View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 10, 2008

北京五輪開会式をどう見るか -

北京オリンピックの開会式をNHKテレビで観てどう感じられましたか? 人間十人いれば気は十色といいますから、さまざまな見方・感想があると思います。NHKは歌手の谷村新司氏をゲストに迎え、三宅民夫、青山裕子両アナの司会で進行しました。私の感想をズバリ言えば、「三人とも無邪気すぎる」「稚なすぎる」ということです。とくに青山アナがそうでした。中国が国を挙げて用意した、この壮大な(?)ショーにただただ感心し「すごい!」という感想しか持てていませんでした。孔子の弟子たちが竹簡を広げ大声で「友あり遠方より来たる。また楽しからずや」と朗誦する場面、紙の発明は中国が行ったのだということを世界に知らしめる場面、鄭和の大艦隊によるアジア・アフリカ遠征がポルトガル・スペインの大航海時代よりも100年も前だったことを強調する場面、羅針盤も中国人の発明によるということを大きく示す場面等々を見ていると、中国人がオリンピックを絶好の機会として国家の一大宣伝を行っていることは明らかでした。その意図を正確に見抜き、これだけの国家意志の恐るべき力を何らかの形で表現することが必要だったと思います。いたずらに中国を刺激する必要はありませんし、友好は大切です。しかし三人のコメントを聞いていて、知的な人間ならかならず抱いたであろう健全な批判精神というものが、まったく感じられないと思った人は多かったのではないでしょうか。「孔子の偉さはよくわかった。紙も羅針盤も火薬もたしかに中国人の発明だ。鄭和の偉大さも認めよう。だが少し説教がましすぎた。しつこすぎた。世界の視聴者はそんな政治的プロパガンダを聞きたくないのだ。人間としての業績の偉大さをいうのなら、西欧の近世近代が成し遂げた『自由』や『平等』『多様な言論』といった面で、貴国はいかなる貢献をしたのか? ここ数百年の停滞をどう総括するのか?」という思いがどこかにないと、日本を代表する報道機関とはいえないでしょう。中国政府を怒らせないでコメントするとすれば、「世界はこの五輪をかならずしも祝福していません。聖火リレーが各地で抗議の波に出会ったことは、中国人もよく知っています。それに対する中国の皆さんの反発も理解できます。しかし幾多の曲折を経て、とにかくオリンピックは開幕しました。この祭典が無事に終わりますよう。そして中国の方々が過剰なナショナリズムに陥ったり、過大な自信を抱いたりしないように祈りたいと思います」といった思いを、どこかに滲ませながら放送してほしかったと思います。中国への友情と五輪の政治的利用への批判精神はけっして矛盾するものではありません。少しは頭を使い、開会式に出席しなかったメルケル独首相らの見識にも思いを馳せながら観戦したいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 職人希望 : August 10, 2008 04:59 PM

先日は名前をいれずにコメントを投稿してしまいました。なかなか書き終えてから文章を確認する癖がつきません。
子供にはテストの後、必ず見直すよう指導していますが、親がこのざまです。一緒に勉強していくしかありません。
「探偵ロマン 世界遺産」のアナウンサーの稿でも思ったことですが、彼らをみていると本当は知っていて知らないように演じているのか、それとも本当に知らないのか見分けることができません。もし前者だとしたら、かなりの役者と思うのですが、とするとやはり後者かしら。
緊急のレポートであれば少しの知識不足も許せるのですが、明らかなに日時が決まっている放送に、勉強せずに来ているのか、と考えると、傲慢というか、恥知らずというか、給料泥棒というか、私には理解できません。
いちいち面倒ですが、手紙なり電話なりで、放送局に意見を述べていくべきなんでしょうね。

2 : YSK : August 10, 2008 05:25 PM

ご批判、ご叱責を承知で書き込みます。

今後は、
*NHKには、受信料を支払わないようにしましょう。
*民放には、つまらぬ番組を提供しているスポンサーの商品は、買わないようにしましょう。

そうされても仕方がないほど、現状の放送はあらゆる意味で”酷い”ものだと思います。
手紙や電話で抗議をしても、彼らは根本的には生活や身分の保障がある限り、何ら変わることはありません。

視聴者に取って、爆弾テロに匹敵するくらいの強い抗議手段は上記のことを公言しながら実行する事だと思います。

3 : 職人希望 : August 10, 2008 07:14 PM

YSK様
NHKの受信料は、一部の教育番組に共感できるものがあり、支払っております。
つまらない番組への提供企業の商品は買わないようにします。(少なくとも自覚している範囲で、CMに促されて買うことはないのですが)
先日、某洗剤(アリ〇ール)の提供番組で、CMなのか、番組内で科学的に推奨できる商品なのか区別がつかないシーンがありました。JAROに連絡しようと思ったのですが、メールでは受け付けないとのことで、面倒くさいのでやめました。
新聞のPRの欄も少しいかがわしいですが、TVではより宣伝か番組か判定しにくく、犯罪の香りがしました。

4 : YSK : August 10, 2008 09:11 PM

職人希望様

こんにちは、はじめましてYSKです。
どうかよろしくお願いいたします。

NHKの受信料についてですが、私も現時点では支払っております。いくつかのNHKならではのすぐれた内容の番組を制作しているのも事実ですし、それらを応援するつもりもあります。

しかし、昨今のマスメディアの報道:放送の状況につきまして、職人希望様もお感じになっているとおり、私も犯罪に近いものを感じ取っております。

今、盛んにテレビで”宣伝”されております”地デジ”につきましても、ご丁寧にNHKでは画面の右上に”アナログ”と表示して頂いております。(苦笑) 計画通り移行がすすんだとしても、、まだ3年もありますのにね、、。

日本に数千万台あると言われているアナログテレビを廃棄して、なんの地球温暖化対策があるというのでしょうか。
アナログよりも数秒おくれて放送される”緊急地震速報”っていったい、、。

でもこれらのことを大きく取り上げた番組も放送局も、新聞社も寡聞にして存じません。

一時、NHKの受信料の納付を法律で義務づけるという案がでていたそうです。発案者の説明ではもっともな理由がついておりましたが、どんな法律でも利点はありますので当然のことです。ただ、もし納付の義務が決まったとすれば、私たちは唯一の抗議手段を失ってしまいますので、許してはならないと思います。

現実的に考えれば、インターネットがこれほど充実した時代、果たして今後もテレビや新聞といったマスメディアがどれほど必用とされるの見当もつきません。
おそらく、全く別のコミュニケーションのツールが発案されて現在のマスメディアは力を失って行く事でしょう。

そう考えれば、終末への道のりをたどっているのかもしれませんね。

長くなってしまいました。
支離滅裂な投稿、ご容赦くださいませ。

5 : 湖の騎士 : August 10, 2008 09:14 PM

職人希望様 「知っているのに知らないふりをしている」ほどNHKのアナたちは役者ではありません。本当に知らないのです。こう言いきれるのは、「知らないということで一貫している」からです。今回の記事では長くなりすぎるから選手入場の際のコメントの貧しさについては触れていませんが、ベトナム選手団への冷たい反応(これは中国が70年代にベトナムに攻め込んで逆にベトナム軍にコテンパンに敗れた恨みの後遺症です)、メルケル首相が来ていないドイツ選手団への反感といったことに少しは触れるべきでした。プーチン首相が大写しになっているのに、「選手団はロシアを出るときメドベージェフ大統領に励まされたそうですね」などとしゃべっていました。なぜ大統領が来ないで首相が来ているのかまで話す必要はないにしても、プーチンの名前くらい挙げるべきでした。要するにアナたちは「何も考えていない」のだということがよくわかった開会式でした。

6 : 湖の騎士 : August 10, 2008 09:32 PM

YSK様 私の家ではケーブルテレビに加入していて、40チャンネル以上が受信できます。NHKの受信料ももちろん加入費の中から「天引き」されていて、NHKだけ外して不払いするというわけにはいきません。たしかにNHKにはすぐれた番組も多いことは事実ですが、制作費の無駄使いは相当にひどいものがあります。そして局内では「特定の勢力」が強すぎ、彼らの価値観が幅をきかせすぎています。地上波、BS、ハイビジョンを合わせてテレビだけで6チャンネルも一社で運営するというのは異常です。同じような価値観の持ち主が6波も独占すれば、国民は彼らの価値観に洗脳されていきます。これは非常に危険なことです。いちばん大衆の支持が得られる解決策はNHKを4社くらいに分割することです。かつてフランスでは独善とエリート意識のかたまりだったORTF(フランス・ラジオ・テレビ機構=国営)を、一気に7社に分割しました。ジスカール・デスタン大統領の英断によるものでした。以後あの鼻もちならない思い上がり集団は姿を消しました。1974年のことです。NHK会長も経営委員も、このことを知らないと思います。日本の新聞記者のほとんどは知らないでしょう。私にもっと能力があれば、「分割の前と後」のORTFの劇的変化を書きたいのですがーー。

7 : 湖の騎士 : August 10, 2008 09:48 PM

職人希望様、YSK様 このブログを通してお二人がお知り合いになり、意見を交わされるようになるというのは本当に嬉しいことです。今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。民放にも大いに反省すべき点はあり、現場人間にはもっと謙虚さが必要です。そのことはかぎられた影響力ではありますが、それを駆使して少しでも現状の改善に尽くしたいと考えております。お二人ともこのひとつ前にYSK様宛に書いた「ORTFの分割」という元気の出る前例があることに、ぜひご注目ください。こういう事実を各政党や有識者が知れば、日本の電波政策も変わってくるでしょう。地上ディジタルへの「強制的切り替え」は、かつての郵政省が強引に推進したものです。放送局は泣き泣きこれに従わざるをえなかったというのが実情です。国民のだれも望んでいないことを、無理やりにやってしまうという官僚の体質は許しがたいものです。これについてもだれかが声を大にして異を唱えるべきでした。もっと国民的論議を巻き起こしてほしかったと思います。アメリカではディジタル化が進んでおらず、連邦通信委員会はディジタルへの移行を大幅に遅らせる意向だと聞いたのが6年半前でした。その後の経緯は調べていませんが、「民意」が行政に反映される点が日本とは大いに異なるのだなという感を深くしたものです。

8 : りっキー : August 11, 2008 02:18 PM

開会式の中継見ました。9時半には日本選手団が入場すると聞いていたので、その時間に合わせてテレビをつけましたが、10時になっても入場しませんでした。10時からは別の番組と交互に見ていましたが、なかなか入場にはならず、結局中国の紹介が2時間以上続きました。やれやらといった印象でしたが、一言でいうと「くどい」でした。ある程度の紹介は許容範囲ですが、2時間以上はあまりにも長く、自国の紹介が過ぎた様に思います。会社でもその話で持ちきりです。同僚の台湾人も同じ様に言っていました。以前ゼミでも、国際社会はどうやって中国人をだまらせるかということを考えているといった内容の講義がありましたね。そのことを思い出しました。
とはいえ、今回のオリンピックで、少人数の選手が参加している国の入場には感動しました。アフガニスタンやイラクの選手の入場は感慨深いものがありました。

9 : 湖の騎士 : August 11, 2008 02:33 PM

りっキー様 私はほぼ4時間観ていました。「しつこい」というのが第一の感想でした。「嫌味」でした。これは貴方の職場の皆さんと一致した感想ですし、まったく似た感想をメールしてきた友人もいます。いちばん心配なのは、この開会式の中継で13億の国民が「世界に冠たる中華民族」という意識を持ってしまうことです。他国民から少しでも批判されると「内政干渉だ」と叫び、「世界何するものぞ!」と思いあがってしまって手がつけられなくなっていくことです。その時世界が直面する恐怖は、青山アナの頭脳では想像もできないのでしょうね。とにかく世界の人々は中国人とは違う考えを持ち、違う感じ方をするのだという当たり前のことを理解する国民になってもらいたいというのが私の希望です。

10 : alien : August 11, 2008 03:30 PM

わたしは、北京オリンピック開会式のテレビ観戦をボイコットしました。中国のオリンピック利用を認めないという私なりのささやかな抵抗であり意思表示です。開会式をテレビ観戦して良い点・悪い点をしっかり観察するのも重要だと思いましたが、今回は観察よりも行為を優先しました。私の周囲の開会式についての反応は、「中国って凄いね」と絶賛ムードのようです。日ごろから健全な批判精神や情報を示さず、これほど一般視聴者を無防備な状態に置いているマスコミの罪は重いと思います。視聴者の方も、開会式の頃にはフリーチベットの件で騒然としたトーチリレーのことさえ忘れているのですから、もう少し想像力を持った方がいいと思います。私が、今回の開会式で胸に刻んだことは、「世界は自国の利益で動き、かくも易々と苦難の人々を見捨てる」ということです。そのことは「我々がいつか国際社会の良識に公正な支援を期待する場面に遭遇し、そしてたとえ我々に理があっても、見捨てられる可能性がある」ということだと思います。笑顔で集う各国首脳の絵柄はそういう意味で恐ろしいのであって、身が引き締まる思いです。かつて民族浄化を行った国のメルケル首相が開会式をボイコットしたのは、歴史を真摯に受け止め毅然として人権弾圧や侵略行為に反対する信念を明らかにする行為として立派だと思います。

11 : 湖の騎士 : August 11, 2008 07:21 PM

alien様 開会式をボイコットされたお気持ちはまことに貴重です。私はNHKがどういうコメントをするかを見届けるために見ていました。谷村新司はミュージシャンとして中国でたびたびコンサートを行ってきた人です。十万を超す聴衆を集めうる人で、彼にとって中国は「有力なマーケット」であり、中国人は「大事なお客さま」です。こういう人物をゲストコメンテーターに据えるというところに、NHKのとんでもない思い違い、あるいは「計算ずくの中国礼賛」があります。いわばあの4時間超の番組は、日本人を洗脳の大写しの場面で「フランスと中国は仲がいいんですね」と言いました。フランスはいわば中国に恫喝され、自国の対中進出企業を守るために大統領が節を曲げて開会式に出席しているのだということは、一般の視聴者でも知っているはずですが、このザマでした。谷村氏に輪をかけたミーハーが青山裕子アナで、この人は本当に「救いがたい」と思いました。今後成長する可能性はないと思います。「世界は自国の利益で動き、かくも易々と苦境の人々を見捨てる」というお言葉と今後「たとえ我々に理があっても、見捨てられる可能性がある」というご指摘は強く胸に刺さります。どんな悪逆国家でも核をもっていれば一人前に遇されるのに、どんなに平和に徹する意思をもった国家でも、大国の利益のために見捨てられるという当たり前のことを、認識してほしいものです。メルケルの立派さをメディアはなぜ伝えないのか。「今までに最多の80か国以上の首脳が集まった」ということを繰り返すなら、同時に「首脳が出席しなかった国々の意思の重さ」も同時に伝えるべきでした。

12 : 湖の騎士 : August 11, 2008 07:30 PM

alien様 上記のお礼の言葉の途中で、いつのまにか削除した箇所があるのに気づきました。訂正補充させていただきます。はじめから三分の一くらいのところ。「いわばあの4時間超の番組は、日本人を洗脳するためのものでした。仏選手団とサルコジ大統領の大写しの場面で、谷村氏は「フランスと中国は仲がいいんですね」と言いました。--あとは正常です。失礼いたしました。

13 : 悠々 : August 11, 2008 11:45 PM

私は抗議の意味を込めて北京オリンピック開会式の番組は敢えて見ませんでした。日付けが変わってからチャンネルを回したら未だ延々と入場行進が続いているのを見てあきれ果てまたチャンネルを切り替えました。
今回のオリンピックはモスクワ大会をボイコットした経緯からしても、ボイコットに値するものだと思います。
少なくともドイツのように首相の欠席程度のけじめは付けるべきです。入場式以外のオリンピック報道も見ないようにしています。ニュースで取り上げるときは仕方ないから見ていますが。
NHKに対する対応ですが私は受信契約をしていません。
ケーブルテレビ経由でNHKの番組も視聴可能ですが,CATVと契約しているのはNHK以外の番組についてのみです。
NHKの番組全てが良くないとは思いません。良い番組もありますが、とにかく経費の乱費が目に余ります。
それにTVだけにしてもBS3波、地上波2波で同じような内容の番組を流すのも無駄だし、国民の知る権利を狭めています。民放の真似をしている番組など要らないのですから衛星1波、地上波1波にして、料金を月500円くらいにするなら私も契約をするつもりです。

14 : 湖の騎士 : August 12, 2008 09:40 AM

悠々様 NHKの受信契約をしていないというお考えは立派です。本当にNHKの職員は番組制作にあたって、「これは公費(パブリック・マネー)なのだ」という意識を持ってもらいたいものです。こういう意識があれば、もっとひどい公費の濫用者である官僚に対する批判も厳しくなるはずです。本当に政治力のある首相が出現した時に、マスコミ、国会を中心に「NHK分割」論議を巻き起こしたいものです。五輪開催中は日本人が何も考えられなくなるといったばかばかしい番組編成をなくし、一波くらいは五輪をいっさい報道しないというチャンネルがあってもいいと思います。

15 : alien : August 13, 2008 10:04 AM

湖の騎士様 青山祐子アナウンサーに興味をもちインターネットで経歴を見てみました。一流大学の体育学専攻となっていました…微妙。微妙と感じたのは次の点です。7, 8年前NHK教育テレビの「明日を読む」という15分番組で藤原雅彦さんが基礎教育に必要なのは「歴史、哲学、芸術」とおっしゃっているのを目にしました。わたしは、諸手をあげて賛成で思わず画面の方に乗り出したのを覚えています。体育学専攻という経歴から歴史、哲学、芸術に興味があるかどうか想像するのは…微妙、という意味です。個人批判ではなく、たとえ専門分野が何であっても、少なくとも公共の電波で不特定多数に向けて発言する人には歴史、哲学、芸術を踏まえる素養があって欲しいと一視聴者として望みます。もっとも、大学3年生の就職試験時に、歴史、哲学、芸術に通じている学生がいるとは思いませんが、そのような分野に自然に興味が向く教育制度であって欲しいと思います。私が敬愛してやまない御年82歳の大恩師は、中学生の頃から仲間の家を順番に集合場所として哲学について論戦を戦わせていたそうです。「古きよき時代」の風景ですが、過去への憧憬とするだけでなく、そのような風潮を取り戻したいものです。

16 : 湖の騎士 : August 13, 2008 12:01 PM

alien様 青山裕子アナについては、私もスポーツ担当のころから見ていますが、非常に乱暴なことを言えば「頭がミーハー路線の方にプログラミングされてしまっている」と感じます。一度こういうふうにセットされてしまうと、まず「知的な」方には切り替わらないものです。よほどきついことを言ってくれる上司が必要です。今の民放でもNHKでも、「人気がある」という理由でアナウンサーをキャスターとして起用していますが、ABC(米)の名報道局長として鳴らしたルーン・アーリッジは「キャスターにとって大事なのは、人気よりも『信頼』だ」と言い放ちました。これがテレビという責任あるメディアの常識です。しかし日本では、こういうきわめて単純で当り前の価値観が行き渡らないところがあります。藤原正彦教授の言葉はまさに良識を代表していると思います。賛成なさるお気持ちは私も同じです。それから alien 様の大恩師が仲間の家を順番に集合場所として哲学について論戦を戦わせたというのは本当に羨ましい話です。旧制高校時代の青年たちの気概と真摯さが伝わってくる思いです。素敵なお話をありがとうございました。こういう恩師を持ててお幸せです。

17 : 職人希望 : August 16, 2008 07:55 AM

おはようございます。
こちらは昨日までお盆でした。カレンダーは日本全国どこでも一緒、当たり前のことといわれるかもしれませんが、私の住む地域ではあらゆる行事ごとが旧暦にのっとっておこなわれます。生まれてはじめて旧暦の7月15日と新暦の8月15日がぴったり重なりました。新暦でお盆を迎える方たちの気持ちが少しわかりました。(新暦で行う場合は終戦と重なるのですね)生まれてはじめての感覚でした。
数十年前?までは他の地域でも旧暦で行われていたと思います。昨日は仏壇のある本家に参り、線香をあげてきました。たくさんの親戚が集まり、たくさんの子や孫たちが一同に会し、保育園状態。少し前まではどこの地域でもみられた光景だと思います。
子供には先祖を敬う心を、体で教えることができる唯一(お正月もありますが)の機会です。言葉は要りません。あの時間や空気は、彼らの心の底に強烈に刻まれることでしょう。大切にしていきたいと思います。自由で、なんとか平和を維持しているこの国に感謝する心を与えられた一日でした。

18 : 湖の騎士 : August 16, 2008 09:25 AM

職人希望様 よいお盆を過ごされました。皆さんがご本家に集まり小さなお子たちもご先祖に感謝する気持ちを抱くというのは、すばらしいことです。この夏の思い出は子供心にも強く刻まれることでしょう。平和で静かな夏に感謝し、この平穏を作り出すために献身された方々の霊に黙祷を捧げたいと思います。

19 : YSK : August 16, 2008 01:37 PM

お盆の終わりに無粋なコメントを投稿する愚をお許し下さい。

Yahooのニュースを眺めていて下記のような、公共の組織とはとうてい思えない(いや、公共だからこその、無責任きわまりない私物化なのかもしれませんが、、)行為の報道を見つけてしまいました。

ご覧になってください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000021-mai-soci

やはり、このような行為に対しての抗議は、とりあえずは不払い、先々では分割を求めていくしかありえないようですね。

20 : 湖の騎士 : August 16, 2008 04:07 PM

YSK様 お知らせをありがとうございます。早速いただいたアドレスにアクセスしてみましたが、「見当たりません」との反応が返ってきました。どうも yahoo/ の直後の文字が違っているようです。お手数ですが正しいアドレスが分かりましたらよろしくお願いします。どうしても見てみたいという気になっています。

21 : YSK : August 16, 2008 05:31 PM

YSKです。

ただいま、前掲のURLをコピー&ペーストして確認してみましたが、表示されるようです。

もしものことがありますので、もう一度書き込んでおきます。
そのまま、ブラウザのアドレス欄に、そのままコピー&貼り付けしてご覧になってみてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000021-mai-soci

22 : 湖の騎士 : August 16, 2008 05:51 PM

YSK様 再度お手数をかけました。早速アクセスしてみました。懲戒免職にした元局長をなんだかだと理屈をつけて再雇用に等しい処遇をするとは、NHKの倫理感は明らかに世間の常識とは外れています。神経が腐食しています。今度は再雇用した職員にも何らかの処罰が必要です。「受信料はパブリック・マネーだ」という当たり前の認識があれば、こうした不祥事は起こらないはずです。そろそろ次の記事に差し替えようかと思っていたところですが、本日はYSK様のおかげで貴重な情報を得ることができました。ありがとうございます。

23 : 風竜胆@文理両道 : August 17, 2008 06:00 PM

論理的にきちんとした自分の意見を言える人間って、なかなか見当たりませんが、せめて、放送などの公共の場には、そういう人を出して出してほしいものですね。

24 : 湖の騎士 : August 17, 2008 09:04 PM

風竜胆@文理両道様 初めてのご意見ありがとうございます。むずかしい願望ですが、TV画面に出る人には論理的に物を言ってもらいたいですね。放送の質がよくなれば日本は今よりずっとよい国になると思います。