View of the World - Masuhiko Hirobuchi

March 01, 2008

「浜 美枝のいつかあなたと」(2日) -

2日の日曜日、朝10時半、「浜 美枝のいつかあなたと」(文化放送)の対談をお聴きいただけると嬉しいです。浜さんとはずいぶん昔サンフランシスコの空港で初めてお会いしました。東部へゆく飛行機がなにかの事情でずいぶん遅れたために、乗客たちがそれぞれに話し合っている中で、自己紹介をしたのだと思います。『スヌーピーたちのアメリカ』が出た時は、TBSラジオのレギュラー番組に招んで下さいました。今度は近著『頭にちょっと風穴を』(新潮社)について、楽しいお話ができたと思います。よろしくお願いします。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : March 2, 2008 11:20 AM

浜美枝さんとの対談、今楽しく拝聴しました。
頭脳明晰同士の対談は歯切れ良く、テンポも快適で瞬く間の20分でした。浜さんが事前の下調べも行き届いていて、良い番組でした。
お話の中で、一番美味しかった食べ物の話は納得です。
私もナポリに行って卵城の下にあるレストランで鱸の岩塩蒸し焼きを食べました。店先に置いてあった鱸を食べたくて、コックを呼びこの魚を食べたいと言いました。
どうゆう風に料理するか?と聞くから塩で焼いて欲しい、と頼みました。
ワインを一本空にするくらいの時間待たされてやっと出てきたのが岩塩でばっしり固められて焼き上がった鱸の丸焼きでした。岩塩を剥がして中身の程良く塩味の滲み込んだ鱸はすこぶる美味でした。新鮮な素材ならシンプルな調理法が一番ですね。いつかスペインで鯛の岩塩焼きを味わいたいです。

2 : ゆう : March 2, 2008 11:25 AM

お久しぶりです。ラジオ聞きました。久しぶりに先生のお声を聞けて良かったのと、リビアにおけるユーモアの話など良かったです。もっと日本人にこんな発想や考え方が広まればと思います。先生のこれからのご活躍にも期待しています。

3 : 湖の騎士 : March 2, 2008 11:32 AM

悠々様 浜美枝さんとの対談をお聴きくださり本当にありがとうございます。浜さんは頭のよい方ですが、お人柄がなんともいえずすばらしい方です。聡明で、人への気配りができて、さらりとした味のある人物です。アンダルシアの岩塩の蒸し焼き魚は鱸の場合もあるようです。海の向こうはモロッコだという実感と共に食べる味は格別でした。悠々さんが食されたナポリの鱸もさぞ美味だっただろうと想像しています。

4 : 湖の騎士 : March 2, 2008 11:40 AM

ゆう様 ラジオをお聞きいただきありがとうございます。リビアにおけるユーモアの話を気に入ってくださり、本当に嬉しいです。世界にはけっこう面白い人がいるもので、そういう人のことを今後も楽しく紹介していこうと思います。よろしかったら、PCにメールをください。hirobuchi@hkg.odn.ne.jp

5 : 直 : March 2, 2008 01:17 PM

 ワクワクしながら、ラジオをじっと見て、浜さんとの対談を楽しく拝聴しました。そして、日本のミーハー菌の恐ろしさが改めて考えさせられました。いじめなどもミーハー菌のせいだろうなと思ったり、わが身は大丈夫かと点検しています。

6 : 湖の騎士 : March 2, 2008 03:32 PM

直様 浜美枝さんとの対談をお聴きくださり本当にありがとうございます。「頭にミーハー菌がついている」などという言葉は、恐ろしくてなかなか口にはできないものですが、いちばん分かりやすい表現ですのであえて本の中に用いました。そこに浜さんが目をつけられたというわけです。これを機に多くの人々がミーハー菌の恐ろしさに目覚めてくれればと願っています。

7 : ビビ : March 4, 2008 09:23 AM

田舎の親戚に不幸があって、急に東京を離れなければならなくなり、聞くことが出来ませんでした。悔しい!録音はないのかなぁ?

8 : 湖の騎士 : March 6, 2008 11:00 PM

ビビ様 コメントありがとうございます。録音のカセットテープをお送りします。お聴きになったら返却してください。昨夕私の目の前で友人が『ビビ』を買いました。嬉しかったです。

9 : 黒猫rano : March 8, 2008 05:02 PM

湖の騎士さま

申し訳ありません。
ラジオの放送を聞きのがしてしまいました。
次の機会を期待しています。
すいません。


10 : 湖の騎士 : March 8, 2008 10:00 PM

黒猫rano様 放送を聞きのがされたのは残念ですが、放送があるということをお気に留めて下さってありがとうございます。またの機会に違う方の番組に登場する可能性もあります。その時はどうかよろしくお願い申し上げます。