View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 14, 2008

被災者へのお悔やみとお見舞い -

ミャンマーを襲ったサイクロンと中国の大地震で命を落とされた人々、およびそのご家族の皆さんへの心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。政府が頑なで外国からの人的援助を断っているために、助かるはずの命が失われてゆくという報道に接すると怒りもこみあげ、胸が痛みますが、その気持ちはひとまず横に置いて、今はひたすら生き残った方々に救援物資が一刻も早く届きますようにとお祈りいたします。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : May 14, 2008 04:06 PM

ミャンマーの軍事政権が自分たちの都合だけで、海外からの人的援助を断っていますが、自国の国民のために動かない軍事政権は政府とは言えず単なる独裁集団です。このような圧政を一刻も早く終わらせる努力を世界中の良識を集結して行いたいです。そのために個人としてどんな貢献が出来るのでしょうか?

2 : 湖の騎士 : May 15, 2008 10:28 AM

悠々様 ミャンマーに救援隊を送りたいという国連などの要望を断っているのは、ミャンマーの軍事政権だけではありません。中国とロシアが軍事政権を後押しし、外国の介入を排除させているのです。ここには複雑な国際政治の力学が絡んでいます。イギリスなどは、なんとかして自分の息のかかったアウンサン・スーチー女史の政権を作ろうと画策してきました。外国の救助隊を入国させれば、その中には政権転覆を狙う工作員がかならず混じっているでしょう。軍事政権はそのことを恐れており、西側先進国を信用していないのです。隣国のタイなどからの人的支援は受け入れるという決定を下したのも、こういう背景があるからです。今は日本のメディアが報じない国際政治の裏を読むしかないと思います。