View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 17, 2006

社旗立てた 車に乗れば バカになり -

最近読者や視聴者の皆さんから、マスコミ内部にいる人間への批判が厳しいように思います。その中でも最大のものは、マスコミ人間の「おごり」「独善」「思い上がり」に対するものです。メディアの内部にいる者はなぜそんなに心が驕り、自分を特別な人間と思ってしまうのでしょうか? 私の答えは割合単純です。そうした驕りを生み出す最大の原因は「社旗を立てた車」です。マスコミ各社の旗を立てた車は、首相官邸へも、中央官庁へも、国会へも自由に入っていけます。守衛さんは丁寧に挙手の礼をしてくれます。どこへ行っても丁重に迎えられると、人間は「俺は大物なんだ」と錯覚しがちす。門衛が礼をしてくれるのは、何も乗っている人間がえらいからではありません。社の旗が代表する組織や大衆への影響力に対して敬意を払っているのです。しかし人間というのは、もともと愚かに出来ている上に、毎回毎回こういう応対をされると、よほど心を引き締めていないかぎり思い上がり、傲慢になってしまうものです。若い時代の私もそうなった一人でした。しかし幸いにして「社旗を立てた車に乗ると人間は馬鹿になる」と気付くのが早かった。おかげでそう傲慢にもならず謙虚な気持ちで勤務することができたと思っています。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : tiakujo : June 17, 2006 04:04 PM

だから先生は、私みたいな者にも、真剣にお話してくださるのですね。
私程度の者でも、それなりに私を慕ってくれる人がいます。そんな時、
こんな者でもいいのと敬服し、さらに慕われるようでありたいと、進む
道を思います。

2 : ひばり吹雪 : June 17, 2006 05:20 PM

マスコミだから出来る事。マスコミは何でも出来る的感じの世の中になってきがちです。私は小学校教師か新聞記者。まさしくマスコミですな。に,なろうと思ってるものなので。マスコミが首相官邸に入れるということはマスコミは特別なものと思われるかもしれませんがマスコミのおかげで新聞もあるもので。。。マスコミをもっと大事にしてあげて欲しいなあというのが私の願いですね。すいません。私,こういう難しい意見に答えるのが難しくて。やけに,筆者がとらえることを簡単に持ち込もうとして意味不明になったりと。。。勉強中ですわ。。。

3 : 悠々 : June 17, 2006 09:17 PM

湖の騎士様
「虎の威を借りた狐の末哀れ」
勤め人は組織の持つ力を己の実力と錯覚して増長し、嫌みな人間になってしまうのですが、組織を離れて初めて己の無力さに気付き意気消沈する、と言うのが一般的なパターンのようですね。湖の騎士様が早い時期に、錯覚に気付かれたのは賢明でした。私は幸か不幸か強大な力を持つ組織には属していなかったから、虎の威を借りるチャンスもなかったですが、、、

4 : 湖の騎士 : June 17, 2006 10:47 PM

tiakujo様 この着眼はけっこう「目に見える」感じがするでしょう。経験者の先輩からこう言われると、性格のいい現役なら頭をかきかき「いやあ、参りました。先輩の言うとおりです」と反省するはずです。こういうヴィジュアルな指摘が浸透してゆけば、日本のマスコミが少しでもよくなるのではないかと願っています。ちなみに有名な「ウォーターゲート事件」でスクープを連発したワシントン・ポストの二人の記者は、けっこうボロの自分の車に乗り自分で運転していました。これが本当の記者魂だと思います。

5 : 湖の騎士 : June 17, 2006 10:52 PM

悠々様 こちらも大きなことは言えませんが、黒塗りの車に社旗を立ててふんぞり返っている姿を「コミカル」と感じる現役記者がふえれば、日本のメディアはだいぶよくなると思います。「それはコミカルですよ」という考えを広めてゆきたいです。悠々さんは虎の威を借ることがなくてお幸せでした。

6 : HANA : June 18, 2006 08:28 AM

「社旗立てた 車に乗れば バカになり」
「究極のインサイダーは福井さん」
「サッカーと鈴香で霞むザルカウイ」

 タイトルの「時事川柳」?が見事ですね。

 先生の記事はぼんやりしている私にいろんなことを気づかせてくれます。

 自分の意見を述べるところまではなかなか到達しませんが、何かに気づいて「そうか!」と思うことだけでも進歩しているかななんて自分を慰めています。

7 : 湖の騎士 : June 18, 2006 10:15 AM

HANA様 俳句も和歌も川柳も、今までにまったく作ったことがないのですが、ザルカウイの扱いが小さすぎると思い、下手なものを一句ひねってみたら、次のが出来たというしだいです。お恥ずかしいですが物事の本質だけ突いていればいいと思っています。お楽しみいただけたようでうれしいです。ありがとうございます。