View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 20, 2009

最もむずかしいパズル -

いま「世界でいちばんむずかしいパズルを解いた男」というタイトルで原稿を書いています。むずかしいパズルというのは世界にはいくつもありますが、ここでは (1)何人もがトライしたが解けなかった (2)そのパズルの存在が周辺の国々ではかなり知られていた (3)あるとき、いままでの挑戦者がまったく考えもしなかった方法でこれを解く男が現れた (4)それ以来このエピソードは語りつがれており、世界中でかなり有名になっている (5)硬直した頭をほぐし、まったくちがうアングルから問題を解決する発想法の訓練などの好例としてよく引用される ーーー。
さてこういう条件を備えた史上最大のパズルのひとつとは? ということで、嫌なことの多い昨今、頭をちょっとリフレッシュしてみませんか? 22日には「私の考える正解」を掲載するつもりですが、軽い気持ちでの書き込みご参加をいただけたら幸いです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : Sako : June 21, 2009 08:27 AM

「アレクサンダー大王のゴルディアスの結び目の話」ではないでしょうか?

2 : 悠々 : June 21, 2009 11:45 AM

私も「ゴルディアスの結び目」ではないのかな?と思いました。ゴルディアスの結び目以上の難問がいま世界中に存在しています。それを見事に解き放つ逸材が居ないのが困ったことです。アメリカ大統領も北朝鮮にもアラブ諸国にも手を焼いているし、イスラエルの横暴にも何も言えない状況です。
勿論私のような浅学非才の者には歯が立つようなことではありません。
ここは一つ広淵先生に快刀乱麻の手さばきを見せて頂きたいものです。22日を楽しみにしています。

3 : 湖の騎士 : June 22, 2009 02:14 PM

Sako様 恐れ入りました。ずばり仰せのとおりです。2日間お礼がおくれて申し訳ありません。さて問題は、ゴルディアス(ゴルディウス)王がなぜこんな厄介なパズルを考え出したかです。このことを22日中には記事にしたいと思っています。恐れ入りますが、もう一度覗いてみてください。

4 : 湖の騎士 : June 22, 2009 02:22 PM

悠々様 ご指摘のとおりです。すでにこのパズルにお詳しい方にしてみれば、「ヒントの出し過ぎ」とお感じかもしれません。しかし「たまにはこういう読み物も頭のリフレッシュにはいいか」と感じられた方もいらっしゃると思います。さて問題は、ゴルディアス王がなぜこんな人騒がせなパズルを作ったかです。私の独断による推理を含めてこの話を膨らませてみたいと思います。独立した記事を22日中に掲載するつもりですので引き続きよろしくお願いいたします。