View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 06, 2007

「コンドルと車輪の物語」が「ベスト・エッセイ」に -

昨年このブログ上で、サイモンとガーファンクルの大ヒット曲「コンドルは飛んでゆく」の歌詞が意味する内容について解説しました。この歌の解釈に加えて、インカ帝国の人々の悲劇を生んだ発想の限界、硬直性を今の日本人が陥っている一国中心平和主義の危うさに重ね合わせて「コンドルと車輪の物語」と題する文章にまとめ、隔月誌「FoodBiz(フードビズ)」に発表しました(7月)。今回これが日本エッセイスト・クラブにより、昨年日本で発表されたエッセイの中の「ベスト・エッセイ」の一つに選ばれました。光栄なことに、私としてはこれで4年連続、通算で6度目の入賞になります。8月に他の約60編と共に『’07ベスト・エッセイ集』と題し文藝春秋から単行本として出版される予定です。とりあえずご報告申し上げます。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : May 6, 2007 07:43 PM

ベスト・エッセイ賞への連続ご入賞、おめでとうございます。
文春から出る『’07ベスト・エッセイ集』の発行が待たれます。是非拝読させて頂きます。8月が待ち遠しいです。

2 : yoyo : May 6, 2007 09:43 PM

"ベストエッセイ賞" 毎年の入賞おめでとうございます。このようなすばらしいエッセイを ブログで読ませていただき感謝です。このエッセイは ペルー旅行前でしたので 印象に残っています。『'07ベスト・エッセイ集』発行楽しみにしています。

3 : 湖の騎士 : May 7, 2007 11:29 AM

悠々様 ご親切なコメントをありがとうございます。文春から出る「ベスト・エッセイ集」は、バラエティ豊な文集となっており楽しめる内容です。私も他の書き手の文章を毎年エンジョイしています。いつものことですが、拙文を選んで下さった選考委員の皆さんに心から感謝しています。

4 : 湖の騎士 : May 7, 2007 11:42 AM

yoyo様 昨年の記事を覚えていて下さりありがとうございます。私は今の日本人の現状認識が実に危ないと思ってきました。みんな物を冷静に考えられなくなり、情緒的で、好き嫌いで物事を判断しています。迫り来る危機を察知していないところが、インカの人々と似ていると思います。このメッセージが文春からの単行本により、多くの人々に伝わることを願っています。

5 : HANA : May 15, 2007 09:11 PM

このところブログの更新をさぼりがちで、皆さんのところへの訪問も途絶えがちでした。

久々にお尋ねしたら、なんとうれしいニュースでしょう!!

おめでとうございます。

8月の発行を楽しみにしています。

6 : 湖の騎士 : May 15, 2007 10:34 PM

HANA様 お久しぶりです。私の入賞を喜んでくださり、本当にありがとうございます。あまり主張しすぎず、かといって遠慮して抑えすぎないように心がけて書いていますが、最も「目利き」の方々のお眼鏡にかなったようです。毎年出版される『ベスト・エッセイ集』は、それこそいろいろな個性をもった方が、バラエティ豊かなテーマで書いていて、読み物として楽しいものに仕上がっています。ぜひお楽しみください。

7 : Rei67. : May 18, 2007 08:41 AM

広淵先生おめでとう御座います。
コンドルは飛んで行く、は好きな歌です、バリのクラブでリクエストする曲です。その節は拝読させていただきます。

*先日、末次、山修達と戸塚で芝刈りをやりました、皆さん元気です。Aより。

8 : 湖の騎士 : May 18, 2007 10:27 AM

Rei67様 お祝いのお言葉をありがとうございます。「コンドルは飛んで行く」をバリのクラブでリクェストなさるとは、本当に「粋」ですね。この歌は心にしみこむものがあります。

Aさんへ:戸塚の芝はきれいに刈られていて、皆さんの成績もすばらしいものだったと拝察します。飛距離も正確さも羨ましいかぎりです。

9 : Rei67. : May 23, 2007 12:50 PM

広淵先生、、
‘頭にちょっと風邪穴を‘シリーズの入賞エッセイを拝読しました、先生の軽い、読み良い、広く、深い知識、恐れ入りました。ますます、家内共々先生のファンになりました、
益々のご発展をお祈りいたします。

10 : 湖の騎士 : May 24, 2007 10:15 PM

Rei67様 「コンドルと車輪の物語」をお読みくださり、まことにありがとうございました。大きくシリアスな問題を語るのは非常にむずかしく、誰もがなじみのあるサイモンとガーファンクルの歌に託して語った次第です。お眼鏡にかなって嬉しいです。