View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 04, 2006

ドラゴンズにいたサムソン -

ダービー馬メイショウサムソンが古代ユダヤの勇士の名前をつけてもらっていることを前回書きましたが実は「サムソン」というニックネームで知られたプロ野球選手が中日ドラゴンズにいました。今からもう7、8年前になりますか。髪の毛を極端に長くした韓国人で、綽名は「サムソン・リー(李)」でした。髪の毛を切ってしまえば古代のサムソンと同じように力がなくなると思っていたのでしょう。そこでだれがつけたか綽名は「サムソン・リー」でした。競馬にもプロ野球にも旧約聖書の世界が生きているのですね。それをいえば、アキレスという名の靴もあるし、ネクター(神々の飲み物)という飲料もあります。ギリシャの英雄の名をつけた洗剤もあり、古代は日常の中にいくらでも入り込んでいます。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : ゆうき : June 4, 2006 10:27 PM

はじめまして!関西在住の主婦でゆうきと申します。tiakujoさんに先生のブログを教えて頂きました。私は横須賀市の出身でして2001年の「社協だより」に先生が投稿された文章を忘れる事が出来ません。「横須賀市が文化都市になるには生活のあらゆる面で互譲の精神が生きてくれば・・・」と言う内容でした。私は関西在住が20年以上になりますが、今でも横須賀市の発展を祈念しております。
今回のブログの内容と違うコメントで申し訳ございません。
是非これからもマスコミが伝えない知的エアポケットを教えて下さい。また伺わせて頂きます。

2 : 湖の騎士 : June 4, 2006 10:54 PM

ゆうき様 コメントをありがとうございます。「社協だより」の文章を覚えていてくださったというのは感激です。あれは右折したがっている車に「こちらが優先だから」ということで道を譲らない直進車が多い都市は文化都市とはいいがたい、という趣旨で「譲れ!Yield」という精神を大切にしようというものでした。一体何人が読んで下さったかと思っていましたが、五年を経て力強いお便りをいただき本当に嬉しいです。今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

3 : tiakujo : June 4, 2006 11:31 PM

先生、私も「知的エアポケット」という言葉(といっていいのですか?)
が、すご~く気に入ってしまいました。
いただいて、私も使わせてもらってもいいのでしょうか?

4 : 悠々 : June 5, 2006 12:38 AM

私はスポーツというのはするものであって、見るものではないと思っている人間ですから、サッカーも野球もTV観戦は殆どしていません。見るのはショウであってするのがスポーツだからです。ですから韓国籍のサムソンさんのことは知りませんでした。
サムソンとかギリシャ神話に出てくる名前とか、色んな名前が商品名になっていますが、これは商品開発者の発想の貧弱さが既成の都合の良い、あるいは耳障りの良いネーミングに安易に走っているからだと思います。商標権が発願順に与えられるという法の隙間を狙って、取り敢えず登録しておこうというさもしい根性の輩が蔓延っているのも可笑しなネーミングが蔓延する一因かも知れません。
廣淵先生のお話の趣旨とはずれたコメントでご免なさい。
時差呆け解消のため、眠いのを我慢して起きているから、普段でさえ鈍い頭の回転が、更に乱れています。
ですから、ご多忙な先生がこのコメントにご返事下さる事は必要ありません。

5 : 湖の騎士 : June 5, 2006 12:19 PM

tiakujo様 「知的エアポケット」という言葉がお気に召したようで喜んでいます。どうぞご自由にお使いください。それから大阪の「ゆうき」様にもこのブログのことをお知らせいただきありがとうございます。

6 : ひばり吹雪 : June 5, 2006 09:06 PM

はいはい,物心ついた頃に(2~3歳)『男の人も髪の毛長い人おんねや』と思いました。2~3歳ですから。。。抑えか中継ぎで活躍されてましたね。今,どうしてるんでしょう。やはり,サムソンという人はあのサムソンを意識するんだなあとしみじみ。
こちらにもまたお越しください。

7 : Jules Verne : June 5, 2006 11:24 PM

競馬は全く素人ですのでダービー馬の名前すら知りませんでした。
先生の記事は博学でいつも驚きと知る事の楽しみがいっぱいです。
古代ギリシャから由来するものもは日本にも多々ありますね。
随分前に友人と板橋で飲んだ時の店名が「バッカス」という名前でした。友人に話したところ意外に知らないことに驚きました。その話をお酒の肴に飲んだことを今でもよく覚えています。

8 : 湖の騎士 : June 6, 2006 10:10 AM

ひばり吹雪様  2-3歳のころにドラゴンズのサムソン・リーを見ていたというのは本当に嬉しい驚きです。彼が幼いころから「髪の毛を切ると力が抜ける」と信じていたのか、それとも日本のファンに印象づけるために「商売」として長髪にしていたのかは分かりません。貴女の楽しい推理を聞かせてください。

9 : 湖の騎士 : June 6, 2006 10:15 AM

Jules Verne 様  この記事に知的刺激を受けてくれてありがたく思います。世の中には「バッカス」といってもぴんと来ない大学生もいっぱいいるのでしょうね。ホンダが「オデッセイ」という車を作っていても意味を考えない人も多いでしょう。とにかくこの広い世界を相手に生きてゆくのですから、せめて主な文化圏の知識だけでも頭に入れておきたいものですが、それを「さらり」というのがむずかしいです。