View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 16, 2009

ちょっと待て、民主党で大丈夫? -

都議選の民主党圧勝で、世間も民主党員も「いざ、政権交代!」という気になっています。自民党の中の見苦しい権力争いが民主党優勢の度合いをますます強めています。冷静に事実を伝えるべきマスコミがこぞって「麻生叩き」をやっています。しかし、このままムード選挙に突入して、民主党が政権を取った場合、日本はどうなるのか、自分の暮らしはどうなるのかを、選挙民は真剣に考えているようには思えません。なんといっても、いちばん心配なのは民主党が「日本の安全をどう守るか」について、およそ見当外れの意見しかもっていないことです。小沢一郎前代表が、「日本を守るには米第七艦隊だけで十分だ」と発言し、マスコミの批判を浴びましたが、有権者の多くはこの発言がいかに危険かに気付いていません。14日の夜、「セーフティネットってなんですか?」と候補者に聞く若い女性が、テレビに映っていましたが、この程度の有権者なら小沢発言がいかに危険で、どれほど日本の安全を脅かすものかを理解できるわけがないと思います。民主党にはこのほかに外国人にも地方参政権を与えるべきだと広言する代表もおり、過激な性教育を推進する日教組もバックについています。もし民主党が本当に政権を取った場合、日本は二度と今の自由で安全な国には戻れないだろうと思います。自民党は「安全保障」(日米安保)「教育」の二点くらいに絞って、民主党に真っ向から論戦を挑むべきです。その際の党首は、やはり麻生さんでは無理でしょう。麻生降ろしに狂奔している「元幹事長」たちの姿は国民の支持を得ていないことは明らかですが、事態がここまで来た以上、彼らとはまったくちがう総裁を選んで選挙戦を戦うしかありません。その人の下で、「この国をどうするのか」について堂々と争えば、風向きは大きく変わると思います。問題は自民党が「みずからのセールスポイント(得意技)を知っているかどうか」です。麻生さんの十か月を見ていると、「どうすれば支持が得られるか」を、まったく理解していないように見えます。「自民党の存在価値」を訴えることのできる総裁が出現するかどうか、選挙の行方はこの一点にかかっています。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien : July 17, 2009 10:05 PM

総選挙前のこの時期に、民主党が政権を担うことへの疑義をわかりやすくご指摘くださいましたことは非常に有意義であると感じました。私は意外なところでも民主党に違和感を覚えました。昨年、「国籍法改正法案」の危険性についてネット上で大騒ぎになっているのを知り、心配でそれまで政治とは全く接触がなかった私も民主党に問い合わせをしてみる気になりました。電話は「民主党政策部」に回されました。「時間は5分。手短に」と言われ、焦りましたが最初に自分の名前を伝え、最後に先方のお名前をお尋ねしました。すると、「名乗る必要はない、そっちが勝手に名乗ったんだ!」とのヒステリックな怒声で電話は一方的に切られました。何か埋めようもない異質な体質を感じ、「こ、これが、極左か」と思いました。それから数日して当該法案を審議する国会委員会の動画を見ましたら、委員長である民主党女性議員が、疑義を呈した自民党議員に対して「黙れ!帰れ!もう、帰れ!」と激しい言葉を繰り返し浴びせていました。先の電話の印象とピタリと符合しました。テレビにニコやかに登場する民主党議員のイメージとは全く違う体質の核心が、このような小さなところにひょっこりと現われるものだなーと思いました。マナーや敬意が通用しないエキセントリックな政党が政権を担うのは怖いことだと感じました。勇気をだして電話をかけてみて知った収穫でした。

2 : 湖の騎士 : July 18, 2009 12:00 AM

alien様 民主党が電話での問い合わせに対し、そういうひどい対応をするとは知りませんでした。いくらなんでもひどすぎます。しかしこの党の体質というものを端的に表したお話です。かつてソ連圏の国々でいやというほど見せつけられた「民衆を見下し、党と国家が(ということは共産党員と官僚が)えらいのだという態度と見事に一致しています。けっして自分たちの過ちを認めず、価値観の異なる人の意見を絶対に聞こうとはしません。小沢一郎党首のしていることを内心では「怪しい」と思っていても、だれ一人として質問すらできず、ひたすら盲従していたのはついこの間のことでした。国会で自民党員を口汚く罵った女性議員も党の体質をよく表しています。もし仮に民主党が政権を取ったら、アメリカは日本に必要な国防上の情報を流さなくなるでしょう。そうした情報は中国や北朝鮮に筒抜けになるからです。日本は今までと同じ同盟国とは見なされなくなります。恐ろしい事態が刻一刻と近づいてきているのです。しかしメディアはそのことをほとんど伝えていません。

3 : 小龍 : July 18, 2009 06:56 PM

先生ご無沙汰しております。

昨今の報道メディアは自民党(麻生政権)の支持率低下をやたらに報道し、政権交代を匂わせる事に躍起になっていることに非常に違和感を感じています。

国民の支持率が麻生太郎の総理としてのリーダーシップの評価ということなのでしょうが、それと民主党に政権を任せてしまって良いのかどうかという事は全く別の話だと思います。
先日私が働いている会社の部長(50代後半)と選挙の話になったときに、

「自民党はあぐらをかきすぎた。一度民主党に政権を渡さなくてはダメだ」と言うので、

「政権交代ありきという考えは危険ではないか」と私は反論しました。するとその部長に、

「お前みたいな考えの人間がいるから政治がダメになるんだ」と言われました。

私は近頃、世の中にはこういう「政権交代ありき」といった考えの人が多いのではないかとひしひしと感じておりますが、非常に危機感を覚えます。
政権交代をした時に民主党がいったい何をしようとしているのか、と言うことを考えてから民主党を支持する・・・と言うのであれば異論はありません。ですが、世の中の雰囲気だけでフラフラと支持政党を変えてしまうと言うのは本質を全く見ようとしていないのと同然であります。
今、麻生総理の評価が著しく低下している原因は、連日のネガティブな報道の所為もあるのでしょうが、他にあるとすれば政治家としての一貫性をもった実行力の低さであると思います。
しかし、今後この政党に政権を任せていいのだろうか、と言う判断は総理大臣がどうだと言うことではなく、
まずは「自民党が実行しようとしている政策」と「民主党が提示している政策」を見比べるということに基づいた考えがなくては国がおかしな方向へ行ってしまうのではないでしょうか。

4 : 湖の騎士 : July 18, 2009 09:09 PM

小龍様 お久しぶりです。お元気そうでなによりです。日本人はいとも安易に「感情で政党を選ぶ」国民になり下がったようです。感情が支配する国というのは本当に危険です。このメンタイティこそが先の対米英戦争に繋がったのだということに、平和主義だの友愛だのを唱える党を支持する人々は気付いていません。貴方の会社の部長は「頭の弱い人」のようです。マイナス評価を与えられるかも知れないのを覚悟で、その部長に反論する貴方は非常に立派です。私は民主党の要人の多くと記者会見で渡り合いました。鳩山氏も麻生氏も世界がまったく見えていません。こういう連中に国の舵取りをまかせるのは、まことに危険です。今日、インターネットに30代の男性が「安倍も福田も途中で政権を投げ出したが、それに比べると麻生は自分の手で解散を打つのだから、麻生のほうが立派だ」と語っていました。はたしてこういう意見が広がるかどうか、メディアも民主を持ち上げすぎる危険をそろそろ自覚してほしいものです。

5 : ノブレス : July 18, 2009 10:36 PM

 ご無沙汰しております。
今回の、選挙に関する先生のご意見が伺えて大変勉強になりました。
 実は私も「民主党」が政権をとる事に危機感を覚えておりました。特に外国人の参政権はひじょうに危険であると思います。よく在日外国人の方々は「税金を払っているのになぜ選挙権が無いのか?」という意見を口にしますが、その国の国籍を取得しない以上その国の運営には参加できないのは当然なのではないでしょうか。むしろ、取得しないのは自ら参政しないと意思表明をしているのと一緒であると思います。諸外国のことはあまりよく知りませんが、その国の国籍を取得してないのに参政権を得られる国などあるのでしょうか。もちろん、日本人特有(?)の排他的文化は一部改める必要があるのかもしれませんが選挙に関してはやはり日本国籍を有する者のみに限定するべきであると思います。
 またこの先はあくまで私の個人的意見ですが、「防衛は、ほとんどアメリカ頼り」というスタイルもそろそろ抜け出すべきなのではないかと思います。なぜ、隣の国があそこまで挑発的態度を取れるのか。それは「日本の軍事力があまりに弱すぎるからではないか」と考えております。核兵器を擁護するわけではありませんが「核」を有する国に進んで攻撃をしかける国はまず無いと思います。最低限「あの国をやったらこちらもやられる」そのように思わせる必要があると思います。敵地攻撃が論争になったとき「攻撃されてもいないのにこちらから攻撃するの?」と真顔でインタビューに答えていたどこかの馬鹿政治家がいましが、きっと彼は本当のミサイルの威力を知らないのではないでしょうか。
今、日本は防衛費の縮小ではなく増額をしてF22や原子力潜水艦、空母、駆逐艦等軍備の拡充に努めるべきときに来ていると思います。


6 : 湖の騎士 : July 18, 2009 11:35 PM

ノブレス様 麻生総理が嫌いだということと、民主党に政権を取らせてよいということとはまったく違うことです。しかしそこを感情的に混同してしまっている人が多すぎます。冷静であるべきマスコミの当事者の頭も、あまりにミーハー的になっています。在日外国人の参政権については、貴方のお考えが全面的に正しいです。どうしても日本の参政権がほしいなら、日本の国籍を取るべきです。今のままで行くと、在日外国人の多くは二国で投票するという矛盾をおかしかねません。自分たちの会派の利益にために彼らに参政権を与えようとしている人々がいますが、民主党は党首自身がそういう思想に凝り固まっているのですから、この会派よりはるかに危険です。国の防衛についても貴方のご意見は真っ当です。変な平和主義者たちは、国防というものの基本が分かっていません。彼らの意見は「無知に基づいている意見」です。攻撃されたら反撃する能力を備えるべきだというと、タカ派だとか「危険な思想だ」とこの人々は言いますが、一国の運命を誤り、国民を悲惨な目に合わせてきたのは、こういう平和主義者たちです。拳銃を持ったヤクザがたむろしている夜の地下道を、彼らは平気で歩けるのでしょうか? 危険な意図を持った大国の軍艦がびっしりとひしめいている海を、丸腰の石油タンカーが通れますか? 理想論や観念論や「願望」や「好み」では、世界の平和は保てないのです。民主党は党を挙げてここのところが分かっていません。