View of the World - Masuhiko Hirobuchi

February 07, 2008

「週刊新潮」の特集 -

もうお気づきの方が多いと思いますが、現在発売中の「週刊新潮」2月14日号に、「ワイド特集『頭にちょっと風穴を』」という企画が載っています。私の新著の題名を用いて、事件や噂の渦中にある人々の頭の中を覗いてみようというわけです。着眼のセンスがすばらしいと思います。「頭にちょっと風穴を」開ければ、今まで通わなかった心も通い合い、もっと生き生きとした社会になってゆくというのが、私の願いです。聖バレンタインの日にチョコレートを贈る習慣についても、今まで誰も語らなかったことを語っています。これを読んで洗練された紳士淑女になってください。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : ノブレス : February 8, 2008 12:17 AM

 先生の新著を毎日楽しく通勤の電車で拝読させていただいております。いつもは長い通勤時間も気づけば到着しているくらい短く感じます。 今までにこれほど読むたびに充実した気持ちにさせてくれる本はありません。今まで私が出会った中で最高の1冊です。まだ4分の1しか読んでおりませんが、続きが楽しみです。
 株価の暴落、冷凍食品への毒物混入等あまり思わしくないニュースが続く日々が続いておりますが、先生の本やメッセージは心に希望の灯を燈してくれます。
2/14号の「週刊新潮」も早速購入したいと思います。

2 : 悠々 : February 8, 2008 09:09 AM

昨日、犬の散歩の折りに本屋に寄り、週刊新潮を購入してきました。
「ワイド特集『頭にちょっと風穴を』の記事は、先生のご本に比べたら、雲泥の差で、私の頭には風穴は開きませんでした。
新潮が先生のご本の好評なことに便乗して、即席で特集記事を書いたのだと思いました。
週刊誌ですから時流に乗るのはお手の物なのでしょうが、その早業には敬意を表しますが、できることならもう少し記事を精査して読み応えのある、タイトルに負けない突っ込みが欲しかったです。

3 : 湖の騎士 : February 8, 2008 11:54 AM

ノブレス様 「頭にちょっと風穴を」を楽しみつつお読みくださり本当にありがとうございます。かつての日経の大記者も、大放送局のパリ支局長も、元社長も「感銘を受けた」といってくれました。皆さんにとって「初めて聞く話」が多いようです。職場の先輩、同輩の皆さんもエンジョイしてくれるとありがたいです。

4 : 湖の騎士 : February 8, 2008 02:36 PM

悠々様 拙著をお褒めいただき本当にありがとうございます。週刊誌の編集長は、心から私の本の認知度を高めようと思ってこのタイトルを付けたのだと思います。今日は日本でも指折りのビジネス書の書き手お二人から手紙が届きました。『頭にちょっと風穴を』を楽しんで読んでくださった様子が語られていました。一人は「聖者と女神が張り合って」を取り上げられました。私もこの作品は気に入っているものです。少しずつ読者の輪が広がって行くのを実感しています。よろしくお願いします。

5 : HANA : February 9, 2008 12:14 PM

あら、それはすてき!!
さっそく、「週刊新潮」を買ってこなくっちゃ!!

「頭にちょっと風穴を」はとっても読みやすくて「方向音痴」の私も楽しく読ませていただいています。

6 : 湖の騎士 : February 9, 2008 02:23 PM

HANA様 私の本を「読みやすい」と言って下さり、安心しました。初めて目にする話が散りばめてあるつもりです。よろしくお願いします。