View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 28, 2010

子供の正義 大人の引き際 -

ここ2,3日、日本中の関心は「鳩山首相がいつ福島消費者・少子化相の首を切るか」に集まっていました。このまま「辺野古移設反対」を貫けば、いくら優柔不断な首相でも「更迭」に踏み切らざるをえないだろうということは、誰の目にも明らかでした。しかし福島瑞穂氏は、28日の朝にいたっても態度を変えようとせず、自分は信念に基づいて行動しているのだと言い張り、辺野古の美しい海を汚すことは許されないと唱えていました。彼女の論理なり主張は、いわば「子供の正義感」であり、ここで問題なのは「いかに醜態をさらさずに辞めるか」だったと思います。「大人の引き際」についての美学が決定的に欠けていたといわれても仕方がありません。引き際の美学、往生際という点で、最もみっともないのは、鳩山首相自身ですが、超目先の話として、福島大臣は「負けると分かっている戦いを挑み、しかもその散り際が美しくなかった」という、二重の恥をさらしたことになります。世の中は広いですから、「いや、瑞穂はよくやった。立派なものだよ」というご意見もあるかも知れません。どうか自由にご意見をお聞かせください。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : May 29, 2010 03:41 PM

社民党も土井たか子さんは存在感がありましたが今の福島さんはTVにしゃしゃリ出てぺらぺら喋っていますが、言っていることは薄っぺらで、何であの人が党首になったのか理解に苦しみます。社民党は人材が居ないのでしょうか?
小泉チルドレンや小沢チルドレンと同じレベルで、社民党の中では一寸顔立ちが可愛いからと言う理由だけで党首になったとすれば社民党も情けないものです。
福島さんは党是を丸暗記して喋っているだけで自分の理念とか言うものは持っていないから、閣議決定に署名しないというのも党是に従っただけなのでしょう。閣僚を辞任するなんて事は党是にはなかったから、引き際を潔くするなんてことの判断は出来ないのでしょう。
せめて第一党の党首である鳩山さんには潔い引き際を見せて欲しいものです。

2 : 泥田の落武者 : May 29, 2010 05:35 PM

湖の騎士様、

落武者は往生際の悪さの最たるものですが、敢えてコメントを。

瑞穂にしてもルーピーにしても、大局観と現実に基づく哲学、というか信念というかがあまりにも欠落しているのではないでしょうか。であるが故に、二人とも責任ある与党党首、或いは一国の宰相としての貫目がある発言、行動が出来ないのではないでしょうか?

二人とも信念だ、命を賭けるだ言ってますが、じゃあその信念や発言の裏付けとなる国益、アジア全体の安全保障、日本の外交戦略、といった物事への考察、ロジックというものが存在するかはなはだ疑問です。

結局、政治家としての冷徹な現状認識に基づく、信念、哲学、が無い人間に、行動の潔さを求めるのは、ルールのないゲームをしている人間に、ルールの順守を求めるに等しいような気がいたします。彼らにあるのは政治家としての判断ではなく、個人としての感情、ストレス耐性、体面だけでしょうから。

3 : 湖の騎士 : May 29, 2010 06:03 PM

悠々様 福島氏は「首を切られて」から十数時間経っても「連立を離脱することを示唆」したりしていますが、そんなことをしている暇があったら、とっとと離脱すればいいのです。なんだか弱いヤクザが凄んでいるようで、滑稽だということに本人は気付いていません。大体こんな党と組んで政権を運営しようという気になった鳩山ー小沢ラインが悪い。社民党への配慮のあまり、鳩山氏は末代までの汚名を着せられることになり、日本は取り返しのつかないほど、国際社会から笑い物にされているのです。鳩山も福島も「三文役者は早期に退場すべし」です。もうこんな阿呆らしい芝居は見飽きました。

4 : 湖の騎士 : May 29, 2010 06:14 PM

泥田の落武者様 鳩山・福島両氏とも、しゃべればしゃべるほど価値が下がる人間の見本です。現実政治家としての信念・哲学・抱負経綸といったものは、望むべくもありません。ましてや去り際の美学などということは、考えたこともないのでしょう。多くの先進国の首脳は、若い時から政策や、政治史、各国の興亡史を徹底的に学ぶと共に、出処進退のあり方についても学んでいるものです。日本でもつい20年くらい前までの宰相たちはそうでした。民主・社民両党首に「もうこれ以上国民に苦痛を与えないでくれ。貴方が去ることが日本にとって最も有効な薬なのだ」という言葉を進呈したいと思います。