View of the World - Masuhiko Hirobuchi

October 23, 2005

世界で最もすぐれた放送局 -心のメール

世界でいちばんすぐれた放送局はどこか? なんて聞かれても困ると思います。美人だって人によって好みが違うのに、もっとややこしい放送局のランク付けなどできるわけがないとお思いでしょう。。しかしここはまあ、「大方の相場」「この辺が常識」というものがあるのです。今日から何回かに分けてそれを書いていくつもりです。まずよい放送局の条件」とはどんなものでしょうか? そこから考えてみたい。私の基準では(順不同) 1.政治権力(自国の政府だけでなく政党・宗教団体・労働組合・外国の政府等を含む)の影響を受けない 2.大衆におもねらない(たとえ「これが大衆の求めている内容だ」と思っても、時には大衆の好みにさからってでも「良識」を通す勇気と知性があること) 3.使命感があること(ただしおごってはいけない。「公共の最善の利益」(the best interst of the public)に奉仕するという使命感) などです。さてこの基準で選んだ場合、「世界で最も信頼され、現に存在する放送局(放送網)の中ではベスト」とされているのは、どこの国のなんという放送局でしょうか? 「早く結論を言え」と短気にならず、じっくりと考えてください。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : HOHO : October 24, 2005 02:32 PM

こんにちわ。世界で最もすぐれた放送局とは?突然、聞かれても私には、はっきりと自信を持って言える答えが出てきません。私がパッと連想した放送局はアメリカのCBSです。すぐれた放送局の条件として先生が挙げてくれたものを基準にして色々と見比べてみようと思います。世界で最もすぐれた放送局がどこなのかその答えが聞ける事を楽しみにしています。

2 : 恭華留斐 : October 24, 2005 03:06 PM

よい放送局の基準ということで、2に「大衆におもねらない」ということですが、大衆が求めている内容を、その内容にしたのは放送局であるとも言えるのではないかと思います。大衆がもともとその考えを持っていたというよりは、さまざまな放送局がその局の考え方や社風に影響を受けて放送したものを、多くの大衆が真に受けてしまい、それが大衆が求めるものの源になっているような気がします。これをよりよく利用すれば、いい方向に大衆を導くことができるのだろうし、悪い方に作用すると、国家崩壊の危機にも結びついてしまうのだろうと思います。

3 : callaway : October 24, 2005 04:37 PM

世界でいちばんすぐれた放送局はどこか?といきなり聞かれてもなにを基準に考えればよいのかと思いました。でも次の文章(美人だって人によって好みが違うのに、)を読んだとたんに、笑ってしまいました。確かにそうです、どんな美人だって見る人によっては、美人だと思わない人もいますよね(笑)
 先生はとてもユニークでユーモアセンスが抜群だと思います。私も見習いたいぐらいです。ん~どこが世界で一番すぐれた放送局なんでしょうか?難題ですね。今は体調をこじらせていてとても苦しいです。安静をとりながらゆっくりと考えてみることにします。

4 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 04:38 PM

HOHO様 世界で最もすぐれた放送局は? などといきなり聞かれても戸惑うのが当たり前です。答えが分からなくても気にしないでください。アメリカのCBSは、一時期世界でもおそらくベストスリーには入る放送網でした。私の「マスコミュニケーション論」ではCBSのことを熱を込めて語りましたからーー。しかし去年の大統領選挙でキャスターのダン・ラザーはブッシュ憎しのあまり「捏造した証拠」を放送してしまい、ためにキャスター降板という不名誉なことになりました。正解については今週前半には発表します。楽しみにしていてください。

5 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 04:49 PM

恭華留斐様 このコメントは鋭いですね。非常にいいところを突いています。「大衆の好みが先にあって放送局はそれに合わせて番組作りをするのか。それとも放送局が一方的に送りつけてくる番組に大衆が慣らされていくのか?」。判断が難しいところです。現状はこの両者のミックスでしょう。しかし実際に番組を作ってきた経験からいえば、放送局が作るよい番組を理解し楽しむ大衆が存在するためには「教育」がしっかりしていなければならず、「国民文化」が育っていなければなりません。「一国民は自分たちにふさわしい政府しか持てない」という名言があります。これを応用すれば「一国民は自分たちにふさわしいメディアしか持てない」ということになります。これは軽々に論じられるものではありませんので、じっくりと時間をかけて話し合いたいと思います。

6 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 04:57 PM

Callaway様 初めは固くてむずかしいコラムと思ったものが「美人」のたとえを持ってきたところから笑ってくれ、しかも「ユーモアのセンスが抜群」と褒めてくださってありがとうございます。たしかにこれは人を惑わす質問で、こんなものを載せる罪(?)は重々承知しています。しかし何事もいきなり正解を出してしまったのでは知識は身につきません。これは苦し紛れの手なのです。さて、これだけの基準にかなう放送局とはどこでしょうか?
答えは今週前半にはお知らせします。お楽しみに!

7 : resque : October 24, 2005 07:43 PM

こんばんは、先生。
この問いかけは、大衆にしたら沢山の答えが跳ね返ってくることでしょう。美人の話そのものです。しかし先生は大衆よりもはるかに報道についてお詳しいので、このような問いかけを人にすることが出来るのでしょう。正義感、使命感、勇気、知性などというものは、それこそ人間にこそ必要な備えですね。
これ以上のコメントは控えます。答えを楽しみにしています。と言っても、ただ待つだけの身にあらず、自分なりの答えを持ち先生の話を聞きたいと思います。

8 : ゴエモン : October 24, 2005 09:26 PM

 放送局に求められている一番重要なことは、実際にあった出来事を正確に、速く、自分たちの主観を入れないでありのままの情報を伝えることだと思います。私の場合は日本の放送局しか良くわかりませんが(日本の放送局でも実はわかったつもりになっているだけかもしれませんが・・・)全ての放送局に共通して、事件や事故に対して自分たち(ニュースキャスターや放送局)の主観が入り込んでいるように感じます。放送というものはその国の国民に対して絶大な影響を与えてしまうものです。テレビのニュースで聞いたなにげない一言から大きな波紋を起こすことが度々あるだけに、中立な立場でものを言える人達が求められるのかも知れませんね。
 自分の国の放送局に対してあまり悪くは言いたくありませんが、日本の放送局がベストだということだけはありえないように思っています。

9 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 10:05 PM

Rescue様 こういうクイズめいたことは言いたくないのですが、せめて1日か2日は考えてもらわないと、知識も見識も身につかないと思い、この形にしたのです。さて、こういう質問を出されて世界中の放送局を相手にするというわけにはいきません。まず「民主主義の国」、次に「報道の自由・言論の自由」のある国、ある程度の人口規模がある国、先進国、世界に精神的・文化的・技術的影響力を及ぼしてきた国ーーというように絞って考えてみて下さい。あてずっぽうでは正解は出てきません。

10 : ラ・マンチャの男 : October 24, 2005 10:13 PM

ゴエモン様 鋭いですね。とくに「日本の放送局でないことだけはたしかだ」というあたり、私も残念ですが同意せざるを得ません。「世界で最良の」という言い方を、すごい皮肉屋さんがかつて「世界で最悪である度合いが一番少ない」テレビ局というふうに言いました。もちろん日本のことではありません。このコラムで頭に刺激を得てこの2、3日の間に世の中を見る眼がいちだんと成熟することを願っています。どこの放送局かを類推する方法は、Rescueさんあてのコメントを参考にしてください。こうして皆で正解に迫ってゆく作業は楽しいですね。

11 : 峰不二子 : October 24, 2005 10:55 PM

良い放送局の基準に「使命感があること」とありましたが。果して日本の放送局にそういった使命感はあるのだろうか?私は無いと思う。テレビをつけると。何かにつけ、「アメリカが悪いんだと」言っているキャスターやニュースに関わったこともない人がニュースを伝え、意見を述べている。肝心の国営放送ですら、反米思想を公然と繰り返している始末。きちんと報道している報送局もある。しかし、「使命感」をもってやっているとは私には思えない。
もう自国のことを知るにも、海外の放送局を頼るしかないのだろうか。

12 : リッキー : October 24, 2005 11:19 PM

 先生こんばんは。世界でいちばんすぐれた放送局ということですが、気軽に話すネタにしては、ん~・・・・??っと考え込んでしまう問題ですね。例えば、常識にしてもその人間の育った環境によって大きく違いますよね。人それぞれ違うとは思いますが、それでも社会主義、民主主義の国々で大きく違うと思います。私が思うには、やはり民主主義の国の放送局がすぐれているのではないかと思います。

13 : resque : October 24, 2005 11:50 PM

度々失礼いたします。お返事ありがとうございます。
私なりの回答は出ていますが、そこを具体的に知っているわけではないので自信は皆無に等しいです。しかし先生のコメントを拝見したところ、「どうやら、あながち外れてはいないかもしれないぞ」と言う気持ちになりました。この思い上がりを砕かれる日は近いですね。

14 : チャモ : October 25, 2005 01:51 AM

優れた放送局とは何かと考えた時、何が一番優れていれば最も優れているのかを考えました。1,2,3、の項目を基準として考えた場合日本の放送局ではありえないとすぐに思いました。やはり自国で起こっている不祥事などを見れば自然とこう思えますね。しかし先生の問いに関してはどこが最も優れているのかと言われると、やはり最後にはアメリカの放送局しかないという考えになります。

15 : KKK : October 25, 2005 05:29 AM

私の中でよい放送局の条件を考えた場合、1番最初に挙げたいのが、「客観的な事実を伝える」ということになるのかもしれません。それを基準に世界で最も優れた放送局を考えてみたのですが…世界には放送局はたくさんあって難しいです。ただ優れているとなるとある程度は限られてくるのかもしれません。世界的に有名なところとか。ただ日本でないことは確かだと思います。ニュースの内容によってはヤラセなものもある、キャスターによっては反米よりの解説をする、自分たちが払っていた料金が社員の酒飲みに使われていた(これはあまり関係ありません)など。日本のメディアは利益を得たいためにわざと内容を大げさにしているところがあると思います。そのようなことから考えると優れた放送局は欧米のメディアの中に存在するのではないでしょうか。

16 : 悠々 : October 25, 2005 09:03 AM

私が好きな放送局というのなら、躊躇いなくBBCだといえるのですが、優れた、ということになると難しいですね。
我が国の公共放送局でないことは確実ですし、勿論民放局でもないでしょうし、、、
BBCも、受信料を取っているし、それは法によって支払いを義務づけられているようです。
英国民は、BBCに誇りを持っていて、受信料を支払うことに
抵抗感は無いと聞きました。
私は日本の公共放送局に受信料は支払っていません。
受信契約をしていませんから、支払い義務は発生していないのです。
以前、その局の外務員が来て、高圧的な態度で、受信可能なのだから払え!と脅し紛いの態度で来たのを覚えています。
私はその局のBSでBBCやF2の放送を楽しんでいます。
放送法の規定はひとまず置いておいて、電波法の規定では、電波の受信は国民の権利として保障されています。
公共放送以外にも有料放送があります。プロテクトされているから、 私は受信契約してプロテクトを解除し貰っています。
公共放送局も、法的手段をとる、なんて強面な発言をせずに、自発的に払いたくなるような内容の番組作りをして欲しいです。
それが優れた放送局になる道だと思います。
NHKが最も優れた放送局だ、と言える日を渇望しています。

17 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 09:14 AM

峰不二子様
日本の放送局に使命感が感じられないというのは、明らかに放送局側の責任です。私は逆に「使命感のありすぎる放送人(主に新聞社出身)」が放送の質を歪めてきたーーと思ってきました。「大衆」よりも自分のほうがすぐれていると思い上がり、大衆をよき方向に導くのが自分の使命だと錯覚している人々です。これはニュース畑の話ですがーー。一方バラエティ番組となると、ちょっと使命感とは縁遠いですね。悪ふざけが過ぎ品がなさ過ぎるます。ワイドショーは? ご自分で考えてみてください。ではドラマはどうでしょうか? これは使命感過剰でもなければ希薄すぎということもないと思います。適度な良識というものがあって、またそれがないと視聴者の支持はえられないと思います。こういうふうに「分野(ジャンル)」ごとに細かく分析することも必要です。しかし「全体の印象として」日本の放送局が世界の最高の水準に達していないことは認めざるをえません。

18 : ゆっきー : October 25, 2005 09:49 AM

世界で一番優れた放送局??とても難しい質問です。。。
しかし、先生があげた3つの「よい放送局の条件」の基準をみると、やはりアメリカの放送局であるということが窺えます。
まず、中国や北朝鮮の放送局など問題外であると想いますし、日本の放送局もかなり偏った部分があると思います。先生の今までのお言葉を察してみてもアメリカの放送局であると考えるのが妥当だと思いますが・・・果たして正解はどこの放送局なのでしょうか。引き続き、楽しみに見守りたいと思います。

19 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:10 AM

リッキー様 考えこませてしまってすみません。しかしこのように「手がかりのない問題を解く方法・有効なアプローチ」といったものはあります。「ゼロから発想していく方法」です。Rescueさん宛ての私のコメントをよく読んでください。そうすると「うーん、こういうことかな?!」と思い当たるふしが出てきます。出てこなくとも「、3日考えこんだだけでも自分にとっては大いなる得になった」と考えてみてください。

20 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:17 AM

チャモ様 だいぶ苦しませたようで申し訳ありません。しかし他の投稿者のコメントも見てください。「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、これだけの頭脳が揃えばだんだん正解に近づいてゆきます。とくに Rescue さん宛てのコメントの中にこの問題を解く「手がかり」があり、リッキーさん宛てのコメントでは「ゼロから発想していく方法」という言葉を使いました。世界の放送局といっても、我々の知っている名前はごく「わずか」です。その「わずか」の中に正解があります。

21 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:22 AM

KKK様 推理は鋭いです。日本の放送局の偏向ぶりを感じているというのは「健全な批判精神」の表れです。そして最後に「欧米の放送局」と推論していますが、正解はその中にあります。

22 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:29 AM

ゆっきー様 難しい問題かも知れませんが「謎解き」(?)の楽しみも少しはあるのではないですか? そうであることを期待しています。多くのコメントをいただきました。皆さん鋭い推理をしています。貴方も日本の放送局への批判精神を十分に持ち、近隣の国々での放送の実態をよくわきまえておられます。これだけの数の「文殊」さんが集まれば、だんだん犯人(?)を追い詰めるように、正解への包囲網を狭まっています。あと一息!

23 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 10:37 AM

悠々様 今回は学生にかぎらず広く社会人の皆様にも参加していただきたいテーマです。他国のメディアの長所を知っておけば、他国のスポーツ選手のすぐれたパフォーマンスを見るように、大いに参考になります。これがかならず自国のメディアへの健全な批判精神を養うことに繋がると思い、このようなコラムにしました。悠々様は広く世界を旅しておられ、いろいろなメディアの長短を肌身で感じておられることと思います。非常に鋭く貴重なご意見を賜わりありがとうございました。拝読した学生たちによい刺激となると信じております。

24 : callawaywife : October 25, 2005 01:44 PM

はじめまして 知人に薦められしばらく前から拝見させていただいてました。皆さんに混じって私も投稿させていただきます。よろしく(ペコリ)

世界ですぐれた・・・といってもねエ CBSぐらいしか知らないので、困りました。日本の放送局の中でもすぐれた・・・という質問を投げかけられたとしても考えてしまいます。なかなかいち視聴者としては、・・・ほりえもんが突如現れてフジがゆれ動いた時のフジテレビの放送は、なんともあいまいな、ふにおちない放送だったとおもいます。自分の会社に対し断固としたものが無かったような気がしました。事実村上さんがTBsを・・・というときフジの放送で自分と時はホントなんて言っていいかわからなかったよね(笑)・・って言ってましたよ
あいまいが日本の文化なんですかねエ

25 : 超激大奥 : October 25, 2005 02:16 PM

ぼくわかりません。ほんとうにわかりません。正しいか間違っているかは視聴者それぞれの価値観で変わってくるものだと思います。でもぼくには全く予想がつきません。先生、ぼくにだけ少しヒントください。お願いします。

26 : ランスロット : October 25, 2005 02:50 PM

超激大奥様  分からないのはみんな分からないのです。まもなく分かります。心配しないで大きく構えていてください。なお、これらのコメントの中にヒントありです。

27 : ラ・マンチャの男 : October 25, 2005 11:50 PM

Callawaywife様 コメントをありがとうございます。初めてご投稿くださったとのことですが、今後ともよろしくお願いします。学生諸君はだんだん推理の輪を縮めて、猟犬が獲物を追い込むようにしていきました。皆さんからいただいたコメントと私のお礼の言葉の中にヒントが隠されています。ここで正解を言ってしまったのでは、明日を楽しみにしている方々に申し訳ありませんので、もう1日お待ちください。明日の夕刻に新しいコラムを載せるつもりです。