View of the World - Masuhiko Hirobuchi

January 31, 2009

漢字廃止で韓国に起きたこと -

韓国が長いあいだ用いてきた漢字を廃止して、表音文字であるハングルに一本にしぼってほぼ40年になります。ハングルは世界のどの表記法よりもすぐれた文字であり、我が民族の優秀さの証明だとして、漢字を追放しハングルに統一したのですが、これが韓国人の物の考え方にどのような影響を及ぼしているのか、ひいては日韓関係への影響はどうなのか、日韓のコミュニケーションは漢字廃止以前と以後ではどのように変わってきているのか? こうしたことについて、日本人はあまり深く考えていません。
しかし、漢字を廃止したことが、韓国人の発想や精神構造に劇的な変化をもたらしているという、衝撃的な本が出ています。呉善花(オーソンファ)拓殖大学教授が昨年10月に出版した『漢字廃止で韓国に何が起きたか』(PHP新書、950円)です。私がこのコラムで、独立した項目として他の方の本を取り上げるのは、たしか初めてですが、読み始めたら止まらないほどの、驚くべき事実が次々に述べられています。漢字廃止の驚くべき弊害がまず語られます。ハングルだけだと意味がわからず、韓国人同士で意思が正確に伝わらないというのです。たとえば「ソジュミルシク」という言葉。これをある韓国人大学教授はどうしても理解できなかった。「焼酎密食」だと思っていた。しかしこれは「小林密植」だった、という具合です。ハングルのみの表記だと日常会話の域を超えた「抽象的なこと」「理念」といったことが伝えられない、その結果韓国人の会話は非常にレベルが低くなっているーーと呉女史は言います。「世界を論ずるにふさわしい抽象度をもって議論を展開するための言語的なベースが、ほとんど崩壊状態にある」とも述べておられます。
日本人への警告も含んだ貴重な読み物です。呉教授は済州島の出身で韓国の大学を卒業後日本に留学し、日本語をマスターしました。この本には自らの漢字との苦闘と、日本で漢字を習得したためにどのくらい思考に幅と深さが加わったかも語られています。女史は大の親日家ですが、今の韓国では「親日」イコール「国賊」という雰囲気があり、「売国奴」とも呼ばれたことがあります。彼女を敵視する韓国人が圧倒的に多いことを公正さのために付け加えておきます。しかし、そのこととは関係なく、ここに紹介した本はまさに警世の書です。この本の趣旨に賛成する人も反対する人もおられるでしょうが、とにかく一読をおすすめします。近ごろ読んだ本の中で、最も知的興奮を覚えた本でした。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien : February 1, 2009 05:55 PM

本書を読みながら「日本として、概念的、観念的思考が困難になりつつある隣人とどうやってうまくコミュニケーションをはかっていけばいいのだろう」ということが一番気になりました。最近思うのは、日本は平和ボケの能天気な国になりさがったというより、依然として深い歴史の所産によって無意識に行っている高度な精神活動により孤高だということです。たとえば、戦後パール判事が広島を訪れ原爆記念碑に刻まれている「安らかに眠ってください。過ちは二度と繰り返しませんから」という言葉を見て日本人を思いやって憤激したというエピソードを読みました。「過ちを犯したのは原爆を落としたアメリカであるのに、日本人が過ちを二度と繰り返しませんと詫びるのはおかしい」ということでした。しかし、一般の日本人が大人も子供も自然にこの一文から読み取るのはそのような浅薄な意味ではなく、「この身を挺してでも、地球上のいかなる人々をも2度と自分達と同じような悲惨な目にあわせない」という悲壮なまでの誓いと決意だと思います。ユダヤ人はかつて幾度も民族殲滅の危機にさらされ自らが被った辛酸の不当さを世界に訴えながら、他民族には「殲滅」をほのめかしミサイルをぶち込むことを躊躇しません。アメリカの戦争は自国繁栄のためのビジネスです。そして、Oh! 汝の名は中国。そしてロシア。あまりにも違う精神構造、精神活動をする人たちから我々が理解されるのは難しいと思います。しかし、私達はあちら側に添おうとせず、自分たちを過小評価しないで自信をもって独自の感じ方・考え方を主張していいのではないかと思います。韓国の例が警告しているように、そのためには一人ひとりが心してこれ以上言語能力落とさず思考力を養い、非常に困難なことではありますが、先方の理解力に応じて手を替え品を替え粘り強く会話をしていくしか方法はないのではないかと思います。

2 : 湖の騎士 : February 1, 2009 09:30 PM

alien様 本当にすばらしいコメントをありがとうございます。日本人の情緒的・精神的なすばらしさは、ユダヤ教徒にもキリスト教徒にも、イスラム教徒にも簡単には理解されないでしょう。それはお隣の「自国の文化こそが世界最高」と思い込んでいる2つの国の人々も同様です。そういう困難な現実の中にあっても、私たちの孤高の美しさを他国の人々に粘り強く語ってゆかねばならないというお言葉は非常に力強く、全面的に同感です。そのことを、いかに世界に向けて発信してゆくかです。知り合ってまだ1年半にもならぬアイルランド系アメリカ人の青年がいますが、彼は「一神教文明では世界はうまく行かない。日本のように多様な価値観や宗教を受けいれる寛容さがなければ」と言っています。親たちはカトリック教徒でしょうが、本人は日本教徒です。こういう若者が1万、2万とふえていって、その中から日本のすばらしさを世界に語れる人材が出てきてほしいものです。同時に日本人の中からもそうした人が出てほしいです。とにかく呉善花さんが、韓国人とは「抽象的・哲学的な会話ができない」ということを教えてくれたことは、今後の日韓対話においてはかり知れぬプラスでした。そしてこの本を至急読まなくては、というきっかけを作ってくださった alien 様に、心から感謝申し上げます。

3 : dashi : February 2, 2009 11:32 AM

ずいぶん前のことになりますが、韓国の金泳三もと大統領が漢字教育の衰退を嘆いて、「自分が大統領だった時に義務化するべきだった」と公の場で発言したという記事が朝日新聞に載りました。
私は当時ハングルを習っていて、韓国ではハングルだけになっていっていると聞き大いに疑問を持っていたので、この金泳三もと大統領の発言には膝を叩く思いでした。記事が小さいことと、そのあと反響がなかったのは今でも残念に思っています。

ハングルは人為的に作られた文字ですからとても合理的で学習しやすい反面、同音異義語が区別しにくくて混乱しやすいというのは、上の記事にあるとおりです。個人的には、チョン、ジョンという音がうんざりするほど多くて、漢字と併用ならどんなにわかりやすいかと思いました。
中国と日本にはさまれた位置にある国が、共通の文化である漢字をなぜ捨てるのか、プライドより実を取るべきではないのかと思っています。(中国語の簡体字についても残念に思います)
今からでも、復活するべきではないんでしょうか。若い人が漢字を読めない(意味が理解できない)まま成長するのがどれほどの損失になるのか、考えてほしいです。

私は「工夫」という言葉が中国では「時間」、韓国では「勉強」、日本では「くふう」と少しずつ意味を変えながら存在するというのに興味を惹かれましたが、ハングル文字ではそういうこともわからないですね。

4 : 湖の騎士 : February 2, 2009 06:15 PM

dashi様 お久しぶりです。非常に貴重なコメントをありがとうございます。そうですか、金泳三元大統領がこういう発言をしていましたか。現職の時に是非英断を下してほしかったですね。呉さんのご本を読んで、日韓の外交当事者たちがいくら長い交渉を続けても、議論が噛み合わないどころか、そもそも意思が通じていないのではないかと思えてきました。これは重大なことです。早く日本の外交当局がそのことに気付いてほしいものです。自国の文字表記が世界一だというので、民族「感情」で旧来の漢字を捨ててしまうなどとは、通常は考えられないことです。この失われた40年を早く取り戻すために、漢字を復活させることが、韓国民の幸せに繋がると思います。ぜひそうなってほしいものです。

5 : 悠々 : February 3, 2009 12:15 PM

韓国も秘本や中国と同様に漢字を用いて文章を書いてきた長い歴史があります。当然漢字の持つ表意文字の機能を活かした言葉が発達して来たのです。
英語などがアルファベットの24文字で記載してきたのにも長い歴史があり、同音異義の言葉を区別する様々な工夫が重ねられてきたのです。
日本語をローマ字や仮名だけで書くと読みにくいし正しい意味が伝わらないのと同様、韓国語をハングルで書く事は同じ意思の疎通を欠くことになるのは目に見えています。
ハングルの全面採用は国民の文盲を無くす手っ取り早い手段として行われたのでしょうが、その結果は国民の思考形態まで変化させてしまったのでしょうね。
私が韓国に行って、店の人に名前を聞いたら???良く聞き取れないので漢字で書いて欲しいと頼んだら、なんと自分の名前さえも漢字では書けないのです。
韓国の大学生の漢字能力は日本の小学3年生程度だと言われています。
韓国の漢字教育復活は絶対に必要だと思います。
蛇足ですが、私は海外でドライブするのが好きなのですが、韓国では運転できません。道路標識が読めないからです。
韓国で書道展を見たのですが、漢字のものもありましたが、大部分はハングルでした。美しいという印象は受けませんでした。
ご推薦の書籍は早速購入したいです。

6 : 湖の騎士 : February 3, 2009 10:18 PM

悠々様 実体験に基づくコメントをありがとうございます。いくら中国から入ってきた文字とはいえ、漢字を全面的に追放してハングル・オンリーで行くというのは失うものが多すぎます。マイナス面が大きいと判断している人もけっこういるようですが、情緒的ナショナリズムの大合唱の前では理性派は劣勢に立たされます。私も韓国へは何度か行っていますが、行くたびに漢字の使用が減っているのが分かります。悠々さんと同じく、この国では運転することはとてもできません。観光客がレンタカーで自由に走り回れるようにすれば、国の観光産業も大いに栄えると思うのですがーー。