View of the World - Masuhiko Hirobuchi

November 05, 2007

時代劇を見過ぎると -

「ハワイでは受けなかった遠山の金さん」という記事を先日このブログに載せました。ハワイの日系人は合理的というか理論派というか、毎回毎回桜吹雪のいれずみをした遊び人にしてやられている悪人共の間抜けさ加減があほらしく見えるらしい。悪人社会には独特の情報網が張りめぐらされていて、「金さんという遊び人には気を付けろ」という警告が伝わっているはずだというのです。しかし日本では、過去四十年も五十年も毎回同じパターンでお奉行さまが悪人をやっつけています。さてこうした視聴者の好みをどう見るかです。阿呆らしいと見るか、あえてこの偉大なるマンネリズムを愛するか。こうした時代劇の功と罪の差し引き勘定は?--ということになります。残念ながら、マイナスの要素のほうが大きいと思います。こうした時代劇ばかり見ていると、どうしても視野が狭くなります。すべては日本国内での善玉悪玉の戦いです。そして毎回ほぼ正義が勝利をおさめます。これを何十年も見ていると、ほかの発想ができなくなってしまいます。この国際社会では、日本人が想像もできない「悪」を平気で行う国家も民族もいます。その悪事のスケールというのがハンパじゃない。しかも正義はかならず勝つとはかぎりません。何百年も悪をなした側が征服者・支配者として君臨しており、「正義=善」の側は惨めに圧迫されている場合が多いのです。国際問題に関するかぎり、時代劇の見過ぎは明らかに日本人の思考能力をうばっていると言えます。最後には正義の味方が現われて、万事を解決してくれるという過剰な楽観論に知らず知らずに陥っている人々が多いのは危険です。現実は時代劇のようには行かないという当たり前のことをいつも意識していたいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : November 8, 2007 09:35 AM

先日の朝日の記事で、慶応大学の先生の研究の紹介がありました。民放テレビのコマーシャルについてのものでした。
番組中に盛り上がった所で、続きはコマーシャルの後で、と言う宣伝の効果についてでした。このやり方は、テレビ局としてはコマーシャルを効果的に見させよとする意図で行われているはずなのに、視聴者は反発感の方が強く、宣伝効果はかえって低減するという内容でした。
テレビの視聴者の意識は意外に健全なのだと思いました。
ワンパターンな構成の時代劇を見る人は、その辺を心得て、娯楽として受け入れているのだと思います。
時代劇の功罪は、リラックス効果の方が大で、思考の後退という畏れは少ないのではないでしょうか?
見ているのも殆どがご老人だと思いますし・・・
それよりも、不倫を奨励しているようなご婦人向けの昼メロとか、何かを決めつけている、みのもんたの番組の方が害毒を垂れ流しているように思えます。
何れにしてもテレビの低俗番組は何とかならない物かとは思いますが。

2 : mix : November 8, 2007 12:07 PM

昨日、ブログのオフ会で葛飾柴又に行ってきました。秋晴れの中、ステキな1日を過ごすことが出きました。
私は寅さんの映画もほとんど見たことはありませんが、遠山の金さんと同じようなワンパターンの映画だと思います。
90を越えた夫の父はいつもボリュームを最大に上げて「水戸黄門」を見ています。
たぶん、こういう善が勝って悪が滅ぶ、ワンパターンの時代劇を好んで見るのは高齢の男性に多いのではないでしょうか?
彼らは戦争を経験し、戦後の日本を築きあげてくれました。
そして、やっと隠居の身になってワンパターンの時代劇を安らかな気持ちで見ているのだと思います。そこで、ボリュームを絞りたいのを我慢しています。
先生がご心配になっているようなことは視聴者も高齢者が多いと思うので少ないのではないでしょうか?
それよりもっと低俗なテレビ番組が若者たちに及ぼす影響を心配します。

3 : 湖の騎士 : November 8, 2007 03:50 PM

悠々様 昼間の不倫ドラマもみのもんたの害毒番組も観ていないもので、少し時代劇に辛く当りすぎたようです。あまり害毒がなくて、「功」の方が「罪」よりも大きくリラックス効果があるなら、そのポジティブ面を評価したいと思います。さてご指摘の「低俗」番組ですが、責任は局側にあるのか、そういうものでなければ観ようとしない視聴者の側にあるのか? 非常に難しく複雑なテーマです。これについては、稿を改めて書いてみます。

4 : 湖の騎士 : November 8, 2007 04:05 PM

mix様 オフ会が楽しかったとのこと、よかったですね。快晴で、柴又にはゆったりとした時が流れていたことでしょう。さて時代劇の「罪」を重く見過ぎたかもしれません。ご主人の父上は90を超えておられるのですから、もう自由になさってよいと思いますが、50、60代からワンパターンが好きという人もけっこういます。若者たちに害を及ぼす低俗番組は深夜に多いのでしょうが、こうしたものにももっと目を光らせるべきだと思っています。目下の最大の関心は、どうすれば知的に洗練された人々が増えるだろうか、ということです。これは本当に難事業です。そういうことを、抵抗なく楽しく語る本を書きました。もう少ししたら内容を発表します。

5 : 悠々 : November 8, 2007 04:09 PM

私のような者のコメントをまともに読んで下さるのは、とても嬉しいです。有り難うございます。
低俗番組についての先生のお考えを伺える機械を楽しみに待っています。

6 : 湖の騎士 : November 8, 2007 08:25 PM

悠々様 ご意見はいつも大きな常識(良識)に貫かれており、拝読して大変参考になるものです。自分の思い込みなどを修正するのに非常に役立ち、ありがたく思っています。とにかくできるだけ早い機会に、テレビ番組製作者と視聴者の関係についての私の考えを述べさせていただきます。背中を押してくださってありがとうございます。