View of the World - Masuhiko Hirobuchi

November 21, 2006

1億円分の腕時計 -

テレビ・新聞報道によると、20日の午前4時40分ごろ、東京・南青山の輸入時計販売店の壁が破られ、ロレックスなど高級腕時計約100点(1億2000万円相当)が盗まれました。犯人は外国人と見られるということで、報道はほぼ一致しています。さてこの事件から何を思うか、です。盗んでも売りさばくルートがなければ意味がないので、これは外国に販売ルートを持っている外国人の仕業でしょう。ここはますます大胆化し凶悪化する外国人犯罪に目を向けるのもたしかにひとつの見方です。しかし私はあえてべつのアングルからこの事件を見てみたいと思います。
それは、「日本人はなぜそんなにも高級品が好きなんだろう?」ということです。1つが100万円も200万円もする腕時計が、これだけ店頭にあるということは、「売れる」からでしょう。そういえば超有名なバッグなどのブランド品の店だけでも銀座には多数あり、その他の繁華街にも、デパートの中にも同じブランドの店があります。これらが売れること自体はけっこうなことです。高級品を手にして、幸せな気分に浸る人の気持ちは私も尊重します。しかし、最近の日本人は「高級な『品物』」は好きですが、本来ならそれに伴う「高貴な『心』」『洗練』といったものには興味がないようです。
高級品を持っただけで安心(?)してしまい、「高貴な心を磨く」といった骨の折れる(?)ことは嫌いなのでしょう。このことと汚職の蔓延(まんえん)、いじめの増大、教育の荒廃といったことが、どうも密接に関係しているように思えて仕方がありません。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : yoyo : November 21, 2006 11:03 PM

高級品にはとんと無縁なyoyoですが、{高級品を手にして 幸せな気分に浸る・・}は分かるような気もします。 でもそれに見合う中身もなくてはね!  有名大学に入学しても 高校までに身に着ける学問を持ち合わせていなくては。権力ばかり誇示して 中身のない政治家。高級品を持つに値する(その価値が解る) 中身を磨いていきたいものだと思います。・・でもやっぱり縁無いなぁ、形あるものばかりが 高級品ではないような? 心に感動するもの、5感をしびれさす高級品を見つけていけたらと・・(それには自身の中身を磨かなくてはね)

2 : 悠々 : November 21, 2006 11:42 PM

ブランド品で身を固めているのは、裏返してみれば、自分に自信がないからだと思います。
良いセンスで持ち物をチョイスできるなら、何も高価なものでなくても、良いものがあります。
高いものは良い、というのは事実でしょうが、それが身に付いていないとみっともない感じです。
ヨーロッパでブランド物を持って居るのは日本人の若い子か、現地の人ではいかにもセレブという感じの人で、トータルで決まっています。
日本の子達は、ブランド品が歩いているという感じで、様になっていません。
シックなハーフコートを着ているフランス人が「これは私のお祖母さんが着ていたものよ。」なんて言われると、「良いなぁ!」と思い、その人の人柄が偲ばれるというものです。
高級品を身につけるなら、それに相応しい教養と知性も持って欲しいです。
レディーメードの背広にローレックスをはめていても、この人はきっと昼食代をケチったりしてようやく買ったのではないのかな?なんて思ってしますのです。
20年ほど前のことですが、銭湯へ高級車を乗り付ける人が何人も居ました。風呂のないアパートに住んで居るんです。
家は買えないけど、車なら無理すれば買えますからね。

3 : 湖の騎士 : November 22, 2006 09:57 AM

yoyo様 全く同感です。女性誌などをちらちらと(広告で)見ていても、「外見」がいかに可愛く見えるかの記事ばかりで、「人間的な魅力」を養うような記事はほとんどないようです。100万円の腕時計を身につけたからといって、下らない男はやはり下らないーーこういう当たり前のことが分からない世の中になってしまったのでしょうね。片や、野の花や夕日の美しさに感動し、それを俳句や短歌あるいは絵で表現する人もちゃんといるのですがーー。

4 : 湖の騎士 : November 22, 2006 10:06 AM

悠々様 高級品もおしゃれもなかなか身につかないものですね。そういえばたしかに銭湯に高級車で乗りつけるというマンガのような時代がありました。新築の家に飾るものがなくて、読みもしない百科事典を応接間に飾る土地成金がいた時代もありました。これなどはまだ無理をして知性があるように見せようというだけ可愛いものでした。それにしても知事が業者からもらった高級腕時計を周囲に見せびらかしていたという精神のお粗末さは、なにか今の日本の縮図みたいで情けないです。お祖母さんの着ていたシックなハーフコートを、そっと自慢するような奥床しい女性が増えてほしいものです。