View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 21, 2010

北朝鮮よりもトキの卵の方が大事? -

20日(木)夜9時のNHKニュースを見て驚きました。韓国が発表した「(3月に韓国軍の艦艇を撃沈した)魚雷は北朝鮮製のものだった」という重大発表をいつまで経っても放送せず、トキの卵が2個カラスに奪い去られた」というニュースを、専門家のコメントをまじえつつ、延々と放送していたのです。あまりのことに、私は一度テレビから離れたのですが、韓国の重大発表が取り上げられたのは、なんと9時28分になってからでした。北朝鮮は韓国の発表を「捏造だ」と断じ、制裁が発動されれば「全面戦争を含むあらゆる報復で応じる」と強調しているのです。朝鮮半島情勢は緊迫し、岡田克也外相も鳩山由起夫首相も韓国への連帯をいち早く表明し、アメリカ政府も強く韓国を後押ししている問題です。これに中国がどのように絡んでくるのか、人々は一刻も早く正確な情報と分析を聞きたがっていたはずです。世界を動乱に巻き込み、日本人の生命にもかかわってくるこのニュースが、トキの卵よりもはるか下位にくると考えているNHKの担当者は、もはやニュースを扱う資格はありません。その9時28分からの韓国の発表に対する扱いでさえも、専門家の分析を聞くわけでもなく、独自の掘り下げもまったくなく、男性キャスターのコメントもきわめておざなりのものでした。勘ぐれば、視聴者にこの問題について関心を持ってもらいたくない、という態度がありありでした。悪質な「世論誘導」です。
これに続いてテレビ朝日の「報道ステーション」を観ました。トップ項目は「韓国の重大発表」でした。これに恵谷治氏の詳しい軍事的な解説を加え、北がなぜこの時期に暴挙ともいえる軍事挑発をおこなったかについての李英和教授の「北の政治情勢分析」を紹介し、北のテレビによる反撃、ソウル特派員のレポートなどもまじておよそ12分をこの問題に費やしていました。
トキの卵は、だいぶあとで1分程度の扱いでした。日本人の命および世界の安全にかかわる重大問題についての、NHKの軽視は本当に憂うべきものがあります。精神の劣化現象としか言えないと思います。私はこの件についてNHKに抗議の電話を入れました。いつものように、「ご意見を拝聴しました」という、味気ない応対でした。現場に私の意見が伝わったかどうかは大いに疑問です。NHKの視聴者コールセンターの電話番号は、0570-066-066です。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : mayu : May 21, 2010 09:35 PM

『悪質な世論誘導』・・・
NHKが最も顕著だと思いますが、日中記者協定の頸木から逃れられない事と、上層部に未だマルキシストが多大な勢力を持っている事が、韓国哨戒艦関連報道にも影響を及ぼしているのだと思います。
マスコミの中でも若手は現状に危機感を抱いていますが、中枢は親中・親韓の傾向が強く、NHKスペシャルプロジェクトJAPANシリーズ日本と朝鮮半島でも、台湾シリーズの時と同様に歴史認識にかなりの問題点があると指摘されていますし、実際に違法とされているサブリミナル効果をオープニングに組み込んでいることも検証されています。
今回の件も十分予測されたことで、編集権と報道しない自由を振りかざし、国民の知る権利を奪っているのは明かです。
マスコミには『日本を貶め毀す人々』が深く根を張っています。寧ろ外国人ではなく日本人の中にそういった人間が存在する。反政府ではなく、反国家なのです。現政権にも全く同じことが言えます。
口蹄疫問題でマスコミと赤松農相のあまりの対応に怒りが収まらず、独りよがりの脱線をしてしまいました。
今回の件で、国連安保理の対応と欧米(半島周辺国よりも)の思惑により半島有事も十分想定されます。政府は高度な危機管理が必要不可欠ですが、宮崎の口蹄疫の推移を見ると心底不安がこみ上げてきます。NHKの報道を鵜呑みにしている国民はかなりの割合でいます。哨戒艦のニュースの扱いには責任放棄というより寧ろ、悪意さえ感じるのです。
『悪質な世論誘導』・・・本当に仰る通りですね。
私達は黙って見過ごさず、一人一人がはっきりと意思表示をするしかありませんね。弁が立たない私は蟻の思いも…で、今日もまた抗議のメールを送ります。

2 : Sako : May 21, 2010 09:44 PM

今は、テレビ報道を見るのを止めて新聞だけを読むようにしています。
映像が見たい報道は、Youtubeで選んで見るようにしています。
専門家でもないコメンテーターの話を聞きたくないですし、テレビは情報量が少ないです。

3 : 湖の騎士 : May 22, 2010 08:50 PM

mayu様 「メディアの中枢・上層部には未だにマルキシストが多大な勢力を持っている」というご指摘は、まさに正鵠を射ておられます。彼らは、自分が正しいことをしているつもりで、視聴者や読者に多大な害を及ぼしています。マルクス主義という実験が「大いなる失敗」(Z.ブレジンスキー)であったと世界中がほぼ認めている現在もなお、青春の幻影に酔っている人々で、知的に劣った人々といって差し支えありません。彼らは北朝鮮のプロパガンダを真に受けて育ち、悪いのは韓国でありアメリカだと信じ込んでいるのでしょう。大好きな北朝鮮の評判を落とすような報道はしたくないという気持ちが、この重要項目を「ボツ寸前」の扱いにさせたのは間違いありません。ベルリンの壁崩壊20周年の際も、旧東独の市民の家をわざわざ訪ね、「当時は少なくとも仕事はあった」と過去を擁護する(懐かしむ)コメントをさせていました。東西ドイツの市民が命がけで手にいれた「自由」の価値について、彼らが自由をいかにいとおしんでいるかについて、一言も放送せず、懐旧派のコメントを放送するところにNHKの体内に棲み着いた「病菌」の根深さを感じます。民主党の中にもこうした病菌は棲み着いています。戦いは長く厳しいですが、どうかがんばり続けてください。

4 : 湖の騎士 : May 22, 2010 09:02 PM

Sako様 最近は貴方のようにテレビを見ない人がふえてきました。そのことの重要性に当事者たちは気付いていません。しかし中にはテレビでなければ伝わらない重要な情報も放送されます。新聞記事というのは、記者の主観が多分に入るものです。かつて佐藤栄作首相が、退任の時の記者会見で「新聞記者は出ていってください」と発言したのは、新聞による事実の「ねじ曲げ」がよほど腹に据えかねていたからです。もし民放テレビが20日のNHKテレビのような、あまりにもひどい「偏向」放送を続けていれば、スポンサーは続々と降りてしまうでしょう。一般の方々はスポンサーの存在がテレビの質を低くしていると思いがちですが、私は逆に「テレビの質を高水準に保つスポンサーの役割」を評価しています。しかしNHKには、こうした経営の根幹にかかわるスポンサー・チェックが働きません。その結果は「恐いものがなくなり」いわばやりたい放題の無法がまかり通っているのです。

5 : 湖の騎士 : May 23, 2010 10:04 AM

Sako様 最近はテレビを見ないで Youtubeで選んで見ているという人が多いと聞きます。世の中の大きな変化ですが、記者の主観による事実の「ねじ曲げ」という点では新聞の方がはるかに有害です。佐藤栄作首相が退陣する際に、新聞記者を会見場から閉め出し、テレビ・ラジオだけに絞ったのは、新聞の歪曲報道に腹に据えかねるものがあったからです。テレビは、少なくとも「映像を見せねば」仕事になりません。この点新聞は記者の頭の中で拵え上げたものを、あたかも事実のように装って伝えることが多いものです。北朝鮮を「地上の楽園」と伝え、多くの在日朝鮮人を「祖国の再建」に向かわせた犯罪行為を主導したのは新聞でした。こんなことは先刻ご承知のことと思いますが、報道内容を適切に「割り引きながら」メディアに接してください。

6 : 泥田の落武者 : May 23, 2010 04:21 PM

湖の騎士様、

御無沙汰をしております。

私も似たような経験があります。中国海軍の艦船が沖縄付近の領海を侵犯した際、7時のニュースでもやらない、9時のニュースでもやらない、じゃあいつになったらやるのかと、NHKに電話を入れれば、回答は「編成権」の問題とか言ってきました。

翌日、このニュースを結局、報道したかどうか確認したところ、夜の12時のニュースでやったそうです。

これで公共放送だの、視聴料払えだの、どの面下げて言えるのか不思議でなりません。ちなみに私はNHKは見ませんが、視聴料は口座引き落としで払っています。

7 : 湖の騎士 : May 23, 2010 04:55 PM

泥田の落武者様 とにかくなにか抗議されると「編成権」を振りかざして反撃し、まったく反省の色が見えないのがNHKです。この傲りたかぶりはどこから来ているのか実に不思議です。自分たちは神に選ばれた特別な存在だとでも思っているのでしょうか? 公共放送としての視聴者への「義務」というものをまったく自覚していない職員が多いのです。そして上層部は彼らを取り締まれません。労働組合(日放労)によって、不当なまでに保護された組合員たちは、誰のいうことも聞かないように見えます。もし上司が彼らを指導しようとすれば、権力による不当な介入という頭が直ちに働くようです。さてどうするかです。日本の英知を集めて真剣に考えるべき重大問題です。

8 : 泥田の落武者 : May 23, 2010 10:11 PM

湖の騎士様、

たびたび失礼いたします。

「編成権」という言葉が、かつての帝国陸海軍が大好きだった「統帥権」のように思えるのは私だけでしょうか?

最高裁判所の判事は確か、総選挙ごとに形だけですが罷免の手続きがあったと思いますが、そいうのを導入したらどうでしょうね???

9 : 湖の騎士 : May 24, 2010 03:40 PM

泥田の落武者様 「編成権」と「統帥権」が重なって見えるというのは、相当な見識ですね。しかし「編成権」を振りかざして自分を正当化しようとするNHK職員のメンタリティは、かつての帝国軍人のそれに似ているところがあると思います。こういうことの危険をもっと多くの人に知ってもらいたいです。NHKの会長の罷免というのは、今の制度では我々にはできませんが、なにか知恵がないものかと思います。思考がなかなか先に進まなくて申し訳ありません。