View of the World - Masuhiko Hirobuchi

September 12, 2007

日本中のブログが怒っている -

今日は日本中のブログが怒りに満ちて唸り声をあげていると思います。いくらなんでもこういう辞め方はないでしょう。この権力の空白期間を狙って、テロリストが日本のどこかで突如行動を起こしたらと思うとぞっとします。もしそんなことも考えずに辞任を表明したとすれば、安倍さんはとてつもない大バカだということになります。今回の意思決定の仕方を見ていると、国際テロリストが日本で行動を起こすといった考えは安倍さんの頭にはまったく浮かばなかったのでしょう。内輪揉めをしている場合ではありません。権力の空白は本当に恐ろしいことです。政治家は与党も野党もしゃきっとして体制を建て直してほしいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : September 13, 2007 09:11 AM

安倍さんは心の病を患っているのではないでしょうか?
彼の思いつき的発言、空虚なものの言い方、時には激情に駆られたような態度、それと焦点の定まらない眼、どれを取っても躁の症状ではないかと思っていました。
それが昨日、躁から鬱に急変してあの事態になったのだと思います。
私は医者ではないから素人の当てずっぽうですが、もし当たっているとしたら、恐ろしいことです。
日航の片桐機長が、発作を起こして羽田の海に飛行機を墜落させてから、パイロットには精神科医の診断が義務づけられましたが、政治家にも同じチェックが必要ではないでしょうか?
おかしな大臣も多いから、立候補時に精神科医の診断書添付を
義務づけるといの良いかも知れません。
何れにしても、大馬鹿者や精神疾患者が日本を代表するのでは
国民は堪ったものではありません。

2 : 湖の騎士 : September 13, 2007 02:52 PM

悠々様 政治家に精神鑑定は本当に必要ですね。問題はどうやってそれを実現するかです。20年以上前に「現代史を支配する病人たち」という本がフランスで出版され話題を呼びましたが、ルーズベルトなどはヤルタ会談に臨んだときに、完全に病人で、そのためスターリンの術中にはまってしまい、ソ連による日本領土奪取(樺太・千島)を認めたといいます。安倍さんはもっとタフで、定見をもっていてほしかったです。