View of the World - Masuhiko Hirobuchi

February 05, 2010

ボスが悪いにきまってる(小沢氏への疑惑は晴れず) -

小沢一郎氏が「不起訴処分」になったことで、取り巻きの中には「検察との戦いに勝った」と喜んでいる者が多いですが、大多数の良識ある国民は「これは今の法律の欠陥による不起訴」と見ています。ふつうどんな組織でも、部下の不始末は上司の責任です。その部下の不始末を見抜けなかった上司が、無傷ですむということはまずありません。管理責任というものがかならず問われます。ましてや、陸山会のように、構成メンバーが二人か三人のような小組織で、ボス(小沢氏)の了承なしで、数億の金が動くということはありえません。秘書たちが3人も起訴されて、ボスが無傷というのは本当におかしな話です。もし小沢氏が、一かどの人物なら、「法的には私は不起訴となったが、部下を管理できなかった責任は私にある。党にも迷惑をかけた。この際責任を取って幹事長を辞任したい」というべきです。しかしそんな殊勝な了見を彼はもともと持っていません。今回の騒ぎが明らかにしたのは、「いかに追求されても知らぬ存ぜぬで押し通せ。そうすれば法律が君の悪業を守ってくれる」「徹底的に嘘をつけ。正直者は馬鹿だということを思い知れ」「秘書には恐怖心を植え付けよ。検察に追い詰められても、ボスを庇うような奴を採用せよ」といった、負の教訓です。2月3日はまさに「日本から希望を奪った一日」でした。ただし、この「不起訴」の裏には、今後の小沢氏の行動を規制することと引き換えの、なんらかの「取り引き」が含まれている可能性はあります。たとえば来るべき検察首脳人事について、小沢氏(&鳩山首相)が報復を行わないとかいったことです。あるいはもっと大きな国際的な枠組みでの「手打ち」が行われた可能性もあります。いずれも推測の域を出ませんが、メディアの裏側を読むだけの「屈折した目」が必要だと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien : February 5, 2010 11:03 PM

今朝、目覚めた時に「昨日の日本と今日の日本は同じだろうか?」と問いました。
湖の騎士様が先日お書きになりました「法律より大切なもの」はすでに失われており、その上、鳩山総理の巨額脱税不問、小沢氏不起訴を以って法も踏みにじられました。私は、今朝、モラルも無く法も無い国で目を覚ましたのです。モラルも無く、法をも無視する独裁者のいる国で目覚めたのです。まるで北朝鮮にいるかのような圧迫感を感じました。「これからも、世間ではささやかな額の脱税で逮捕される人がいるだろう」と思いました。しかし、それは法が機能しているのではなく、もはや法の下の平等を冒す行為にすぎません。そうじゃないでしょうか?
それから「良識の政治家は何をやっているんだ?!」と心の中で責めました。
まもなくして「いや、人のせいにするだけでなく、無力に等しい自分だけれどあきらめずに闘わなければ」思いました。
ところで、小沢氏は韓国訪問の折、韓国人学生の前で講演をし、その中で日本人をひどく罵倒し侮辱しました。録画もされています。これらの一連の発言を国会で追及することはできないのでしょうか。日本や日本人を嬉々として貶めるなら、何の資格で国会議員をやっているのか。小沢氏には日本人に対して陳謝を求めたい。そして自国を大切に思えない人には一刻も早く国会議員をやめてもらいたい。

2 : Sako : February 6, 2010 09:24 AM

小沢議員は、巨悪までいかないにしても悪徳なので、議員でいてほしくはないです。

しかし、石川議員を起訴し、小沢議員を不起訴にした検察の遣り方には納得できません。

そもそも、検察は起訴が出来ない事は百も承知でだったと思います。小沢議員は倫理的に間違っていても、法的には間違っていないことは素人目にしても明らかだからです。

もし、小沢議員を咎めたいだけであったならば、マスコミの仕事であり、検察の仕事ではないからです。

官僚でしかない検察の暴走にしか見えません。

検察のリーク情報でしか物を書かず、小沢議員の横暴を知っていただろうけれど書いてこなかった、マスコミの怠慢が一番問題だと思います。

朝青龍のどうでもいい問題に紙面を割かないで貰いたいです。

3 : mayu : February 6, 2010 09:13 PM

小沢氏が不起訴になったことで、正義の最後の拠に報復人事が為されるのではと心配していましたが、湖の騎士様の仰るような事があるのでしたら絶望に陥らず成り行きを見守るべきでしょうか。
街頭インタビューで何故か小沢氏擁護のコメントが放送されますが、大多数の国民は納得していないでしょう。
また、民主党の議員等から検察のリークはけしからんといった意見が聞かれますが、それについて青山繁治氏は関西テレビ「アンカー」できっぱりと否定していました。
政界の安寧秩序が消え去ってしまったかのような状況で、私の
気持ちも重いのですが、真っ直ぐ物事を見据えて正しい道筋を示し行動する人々がこの日本には少なからずいると信じています。灰色の決着許すまじの声が立ち消え無いように微力ですが私も発信し続けようと思います。

4 : 湖の騎士 : February 6, 2010 09:51 PM

alien様 日本が一夜にして変質したと認識している人はきわめて少ないでしょう。普通の常識の通用しない国になっているのに気付いていないのです。小沢氏が権力を握ったままだと日本は本当に破局に向かってしまいます。韓国での彼の演説は、江上波夫氏の「日本人は北方騎馬民族の末裔」説に基づいているといわれます。それに中途半端な対韓知識が加わって、あの国辱的な演説になったのでしょう。防衛は国連に任せればよいというおよそ非現実的な認識といい、この人には「教養」というものがありません。韓国での演説を国会で問題にすべきです。5月に訪米するということで、「アメリカもいよいよ俺に頭を下げてきたか」くらいに錯覚しているかも知れませんが、とにかくこの人が政界にいるというのは危険です。今こそ「陶片追放」(オストラシズム)の故知にならった運動を展開すべき時です。

5 : 湖の騎士 : February 6, 2010 10:03 PM

Sako様 「検察の横暴」とか「検察のリーク」という言葉が非常に多く飛び交いましたが、これは民主党・鈴木宗男・小沢周辺がばらまいた言葉です。マスコミはこの情報操作にひっかかりました。私は検察が初めから「不起訴」を見越して動いたとは思いません。「指揮権発動」をにおわせる発言をした民主党の有力議員もいたのです。鳩山首相が「断固戦う」と吠えた小沢氏に荷担して「戦ってください」と発言し、翌日「そういう意味ではなかった」と取り消しましたが、最高権力者がここまで言った意味は大きいと思います。小沢氏は辺野古周辺にも土地を買っていると、6日の産経新聞の一面のコラムは伝えています。これがもっと大きく取り上げられてくれば、状況はまた変わるでしょう。検察がなしえなかったことを、マスコミと国会がなしとげるべきです。今までのマスコミの怠慢は、私も認めます。Sako様とまったく同感です。たしかに朝青龍のことを騒いでいる場合ではありません。

6 : 湖の騎士 : February 6, 2010 10:08 PM

mayu様 本当に気の重いことですが、絶望しているわけにはいきません。小さな声がだんだん大きな谺になるようにがんばっていきましょう。青山さんの関西テレビでの「検察のリークはない」というきっぱりした発言を、一人でも多くの方に知らせたいです。貴重な情報をありがとうございます。