View of the World - Masuhiko Hirobuchi

March 13, 2008

あまりに一元的なNHKの歴史観 -

12日(水曜日)のNHKテレビ「その時 歴史が動いた」を観ました。北条早雲以来の北条氏5代のことが扱われていました。北条氏は他の戦国大名とは違い「常に民のことを大事にする慈愛あふれる領主」ということが繰りかえされ、民衆を豊かにするための「理想」に生きた殿様で、そこが信長、秀吉らの中央集権政治とは違うところだ、と何回も強調していました。早雲がもとは伊勢新九郎と呼ばれ、相当な権謀術数をめぐらせて乱世を生き抜いたことも、5代目になって秀吉の大軍に包囲されても何日も何日も「どうすべきか」で会議ばかり繰り返し、優柔不断で意思決定ができぬことの代名詞とまでなった「小田原評定」という、不名誉な言葉を後世に残したことも、一言も語られませんでした。片や民を苦しめ厳しい年貢を課す秀吉と片や慈悲深く民衆を愛する正義の味方小田原氏という、あまりにも単純化し、図式化した歴史観を視聴者に押しつけているのを見て、「ああ、歴史というのはこうして恣意的に歪められてゆくのだな」と感じた人は多かったと思います。日本の近代史についても、一プロデューサーの私見により、大幅な歪曲が行われています。恐ろしいことです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : March 13, 2008 10:27 PM

NHKが今やっている自己コマーシャルで「新人応援します。」みたいなCFを流していますが、気に入りません。
新人役の女性に変なアクセントと言い回しで電話応対させたり、先輩役の男性が「新人、電話にでろ」といわせたりしています。これが何で新人応援になるのか分からないし、NHKの現役アナウンサーだって、おかしなアクセントやイントネーションで堂々とキャスターやったりして居るんですからね。
まず自分たちの方を何とかしろよ、といいたいです。
歴史的事実を歪曲するなんて言うのも困ったものです。
ニュースでも自分のことを扱うときなど、とても公平な報道をしているとは思えませんし・・・

2 : 湖の騎士 : March 13, 2008 10:49 PM

悠々様 NHKの何から何までを批判する気はありませんが、最も独断的で偏向しているのが「その時 歴史が動いた」であることは、多くの識者が気付いていると思います。12日の小田原攻めにしても、徳川や伊達と同盟を結び両者に裏切られたと簡単に述べていましたが、同盟を守らせるのも実力の内です。とにかく「善と悪」といった素朴な捉え方が多すぎます。この素朴さがニュース報道にも顔を出します。報道に携わる人間には、世の中はもっと複雑なものだという認識が必要です。

3 : dashi : March 13, 2008 11:18 PM

私もいいトシなのでNHKとは長いお付き合いですが、最近のNHKはいい意味の孤高さがなくなって、全般にレベルが下がったという感じがします。(人材流出も止まらないみたいだし、まだ内紛の尾をひいてるような気もしますね)
もっとも極端なのは紅白ですけど。低俗に流れてるような…。
番組を短くしてまで番組の予告(スポット広告)を入れるし(生活笑百科やクローズアップ現代まで!)、お昼すぎの対談番組も、自局の番組のPRにしか使わない感じ。
ニュースや歴史番組などでは厳しい内部基準があって、公平・中立(まあ保守的傾向なのはしかたないとして)に徹していると思ってましたが…。
歴史番組は特に慎重にやってほしいですね。人気番組なのにチェックが甘すぎますよね。前にもこんな問題があったような気もします。

4 : 湖の騎士 : March 14, 2008 07:58 AM

dashi様 お久しぶりです。貴重なコメントありがとうございます。ここで述べられているNHKに対するご意見はことごとく思い当たることばかりです。とにかく大衆迎合の度合がひどすぎて毅然としたよさや風格が失われています。国民みんなのメディアだということを忘れて、「NHK従業員のためのメディア」になってしまった感があります。早く立ち直ってほしいものです。

5 : 職業投資家 : March 16, 2008 12:51 PM

マトモなメディアがない(=育たない)日本の地上波放送業界で、唯一NHKの報道番組だけは一応(自分の時間を割いて、一日1時間程度)見ております(民放各局はあまりの低級、歪曲が過ぎるので・・・)。以前は割合見ていた方のクローズアップ現代も最近(=ここ数年)は、見るに堪えない低俗番組に堕したように感じます。
日本の政治、外交、教育等々の堕落ぶりが目を覆わんばかりの時に、NHK(や民放各局)にだけ猛省を促しても無理なことでしょうが、報道人としての自覚はプロとして持ってもらいたいものです。

6 : 職業投資家 : March 16, 2008 12:51 PM

マトモなメディアがない(=育たない)日本の地上波放送業界で、唯一NHKの報道番組だけは一応(自分の時間を割いて、一日1時間程度)見ております(民放各局はあまりの低級、歪曲が過ぎるので・・・)。以前は割合見ていた方のクローズアップ現代も最近(=ここ数年)は、見るに堪えない低俗番組に堕したように感じます。
日本の政治、外交、教育等々の堕落ぶりが目を覆わんばかりの時に、NHK(や民放各局)にだけ猛省を促しても無理なことでしょうが、報道人としての自覚はプロとして持ってもらいたいものです。

7 : 湖の騎士 : March 16, 2008 02:12 PM

職業投資家様 民放の地上波にまともなメディアがないというご指摘は、非常に厳しいものがあります。なぜこういう低俗な番組を作るのかということを論じ出せば、「高級なことをやっていては視聴率が取れない」からです。つまり視聴者は高級な番組を欲していないーーということが、数十年の経験により番組制作者の身にしみているからでしょう。今回、私が取り上げた「その時歴史が動いた」の偏向は、視聴率稼ぎのためではないと思います。「一定の思想・イデオロギーを伝える」という大目的がまずあって、そこから番組作りをスタートさせているーーということが、透けて見えるのです。見る人はちゃんと見ています。制作者は、意図を見透かされていることを悟り、思想宣伝をやめるべきです。