View of the World - Masuhiko Hirobuchi

September 10, 2006

総裁選3候補の変化 -

自民党の総裁選挙への3候補が出揃いました。いろいろと注文をつけたい方もご不満な方もいらっしゃるでしょうが、今のルールではこの3候補の中から日本の総理大臣を選ぶしかありません。そこで3人の出馬届出が終った8日にじっくりとテレビで3人の会見を視聴しました。
ひとつ気付いたのは、「前日までとはずいぶん違うな」ということでした。国際情勢への認識にしても、財政状況についても、漂わせている雰囲気にしても、「自分がこの国の運命に責任を持つのだ」という気概が感じられたということです。昔から「男子三日見ざればーー」という言葉があります。男子というものは三日も見なければ、相当に変るものだ。かつてのイメージで見てはいけない。目をかっと開いて見ないと人物判断を誤るーーという意味です。
たしかに彼らは変身しました。彼らよりももっと前から総裁候補として何度か名前が上がった派閥の領袖たちが、テレビに出てコメントしているのを、この2週間の間に何度か見ましたが、およそ見当はずれの国際認識を披露していました。今回の3候補は明らかに彼らよりも、一歩も二歩も先を行っているなと感じました。少し褒めすぎかも知れませんがこれが現時点での私の評価です。

ここで苦言を呈しますと、「教育」については3人ともおよそ現実を知らないで物を言っているなと思いました。外交や財政は現場を知っているが、教育については現場にいる教師や生徒に会っていず、「昔の経験で物を言っている」という印象でした。「昔は近所にこわいおじさんがいて、いたずらをすると叱ってくれた」とか「世話好きなおばさんが愛情をこめて見守ってくれていた」というのは正しいとしても、教育行政の責任者や現場の教師が何を考え、どういう資質を持っているかを見ることが緊急の課題だと思います。ご参考までに。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : tiakujo : September 10, 2006 09:27 PM

ずっと読んでます。
でも、特に政治のことはコメントできません。
多くの読者のご意見を楽しみに待ってます。
(大きい声では言えないのですが、安倍晋三さんの「美しい日本へ云々」が気に入ってるのです。)

2 : 廣淵升彦 : September 11, 2006 10:17 AM

tiakujo様 政治の話と宗教の話というのは乗って行きにくいものですが、これは「人間が変化する」という話ですから、もっと気軽に大勢の方が参加してくださるといいなと思います。私は安倍さんの本をまだ読んでいません。彼のことを好きでも嫌いでも、彼がどういう人であるかを知ることが必要でしょう。私もできるだけ早く読もうと思っています。

3 : 悠々 : September 12, 2006 12:17 AM

君子豹変す!
確かに3候補者の発言のトーンは変わってきていますね。
でも私は天の邪鬼ですから、素直には受け取れません。
三者にはそれぞれアドバイザーが付いていて、マスコミとか世間の風向きを読んで、方向転換を示唆しているのではないかと思ってしまうのです。
本音はやはり最初に発言した辺りにあって、根本的に考えを改めたのではないのではないか?
ここ一番猫を被って総裁選を乗り切ろう。天下を取ってしまえばこっちのものだから、、、そんな思惑がチラチラ見え隠れしているように思えます。
前回の総選挙で小泉さんが、郵政民営化だけを取り上げて、その他の施策については口をぬぐっていて、選挙に勝った後は、弱者切り捨て政策を邁進させた、あの手法をやりかねないのが自民党の常套手段ですからね。

4 : 廣淵升彦 : September 12, 2006 10:25 AM

悠々様 さすがに鋭い「読み」です。天邪鬼はたいへん結構なことで、皆が素直になってしまったのでは世の中はつまりません。たしかに3人にはアドバイザーがついているでしょう。ま、そうしたことをすべてひっくるめて、また言っていることを相当に割り引きして言うのですが、山崎拓とか加藤紘一といった人々の対中国認識などに比べると、この3人の方がよほど正確に物を見ているな、という印象です。

5 : ひばり吹雪 : September 14, 2006 09:25 PM

何となく久々に来ちゃいました。。。
総裁選いよいよ佳境を迎えてるようで。。。茨木市での三人揃い踏みの公演。ここで,一番の評価を得たのは麻生太郎。安倍氏は話し方が難しいからね。。。≪こちらにもどうぞ≫

6 : Jules Verne : September 17, 2006 01:00 AM

お久しぶりです。
いつも楽しみに見ているのですが
中々コメントに至らず申し訳ありません。

今回の総裁選は個人的に谷垣氏を支持しています。
彼が今回の総裁選挙で政策をしっかりと提言しています。
財政政策でも消費税アップを選挙前に掲げたのは彼だけで両氏とは異なっている点でしょう。
ホームページで政策を公表してるのも彼だけでした。
安倍氏のホームページは写真だらけで往年のアイドル(?)のようでしたが、世論や党内では安倍でほぼ固まっているようです。
総裁選が人気投票やパフォーマンスになり政策面おざなりになっているのではと危惧しています。

7 : 廣淵升彦 : September 17, 2006 10:41 AM

ひばり吹雪様 お久しぶりです。麻生太郎さんはインターネットでも一番人気だそうですね。党員や議員だけでなく、「誰でも参加可能」ということになれば、彼はかなり善戦すると思います。話しが型にはまっていず、面白いことはたしかですからーー。

8 : 廣淵升彦 : September 17, 2006 10:52 AM

Jules Verne様 貴方が谷垣禎一候補を買っておられるとは思いませんでした。今朝のフジテレビの「報道2001」によると、谷垣氏は霞ヶ関の官僚たちの間では圧倒的な人気だそうです。彼がいまマスコミで完全に馬鹿にされているのをご存知ですか? 「中国や韓国が反対している靖国に参拝するのは自分も反対だ」と言っていることが1つ。「それならなぜ小泉首相に『自分は参拝に反対だ』と抗議して閣僚を辞任しなかかったのか?」と批判されているわけです。もう1つは「中国や韓国の首脳と腹を割って話し合う」と語ったことです。「なんという素朴で外交を知らない男だ」ということになっています。首脳同士というものは、腹の内をさらけ出すものではない。本心を隠して国益を追及するのが、首脳というものだ。こんな簡単なことも分からないのか! という見方です。貴方の評価とはだいぶ違いますが、世間の評価は谷垣氏がいちばん低いのが実情です。総裁選の「票」の数では2位に入る可能性がありますがーー。

9 : かすみ草 : September 18, 2006 08:52 PM

お久ぶりです。
総裁選、勝手にシヤガレです。
一番腹が立つのは地元選出の谷垣です。
詭弁もエエ加減にせい!です。
消費税など上げなくても法人税を元に戻したら、
それ以上の財源が確保出来るやろ!
弱い物切捨ての今の政治には腹立たしい限りです。
竹中なんぞは、弱い物切り捨てて強い者だけ残れば良いと言う
学者バカそん者です。
はっきり答えて欲しい事があります。
何故、輸出品には消費税の還付が有るのか!
谷垣氏の意見に大企業は反対しないでしょう!
そんな抜け道があるから国際競争には影響しませんものね。
久ぶりに出てきてエラッソウにコメントしてすみません。
他の事には全く口を挟めず気の弱い私ですが・・・・
権力を肩に背負った方にはスグに切れます。
父が持って帰ってくれた安倍さんのお爺さんの岸 信介さからのお土産のローストビーフのサンドイッチ子供心にこんな美味しいものがあるのだと今も記憶していますが・・・・

10 : 廣淵升彦 : September 18, 2006 11:20 PM

かすみ草様 お久しぶりです。3候補について、だいぶお怒りになっていますね。谷垣候補は3人の中でいちばんピントがずれていますが、現役の大学生のなかに支持者がいるのですから、人の評価はむずかしいです。今度は安倍晋三対小澤一郎の対決をギリシャ神話の中の人物になぞらえて語ってみようと思っています。どうかよろしくお願いします。