View of the World - Masuhiko Hirobuchi

April 20, 2008

China can't understand rules of Democracy -

My computer is suffering from attacks from outside. That's why I can't use Japanese letters. Today, French television reported about the Chinese activists in France who claim that French media insulted China on the relay of Olympic flame (torch). My impression is they don't understand what free press is in democratic countries. They also don't know the basic rules of
democracy. The French never insulted China. They only protested against the Chinese oppression
of the Tibetans.

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien project : April 21, 2008 12:12 PM

またまた、こんにちは。全く同感です。中国はデモクラシーや人権を全く理解しない国だということがあからさまになりました。一つ、私が、興味深く思ったのは次の点です。ロンドンやフランスでの聖火リレー妨害や報道に対して抗議デモを行った中国人は留学生や現地在住者だと報道されていました。イギリス、フランスなどデモクラシーが成熟した環境で長年暮らし、その社会の成り立ちを日々肌で学び恩恵を受け、我々と同じ量の情報に接している彼らをもってしても、やはりデモクラシーの理念、人権の尊重や報道の自由を理解しえないのでしょうか?それは何故でしょうか?ご洞察をお教えください。

今、私のまわりにも中国人留学生を暖かく迎えている人達がたくさんいます。そこには、本当の日本人の良さを知って欲しい、日本の良さを理解して将来は中国と日本の架け橋になって欲しいという願いもあると思います。
もし、中国人が異なるイデオロギーの並立という図式を理解できないなら、このような日本人の努力も見果てぬ夢のように映りますが.....

2 : 悠々 : April 21, 2008 02:01 PM

今回のチベット弾圧問題に関して中国政府の対応は、中国が民主主義の未発達国であることを露呈しました。
チベットに於ける報道規制は非が自らにあることを自白したようなものですし、他国のチベット問題を批判する動きに対する過剰な拒絶反応も同様です。
そして自国民に対してはフランスなどの抗議活動を、あたかも中国を侮蔑しているかのごとくに誤った情報を与えて煽動し過激な抗議活動に駆り立てています。
中国が真の民主主義国家に成長するには未だかなりの時間が必要のようです。

3 : 湖の騎士 : April 21, 2008 03:25 PM

alien project様 的確なコメントをありがとうございます。昨日はどうしても日本語が打てなかったPCが、漸く元の機能に戻りました。さて周囲におられる日本のご友人で中国人留学生を暖かく迎えておられる方々の努力には頭が下がります。心からの敬意をひぃ表したいと思います。日中友好の懸け橋になりたいという皆さんのお気持ちはかぎりなく純粋で尊いものです。しかし、現実を直視しなければなりません。苦い経験を数多く舐めた人の話によると、中国人留学生は「利用できる人にはとことん甘えて利益を引き出すが、けっして心からの感謝はしない」ということです。日本人との間の「恩義」に関する感覚には大きな差があり、それは幾世代にもわたる文化の差だろう、と経験者は言います。世話をした留学生が将来日中友好の懸け橋になるかもーーという夢は捨てたほうがよいと思います。革命の父とされる孫文も、日本人にさんざお世話になりながら、感謝の念はまったく持っていなかったそうです。

4 : 湖の騎士 : April 21, 2008 03:39 PM

悠々様 中国には民主主義はないし、それを大切に思う気持ちもありません。いちばん始末に負えないのは、自分たちが「中華」であり、自分たち以外はすべて夷(えびす、野蛮人)と思う思い上がりです。阿片戦争で木端微塵にやられてしまったイギリス人に対してさえ、思い上がった態度は直りませんでした。他国民のことは口をきわめて罵り侮辱しますが、自分たちが少しでも批判されるとその十倍くらいの聞くに耐えない言葉で罵り返すのが中国人です。中国人が自分たちの非は絶対に認めないことは、毒入りギョーザ事件で日本人のほぼ全員が知ったことです。しかし欧米は、そうした態度は許容しないでしょう。華夷秩序(かいちつじょ)といった考えを捨て、自分たちが他国民よりも多くの面で倫理的に劣っているのだということを認める謙虚さが必要です。

5 : FUMIHITO : April 21, 2008 04:09 PM

こんにちは。
パソコンは大丈夫でしょうか?

2004年に中国で開催されたAFCアジアカップで、日本代表は予選から毎試合、試合前の国歌斉唱で中国国民から激しいブーイングを浴びせられました。重慶という反日感情が強い土地柄とはいえ、国家斉唱時にブーイングをする国民を私は初めてみました。その時にスポーツマンシップにのっとれない国に果たしてオリンピックのホスト国が務まるのだろうかと疑問を抱きました。

ルール、モラルなど様々な面で急激な経済成長に国民の教育レベルや知的レベルが追いついていないように思えてなりません。

聖火リレーのルーツはナチスのヒトラーが自国の力を誇示するために始めたのがきっかけで今日に至ります。
プロパガンダ、まさにスポーツが政治に利用されていました。

半世紀以上もたった今日、中国も同じようなことをしているのではないでしょうか?


6 : alien project : April 21, 2008 07:42 PM

湖の騎士様 お返事ありがとうございました。「成熟した民主主義国で暮らす中国人にさえデモクラシーや報道の自由、人権のことがわからないのは何故だろう?」という問いをあれから私なりに考えてみて、はた!とある一言に行き当たりました。ユリウス・カエサルの有名な言葉「人間は見たいものしか見ない。」この抗い難いサガを克服するのは、第一級の知性だと思いますが、そんな知性をもっている人はめったにいませんし、徹底的な中華思想下で育った人達にはおいそれとは無理でしょうね。ところで、私の知人の研究者で引退後に財団法人をつくりアジアの研究者の助成に尽力している方がいます。中国の学会でも初代名誉会員になっています。その活動は純粋でとても尊敬していましたが、最近は、見ていて切なくなります。湖の騎士様のおっしゃるとおりだと思います。

7 : 湖の騎士 : April 21, 2008 09:55 PM

FUMIHITO様 パソコンのことをご心配いただきありがとうございます。今朝、購入した会社の技術担当者の指導で無事に直りました。さて中国ですが、もともと欧米日のような先進国が開催するようなオリンピックを開催するつもりはないのです。政治的プロパガンダのためが唯一の目標です。フェアプレイの精神はないと断言できます。いま、フランスに侮辱されたとして、猛烈な反仏運動をしていますが、これにより蒙る経済的損失にフランスがどこまで耐えられるかが問題です。それにしてもイギリスのチャールズ皇太子は、今回のチベット弾圧への抗議を込めて、開会式への欠席を明言しています。福田首相の見識とは大違いです。

8 : 湖の騎士 : April 21, 2008 10:10 PM

alien project様 カエサルの言葉は人間というものが分かっている成熟した見識だと思います。残念ながら中国人は先進国に住んでいても言論の多様さとか、異なる意見を尊重するといった美徳を学ばないようです。私が断定的に物をいうと、傷つく中国人(元)留学生もいますので、慎重にならざるを得ませんが、「他国の文化文明を尊重し吸収しよう」という料簡が欠落しているのです。日本人は欧米の先進技術に触れたとき、「なぜこういうすぐれたものができるのだろう?」と思い、一つの工業製品を生み出した根本理念にまでさかのぼって徹底的に学習しました。しかし中国人は、「結果だけあればよい」と考え、西欧文明の底にある哲学や理念といったものに無関心でした。てっとり早く「物」だけあればよいと考えたのです。この日中の態度の違いが、19世紀以来、両国の近代化に決定的な差をもたらしました。お知り合いの立派な研究者をご覧になって切なくなるというお気持ちはよく分かるつもりです。中国人は善意は踏みにじりますが、「力」には屈します。そこを英国人は最も鋭く見抜いています。

9 : yoyo : April 22, 2008 01:36 AM

コメント ご無沙汰しています。でもブログは毎日拝読しています。チベット問題に鋭いご意見を出していただいて、共感しています。なかなか自分の言葉として表現できませんが、昨年11月に娘とチベット旅行して感じていた危惧が表面化して 悲しい思いをしています。もし日本が日の丸を禁止され、皇居前に他国?の国旗が毎日掲げられ、天皇制を否定されたら・・(たとえ日の丸、君が代反対と叫んでいる日本人でも) どんな気持ちになるでしょう。善光寺の発言は 日本政府に少しは響いたでしょうか? 何もできずにいるyoyoですが (多分市民の大半がそうであるように) 政府の発言、対応には敏感に感じていると思います。

10 : yoyo : April 22, 2008 01:36 AM

コメント ご無沙汰しています。でもブログは毎日拝読しています。チベット問題に鋭いご意見を出していただいて、共感しています。なかなか自分の言葉として表現できませんが、昨年11月に娘とチベット旅行して感じていた危惧が表面化して 悲しい思いをしています。もし日本が日の丸を禁止され、皇居前に他国?の国旗が毎日掲げられ、天皇制を否定されたら・・(たとえ日の丸、君が代反対と叫んでいる日本人でも) どんな気持ちになるでしょう。善光寺の発言は 日本政府に少しは響いたでしょうか? 何もできずにいるyoyoですが (多分市民の大半がそうであるように) 政府の発言、対応には敏感に感じていると思います。

11 : 湖の騎士 : April 22, 2008 09:38 AM

yoyo様 お久しぶりです。貴重なコメントをありがとうございます。パソコンが動かなくなり、苦しまぎれに簡単な英語で綴ったこの記事に多くの方から反応があり、意を強くしています。同時に皆さんがチベットでの弾圧にいかに心を痛めておられるかを知ることができました。善光寺の僧侶は、五輪に関係ある日本人として初めて世界に向けてチベットでの人権弾圧に抗議したわけで、見識のある立派な発言でした。残念なのは、この発言にくらべて福田ー町村発言がいかに空疎でお粗末なものであったかを、本人たちがまったく自覚していないことです。これはもう政治能力の問題というより、個人としての「教養の問題」です。この程度の頭脳では、今後ともいかなる国際問題も国内問題も理解できないと思います。

12 : dashi : April 23, 2008 06:18 PM

中国人に対するご意見、残念ながら全くその通りです。
私は長いこと中国語を学びながら、中国人のものの考え方にうんざりして何度投げ出したかわかりません。気を取り直してまた再開したところにこの騒ぎで、またかよ~とがっかりしています。
いや、まともな人ももちろんいます。でもそういう人は、つてさえあれば海外脱出を目論むのではないでしょうか。
「大地の子」に、主人公の残留孤児の養父となる人格者が出てきます。私に言わせれば、あんな人はめーーーったにいない変わり者だと思います。
とにかく打算的で、機を見るに敏く、平気でウソをつきます。
この人はいい人だと気を許すととんでもないことになります。昔、北京の西瓜とかいう映画があって、留学生の世話をする八百屋さんの話(実話がモデル)がありました。あの人もたしか、ひどい目にあったと思います…。
まあ、日本人はお人よしすぎる傾向はあると思いますが。

衣食足りて礼節を知る、と言いますが、衣食足りてもさらに蓄財にはげみ私腹を肥やすのが今の中国人(本土)で、衣食足りてない人たち(特に農民)は徹底して暴力的に抑えつけられてますね…。貧富の格差が開くばかり。
一人っ子政策で小皇帝とわがままに育った世代に離婚が急増らしいですが、さもありなん。
いったい、どうすれば中国が民主的な国になるのか、答えがあるのでしょうか…。

13 : 湖の騎士 : April 24, 2008 09:51 AM

dashi様 貴重なコメントをありがとうございます。中国人の本質を曇りのない眼で見抜くことと日中友好とは矛盾しません。正確に中国人とはどういう人々であるかを冷静に認識することが必要です。これはもう知性の問題であり教養の問題です。この点でまったく話にならないのが福田総理大臣です。