は、すでにご承知だと思います。今の日本、こういう国々の仲間入りをしようとしているだけではないのか?ならば、人口減少も怖くなく、当然の帰結になろうとしているだけであるからして、問題ないのではないだろうか。

考えてみれば、本当に今、勉強し学問しなければならないのは、我々中高年ではないでしょうか?(もちろん我輩も含め!)
ワッセ~ワッセ~、がんばれ頑張れ・・・
でもって、
あっという間にこの歳になってしまった?!?
働き尽くめで、しかも、組織の中の歯車として、、、。
世の中、解かっていなかった。本当の民主主義がわかっていなかった。だから、定年(近くも含め)になると、何がなんだかわからなくなるから、やたら『ボヤ』く・・・
さあ、ぼやいても始まらないけど、どうすればいいか?

(・・・続く・・・)=トラックバックします。

6 : ラ・マンチャの男 : October 21, 2005 09:23 PM

エセ男爵様 今の日本はまともな神経の持ち主には耐え難いほどあぶない事に満ちています。しかし悲観的に見ればきりがありません。みずから意識して楽観主義を導入しないと生きていけません。このヨーグルトのイメージがいくらかはお役に立ったようで、本当に嬉しく思っています。男爵さんもますます元気を出して、その元気を周囲に拡散なさってください。

7 : KKK : October 24, 2005 02:56 AM

ヨーグルト菌が牛乳に入っていくのは、とにかく1人にでもいいから何かしら言ったほうがよいというように聞こえます。確かに何もしないよりはしたほうがよいのです。その前に、しないことには何も始まりませんから。自分なんかは考えるに考え抜いてから実行に移すところがあるかもしれません。それが間違いというわけではないと思いますが、いろんなことをたくさんする、そして時には失敗もするかもしれない、でもそこから学べることはなにかしらあると思います。私の親戚の人がこのようなことを教えてくれました。「失敗した」ということは「成功しない方法を知った」ということだ。だから失敗することは決して悪いことではないんだ。現在では、考えてから行動に移すタイプよりも走りながら考えるタイプの方が、世の中では成功するような気がします。自分なんかはこれからどんどんいろんなことをして多くのことを学ぶ必要があるのかもしれません。

8 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 12:53 PM

KKK様 コメントをありがとうございます。このコラムを書いた本人の意図したものとKKKさんの受け取り方は少し違っていると思いますが、「多少の取り違えもまた楽しい」ものです。とにかく人は他人によい影響を与えうるものです。失敗しても少々うまくいかなくても、陽性に情報を発信していってください。そうすれば貴方を取り巻く環境は徐々に改善されていくと思います。

9 : ゴエモン : October 24, 2005 11:21 PM

 いきなり大きなものから変えようとするのではなく、先ずは身近な小さなところから少しずつ変えて行く事の大事さを教えてもらったように思います。何かを変えようとする意志を持ち、はじめの一歩を踏み出す勇気をもてれば、その変化はとても小さいものでも、確実に何かが変わっているものです。すぐに大きな変化を期待するのではなく、時には気長にヨーグルト菌が繁殖するのを待つことも重要ですよね?
 私も良いヨーグルト菌の一つになれるようにがんばりたいです!!

10 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:44 AM

ゴエモン様 この記事がよい刺激となり自信にさえ繋がったようでたいへん喜んでいます。貴方のような方が一人ふえるごとに日本はよくなり、やがて世界もよくなってゆくと思ってやっていきましょう。私は著作と教育と電波(および最近はブログ)を通じて「ヨーグルトの先輩」(?)としての役割を果たしてゆきます。