View of the World - Masuhiko Hirobuchi

December 21, 2005

「先日」と「私服」 -学生へのメール

今の学生諸君が仲間うちで使っている用語で、世間一般の常識と違っているものがいくつかあります。私よりはるかベテランで大学一筋に教えてこられた先生方から見れば、「そんな例は数え切れないよ」ということになるのでしょうが、どうにも気になることを2つにしぼってお伝えします。それは「先日」と「私服」です。ご年配の方は「この2つがなぜセットになるの?」と思われることでしょう。話は簡単です。学生諸君は「昨日」と「先日」をどうも混同しているようなのです。少なくとも「昨日」も「先日」の中に入っているらしいのです。通常は「先日というのは、少なくとも3日以上前についてでなければ使わない」はずですが、いくら指摘しても、「昨日はありがとうございました」というべきところを「先日はーー」と言ってくるのですね。さてもう1つは「私服」です。これは本来は「制服」に対する言葉。「私服警官」というふうに、張り込み捜査などをする際に制服だと警察官とわかってしまうので「私服(大体が背広)」を着ることになります。ところがいまの学生諸君は「私服=普段着」の意味に使っています。「会場へはスーツですか私服ですか?」などと聞いてきます。スーツというのはどうやら「私服」よりは格上の、あらたまったもののようなのです。これもいくら注意しても直りません。ご年配の方には参考情報として、若者には「変な日本語」を修正してもらうために書きました。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : rescue : December 22, 2005 05:44 AM

こんはんは、先生。
「先日」についても「私服」についても、正直「痛いところを突かれた」思いです。
特に私服については、何の躊躇もなく現在進行形で使っている言葉なので、お恥ずかしい限りです。改めます。
ご指摘をいただきまして、ありがとうございました。

2 : 悠々 : December 22, 2005 09:53 AM

廣淵先生、おはようございます。
大学でも高校でも教師が学生や生徒の使う言葉に迎合して、若者言葉を使ったりして、生徒たちから受け入れて貰おうと考えたり、下手に諭すと反発されるからと、見て見ぬ振りをしたりが多いご時世に、先生が正面切って誤りを正そうとする姿勢はご立派だと思います。大学生ともなれば、地方からの学生も多いと思いますが、その人たちは正しい標準語、日本語を学ぼうとするあまり、大学の先輩たちが得意げに使っている間違った仲間言葉を、学習してしまうのだと思います。私が若い頃は、NHKのアナウンサーが話している言葉を真似ていれば正しい日本語が習得できましたが、今のNHKのアナウンサーの真似をしたらとんでもない日本語を覚える羽目になりますからね。
ここはやはり廣淵先生みたいな方に頑張って頂くしか無いようです。
(付記1:NHKのアナウンサーの中には今でも正確な日本語で話す人もいます。広瀬修子さんとか数人ですが。)

(付記2:初めにコメントされていた学生さんは素直に受け入れていて良いことですが、朝の5時頃の投稿なのに「こんはんは、先生」とあるのは気になりました。生活時間がずれているのかも知れないですが、朝の5時は「おはよう」の方が適当ではないのかな?)

3 : 湖の騎士 : December 22, 2005 02:49 PM

rescue様 この誤用はかなり広い範囲に行き渡っていますが、素直に気付いてくれて書いた甲斐があったと思います。とにかく「世間が使う意味の日本語」を使うようにおたがい気を付けましょう。

4 : 湖の騎士 : December 22, 2005 02:54 PM

悠々様 学生の誤用を正すというのもそんなに大層なことではなくごく自然体でいいと思うのです。それを褒めてくださってありがとうございます。最近のNHKアナの中にはひどい日本語を使う人がたしかにいますね。広瀬修子さんは前はよくラジオで聴いておりました。立派な日本語を話す方です。ところで学生のコメントが朝の5時台なのに「こなばんわ」とはたしかに変です。そのうち気が付くと思います。ご指摘ありがとうございました。

5 : 小龍 : December 29, 2005 03:36 PM

こんにちわ。
実は私も「私服=普段着」と誤認していた一人です。
日本語には意外にも同じようなケースが沢山あるようですね。
社会に出てから気づかずにそのまま使用すると恥をかくことになりかねませんので、日頃から頭の片隅で注意したいと思います。

6 : 湖の騎士 : December 29, 2005 07:24 PM

小龍様 私服についてはまず90%以上の学生諸君が誤認しています。いつのまにか「俺たちのほうが正しい」ということになり、本当に正しい人たちは肩身の狭い思いをすることになるかも知れません。歴史認識などについては、「間違った方が大きな顔」をしている場合が多いです。貴方の場合は「自分の非を認める素直さ」が、将来大きな力となると思います。

7 : リッキー : December 29, 2005 09:35 PM

先生こんばんは、大変遅くなりましたが書き込みをさせていただきます。若者の一員の私も、「変だなぁ~」と感じる言葉がいくつかあります。例えば、買い物をして代金を支払う際「○○円からでよろしいですか?」この「から」って一体何なのでしょう?「○○円からでお預かりします」など、????っと思ってしまう言葉がいくつかあります。もちろん私もおそらく変な日本語を使っていることがあると思いますが、誰も注意をしたりしません。おそらくどの言い回しが日本語として当たっているのかがわからないからではないでしょうか?これから社会に出て行くにあたり、一刻も早く矯正しなくてはいけないと思います。

8 : 湖の騎士 : December 30, 2005 12:07 AM

リッキー様 最近日本語があまりに変なので、みんな頭がこんがらがってきました。とくに飲食店の従業員の日本語がおかしいとみんな言っていますが、よくなりませんね。「こちら湯豆腐になります」というのはおかしい。「なる」ったってどう「なる」んだとみんなイライラしてますね。ま、気を大きくもって、「陽はまた昇る」と信じて、少しずつ直していきましょう。それにしてもNHK教育テレビの5時40分ごろにやっている「にほんごであそぼ」という幼児番組のレベルの高いこと! ぜひ見てください。斉藤孝さんの監修です。