View of the World - Masuhiko Hirobuchi

September 14, 2007

福田総裁で自民党は没落 -

1年前に「この総裁なら選挙に勝てそうだから」という理由だけで、雪崩を打って安倍晋三氏を総裁に選び、その結果手痛い大敗北を味わった自民党が、またまた性懲りもなく福田康夫氏を総裁に選ぼうとしています。「安倍を選んだ反省から、安倍政権に距離が最も近かった麻生太郎を外すのだ」ということらしいですが、愚かなことです。福田・麻生の両氏は、まだ一回も「政策論争」をしていません。どちらが総理大臣としてふさわしいかについて、一般国民が自由に意思表示をする期間をせめて5,6日設けて、世論の動向を見るべきです。そういうことを何もしないで、まったく古色蒼然とした派閥次元の決定で福田氏を選ぼうとしています。「福田は安定感があるから」というのが理由らしいですが、彼が今まで国民に向けて何を語ったというのでしょうか? アピールするべき内容も政策も何もない人ではないのですか? とにかく、この党首選びの体たらくぶりを見ていると、自民党はひたすら没落への道を歩いているように見えます。それが日本国民全体にとって、どれほどの痛手になるのかははかり知れません。

[Post a comment]

COMMENTS