View of the World - Masuhiko Hirobuchi

December 30, 2008

大晦日のキスーー伝説と現実の差ーー -

大晦日の過ごし方というのは各国さまざまですが、その中でも超有名なのがニューヨークのタイムズスクエアでのそれです。大晦日から元旦になる瞬間に広場を埋め尽くした群衆は、いっせいに「ハッピーニューイヤー!」と叫びます。この時は群衆の中にいるだれとでも自由にキスをしてよいということになっています。べつにそういう法律があるわけじゃなし、市条例もあるわけがありません。これはいつだれが言い出したか分からない「伝説」です。私も今までに数回この瞬間を目撃しました。べつにどこかの美人にキスをしようなどと不埒なことも考えなければ、そんな度胸もあるわけがありません。しかし集まって来ている群衆は心のどこかに「あわよくば」という野心(?)を隠しているのかもしれないのです。もしそういう楽しみがなければ、なんであんな寒いタイムズスクエアに何万という人々が集まるのだろうと不思議に思えてきます。一貫して冷静な観察者に徹してきた私の経験では、見知らぬ異性とキスをしている人間を見たことはありません。まさに現実は伝説ほど甘いものではないようです。この伝説もあるいは100年以上も前には真実だったかもしれません。やや無責任なこういう言い伝えが今でも半ば冗談として生きており、本気になる人もいれば、ちゃんと醒めている人もいるところが愉快です。この未曾有の経済危機の中で、今年もニューヨーカーや観光客がタイムズスクエアに集まり、元気を出して「ハッピー・ニューイヤー!」と叫んでいるさまを想像します。この危機を乗り切るのは人々の元気と英知しかありません。大声で叫ぶ「ハッピーニューイヤー!」の声が世界中にこだますることを祈っています。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : December 31, 2008 12:00 AM

数年前にフランスのターブルドットで大晦日を過ごしたことがあります。同宿者一同がダイニングルームで食前酒から始まってディナー、食後酒、ダンスと真夜中まで楽しく過ごしました。同宿者の皆さんはフランス人でしたが、我々に気を配ってくれて英語を交えて会話してくれたのでとけ込んで楽しい夜でした。そしていよいよ新しい年を迎える瞬間になりました。
キスはカップル同士ではしていましたが、参会者一同とはハグと頬をふれあう程度の儀式でした。
周りの者誰これ区別無くキスするというのは幻想?でした。
ハグとチーク・トゥ・チークだけでも十分親近感が湧きました。

2 : 湖の騎士 : December 31, 2008 09:51 AM

悠々様 フランスの大晦日の過ごし方というのは、大いに参考になります。大体欧米圏で見知らぬ同士が食堂で大晦日を迎えた場合、こういう光景になるのでしょうね。初対面の人とどう対するかという教養というか文化というか習慣が身についていると、けっこうスムーズに溶け込んで楽しく過ごせるのだと思います。年末に際し、貴重で楽しいご経験をお聞かせくださりありがとうございました。この1年お付き合いいただき、重ねて御礼申し上げます。

3 : FUMIHITO : December 31, 2008 02:56 PM

こんにちは。
本年も余すところあと何時間かになりました。

今年はバンク・オブ・アメリカによるメリルリンチ買収、リーマンブラザーズの経営破綻、AIGグループの政府管理入り、ビッグ3の経営危機など今までの常識では考えられないような出来事が次々と起こりました。
昨年8月に発生したサブプライムローン問題の影響が、これほどまでに多大な影響を世界経済に及ぼすとは誰も想像できなかったと思います。

この危機を乗り切るのは人々の元気と英知しかありません。大声で叫ぶ「ハッピーニューイヤー!」の声が世界中にこだますることを祈っています。

人々の『元気』と『英知』。
世界同時不況を吹き飛ばすことを願わずにはいられません。

よいお年をお迎えください。
また来年もよろしくお願いいたします。

4 : 湖の騎士 : December 31, 2008 05:15 PM

FUMIHITO様 今年もご愛読いただきありがとうございました。世界中を襲っているこの不況はまだまだその恐怖の全貌を現してはいませんが、「負けてたまるか!」という意気込みを持っている人も多いと思います。みんなが元気を出し、愚かな議論を繰り返すことをやめ、賢明に果断に有効策を打ち出してゆきたいものです。有名な論客たちが暮れに来て、相次いでこの危機に関する本を出しています。私はこの人々とは違う視点から少しでも「希望に繋がるコラム」を書いてゆくつもりです。来年もどうかよろしくお願いいたします。

5 : alien : January 1, 2009 02:37 AM

湖の騎士様 これからは「一貫して冷静な観察者」に徹っさずに、ロマンティックな冒険レポートも期待しています。私たち読者は大人ですからあたたかく見守りますよ。

6 : 湖の騎士 : January 1, 2009 11:48 AM

alien様 あたたかいお言葉ありがとうございます。大いに勇気づけられてロマンティックな冒険レポート(あまり似合いませんがーー)も心がけましょう。