View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 02, 2009

GMの破綻に思うこと -

80年間世界の自動車メーカーのトップに君臨したゼネラルモーターズ(GM)の経営が、ついに破綻しました。国有化され、新たな一歩を踏み出しますが、はたしてうまく行くのか? こういうテーマは話が大きすぎて、自分の手には負えないとお思いでしょうが、逆にこれだけ大きなテーマなら、誰でも一言いいたいという気になるのではないでしょうか? ご意見がいかに現実から遠くても、また多数の方の意見とどれほどかけ離れていようとかまいません。「自分はこの歴史的なできごとについてこう考える」というご意見をお寄せください。ここでの一言は、けっこう大きな意味を持つかもしれません。将来、2009年の6月を振り返って見て、「ああ、意味のある発言をした」と思い返されることでしょう。日本のメディアは「覇者の驕り」とか「組合が強すぎた」とか「大衆の好みを読めなかった」といった見出しを掲げています。そのほとんどは正しいと私も思います。オバマ政権はこの問題で手一杯で、北朝鮮の核実験に対する取り組みが甘くなっている気もします。日本の部品メーカーへの影響はどうなるのか、気になることは多々あります。暴論、独断、大歓迎です。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : June 2, 2009 10:48 PM

米の三大車メーカーの凋落は痛ましい出来事です。
私の若い頃、アメリカ車は格好良くて力強くて憧れでした。
しかし、黒人の成功者がこれ見よがしにキャデラックの高級車を乗り回すようになって、アメリカ車の最高級車はスターテスシンボルの地位を失って仕舞ったと思います。
アメリカのセレブは欧州車に乗ることがステータスとなり、日本の燃費の良い車に乗ることもエクゼクティブの象徴となっていきました。アメリカ車の燃費の悪い車に乗ることは格好悪いと言う風潮が出来上がっていったと思います。
多くの愛国者的アメリカ国民は依然として大型のアメリカ車に乗り続けたことでしょうが、それらの愛国者たちはセレブでもエクゼクティブでもない低所得者たちでした。
彼らは不景気の風を最も早く受け止める人たちでした。
GMやクライスラーが立ち直るためにはステータスシンボルたり得る車を作ることだと思います。
それは高級車である必要はないのです。
私がフランスの空港で会ったアメリカの大学教授は自慢げに私はプリウスに乗っている、と日本人と分かった私に話しかけるのです。私もプリウスに乗っています、と言うと彼はとても喜んで呉れました。ハイブリットの低燃費の車に乗ることがステータスになっているのです。

2 : 湖の騎士 : June 2, 2009 11:13 PM

悠々様 かつて「GMにとってよいことはアメリカ合衆国にとってもよいことだ」とまでいわれたGMの凋落は、どんな大企業も油断すると危ないことを世界に知らせました。同様にどんな大帝国の明日の運命も分かりません。かつてブッシュ大統領(父親)がビッグスリーのトップを従えて東京に乗り込んできた時、アメリカは日本車の対米輸出を抑えるようにと日本政府に迫りました。あのころ、「市場の声」に耳を傾ける謙虚さをビッグスリーが持っていたら、今日の凋落はなかったはずです。それにしてもプリウスに乗ることがステータスシンボルになる世の中とは、世界も大きく変わったものです。この車は乗り手の社会的地位よりも「見識」「知性」を表していると見るのは考えすぎでしょうか?

3 : 悠々 : June 3, 2009 09:22 AM

今もてはやされているプリウスがスターテスシンボルに相応しい車かどうか私は疑問に思っています。
私がサーブからプリウスに乗り換えたのは熟慮してのことではありませんでした。燃費が良いらしいから乗ってみようか、程度のことでした。燃費はカタログで言う程良くはなかったですが、大体1リッターで20kmは走ります。
良くないのは座席の椅子です。ルノー、サーブと乗り継いできてヨーロッパ車の椅子に慣れていたせいもあるのでしょうがとにかく我慢ならない座り心地でした。とても長距離運転には耐えられません。仕方ないから私はルカロ(スポーツ車の椅子や飛行機の椅子を作っているメーカー)の椅子に取り替えました。運転席だけですが12万ほどの出費でした。
そのほかハンドルの切れの悪さにも悩みました。今まで曲がれた場所が切り返しをしないと曲がりきれないのです。狭い駐車場などでは何度も隣の車にぶつけそうになりました。
走行音の煩さも耳障りでした。エンジン音は低いのですが路面からの音がうるさいのです。高速での走行安定性も良くないです。
日本の車は燃費の良さと故障率の低さでもてはやされていますが、乗り心地とか安定性とかではまだ未成熟です。
GM等が日本車のこうゆう弱点を克服した車作りを進めれば新生GMは甦ることでしょう。

4 : ひろ : June 3, 2009 09:44 AM

おはようございます。

車や家を借金までして買い、挙句の果て担保として取り上げられ、手にしたものと言えば現物以上の債務と失望。

私のステータスは、車や家をバブルの高金利でこつこつ貯めたお金で身の丈に合ったものをキャッシュで買い、週末に子供は地域の大人たちにサッカーを教えて貰い、足りない技量は、プロの下部組織のスクールで補い、夜には、その仲間たちとフットサルに興じるひと時に感じます。ちなみに、スクールには、子供と往復、2時間の道のりを私の愛車の電動自転車で行っています。子供もやっと私の荷台から降りて今は、自分の自転車で後ろからついて来ます。

ステータスは、ひけらかすものではなくて、価値観の合う仲間と分かち合う贅沢な時間と空間にあると感じています。

5 : alien : June 3, 2009 11:08 AM

暴言でもよろしいのですか?(嬉々として)荒唐無稽ならお任せください。
私は、ここ半年ぐらい「アメリカにNOと言うための切り札には何があるだろう?」と考え続けていますが、もちろん私にはわかりませんし、誰も答えを教えてくれません。日本が自存自衛のために法整備や必要な軍備を完了した途端に、アメリカから「日本もようやく戦争ができますね。アメリカはお金が無いので、日本に我々のビジネス戦争に行ってもらいお金も命も肩代わりしてもらいましょうか」と恫喝された時に、「NO」という手立てがなければ私は怖いのです。この手立てもセットでないと憲法改正や集団的自衛権の制定が行われるのが怖いのです。それなのに、今、政治家が考えてくれているふうでもないのが怖いのです。最初に「核」かな?とも思いました。アメリカにNOという手立ての核なら、今巷で言われているアメリカとの核シェアリングは逆効果? できれば、もう少し平和的な手立てとして、やはり日本の技術力を活かしてアメリカ産業の動脈に食い込むということはできないのでしょうか?日本が撤退すれば血液が循環せずアメリカが死ぬぐらいに決定的に重要な部分を日本の技術が抑えられる方法はないでしょうか?…GMの倒産・国有化に代表されるアメリカ社会全体の弱体化こそ日本のチャンスとして、経済・技術協力の手を差し伸べつつ決定的に侵食する。アメリカの急所はどの分野でしょうか?さて、ファンタジーはここまでとして、湖の騎士様に一度お伺いしてみたいと常々思っていたのです。アメリカにNOというための切り札としてどんなオプションがあるでしょうか? 私はこのクイズに答えられる人に総理大臣になって欲しいです!

6 : 湖の騎士 : June 3, 2009 09:37 PM

悠々様 実際にプリウスに乗った人でなければ言えない実に貴重なご意見です。予約の台数が予想をはるかに越えたとテレビは伝えていますが、弱点もあるのですね。GMの再生のためには競争相手の長所・弱点を徹底的に調べ、GMならではの製品を作り出す必要があります。しかし、政府と労組は新しい冒険の足を引っ張るのが常だとか。楽観と悲観がこもごも交錯しているようですね。

7 : 湖の騎士 : June 3, 2009 09:42 PM

ひろ様 地道に生活しておられる方ならではの貴重なコメントをありがとうございます。お子様との関係が生き生きと目に浮かんできます。家族の絆として自動車と自転車の果たす役割は大きいと思います。こういうお父さんはけっこう多いのでしょうね。なにか希望が湧いてくる感じです。

8 : 湖の騎士 : June 3, 2009 10:10 PM

alien様 実に鋭く、かつ今の日本にとって必要なご質問です。政治家はこういうことは考えられません。ふだんの言動から考えて無理だと思います。たしかにアメリカという生命体にとって死活に関わる「決め手」がほしいです。それを半年も考えておられたというのは驚嘆に値いします。もちろん私にも答えはありません。今の日本でファンタジーでもなんでもよいから、いちおう人を納得させる答えを出しうる人は大前研一さんではないかと思います。彼の書いたものを大至急調べなおしてみます。今の日本の最大の欠点は、だれかすぐれた個人が実行可能な戦略を編み出しても、マスコミも政治家も官僚も「乗ってこない」ことです。コンセンサスを得るのが非常にむずかしいというハンディを乗り越えて、この状況をなんとかしないといけません。しばらくお待ちください。

9 : alien : June 3, 2009 11:17 PM

湖の騎士様
ありがとうございます。是非、是非、お答えが知りたいです。
しかし、FBIやCIAに見られたら大変です!
正解の書き込みは暗号でお願いいたします!

10 : 湖の騎士 : June 4, 2009 10:47 PM

alien様 この命題については、独立した項目としてお返事の代わりにさせてください。今日はどうしても「天安門事件から20年」を書いておきたいと思い、項目を代えました。次回の独立項目はFBIやCIAが読んでも分からない日本語で書きたいと思っています。