View of the World - Masuhiko Hirobuchi

October 28, 2009

これが「天下りではない」とは!! -

日本郵政の新社長と2人の副社長は元大物官僚です。社外取締役にトヨタ自動車の奥田相談役や作家の曾野綾子さんらを配しているものの、実務は毎日会社に出てきている人たちが行うもの。社外重役では実質なにもできません。曽野氏の起用にしても、天下り批判を少しでも和らげるための姑息な手段でしょう。曽野さんの見識と実行力は大したものですが、この布陣の中にあっては実力の発揮などできないことは目に見えています。笑止なのはこれだけ元官僚を起用しながら、「退職して14年も経っているのだから天下りとはいえない」とか「有能な人は起用すべきだ」などと、亀井静香大臣が強弁していることです。だれが見ても歴然たる「天下り」ではないですか。「白を黒と言いくるめる」に等しく、一種の詐術ではないかと思います。わずか5議席しか取れなかった党の党首が大臣となり、国民の財産である大会社の人事をこういう独断的手法で決めていってよいものか。私は竹中平蔵氏の郵政改革路線には疑問を感じる者ですが、亀井氏の「独善的・強権的」なやり方には、竹中改革よりはるかに危険なものを感じます。「民主主義の全面的否定」に繋がるものだとさえ思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : Sako : October 30, 2009 06:07 AM

郵政や、官僚への答弁の作成指示、予算の90兆越、流石の民主党政権ですね。

来年の参議院選が楽しみです。

2 : 湖の騎士 : October 30, 2009 10:21 AM

Sako様 鳩山政権の閣僚(首相を含む)は、「思いつき」でしゃべりすぎです。総選挙で多数を占めたのだから、何をやっても許されると勘違いしているようです。国として決め、文書にもなっている重要な条約でも、首相の腹ひとつで改訂できるとなれば、もはや独裁国家であり民主主義の国とは言えません。そこがよく分かっていないようです(日米安保条約を見直すとの発言)。そうした思いつきと独断が、今度の日本郵政の人事に端的に表れています。

3 : 泥田の落武者 : October 30, 2009 10:06 PM

湖の騎士様、

正直申しあげまして、鳩山首相から閣僚全員、何をしたいのか私には全く理解できません。経済運営、金融、外交、安全保障、厚生福祉、教育、司法、環境、全ての分野で整合性と脈絡に欠けるばらばらな「政策」、「改革」なる「思いつき」が行われているとしか私には見えません。

特に経済、金融、外交、安保の分野の暴走、迷走、珍走には素人の私ですら矛盾と現実乖離には茫然とさせられます。

外需であろうが内需であろうが、1円でも需要を喚起するべきであり、ファンダメンタルズからかい離した通貨相場は必ずや反動がきますし、金融システムにはいささかの不安も起こしてはなりませんし、未だ冷戦構造の残る北東アジアで同盟国との関係を悪化させてどうするのか?中国と韓国は米国に代わる同盟国として信頼に足る国家なのか?

グランドデザインが全く見えないまま、「改革」とやらが進む様は、海パンにロングブーツを履き、ノースリーブシャツの上から毛皮を着て、麦わら帽子にシルクハットを重ねて被り、目抜き通りを闊歩するのと何が違うでしょうか?マスコミはこれを「新しいスタイルの政治」ともてはやす。

私には「断頭台への行進」としか思えませんが。幻想であることを期待したいです。

4 : 湖の騎士 : October 31, 2009 10:51 AM

泥田の落武者様 民主党政権は「頭脳を欠いた生き物」という感じです。マスコミがこれを持ち上げるサマを見ていると、まさにヒトラーのナチスの宣伝にそのまま乗ってしまった1930年代のドイツを思い出します。本当に危険な道を歩んでいることにメディアはもっと気付くべきです。メディアの一部にある反米感情に鳩山氏は訴えかけ、それが人気に繋がるという浅はかな計算をしているのだと思います。しかし感情に訴えた結果、日本も対米英戦争に突入したのです。その苦い経験が今の日本にまったく生きていません。