View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 03, 2010

党首は「頭の中身」で選べ -

鳩山辞任演説は最後まで感傷的で、現実と幻想が錯綜し、感傷的なものでした。国家観がなく、自分が唱えていた国境なき世界がやがて実現すると言い、済州島のホテルに飛んできたヒヨドリが辞任の決断を促した(大意)と語りました。マスコミはあまり言いませんが、この「国家観のなさ」こそが、彼を不名誉な辞任に追い込み、日本の安全をこれほどまでに損ね、日米関係をかくも危うくしたのだということに、この人はまだ気付いていません。さて人々の関心は早くも次の総理はだれかに向いています。4日の民主党両院議員総会は、日本の行方を託すリーダーを決める超重要な集会です。去年、党首を決めた時はまだ野党でしたが、今度の総会はそのまま次期首相を決めるものですから、民主党の議員諸公には真剣になってもらわないと困ります。大勢は菅直人氏最有力となっていますが、はたして彼でいいのか? 菅氏の国家観、国防観、経済についての基本的考えはどういうものなのかが、党員にも国民にもほとんど見えていないのが実情です。はたして彼はこの困難な日本を率いてゆくのにふさわしいのか? 小沢一郎氏に逆らわず、鳩山首相ともそこそこにうまくやってきただけで、「なんとなく座りのよい」副総理というだけの人ではないのか? 政権与党なのですから、数人の候補者による公開のディベートを行い、党員と一般国民の「審判」を得てから党首を決めるくらいの手間ひまを掛けるべきです。自民党はまがりなりにもそうしました。総裁候補者全員が出席する記者会見も行いました。民主党もせめてこれくらいのことはするべきです。「政治的空白は許されない」との大義名分の下に、拙速で党首を選ぶと、また後悔することは目に見えています。せめて3日遅らせて、「党首選択ディベート」を行ったらどうかと、民主党に提案したいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : June 6, 2010 10:14 AM

民主党の総裁選びの様子を車の中で聞いていました。
候補者2人が所信を述べる立候補演説の持ち時間が1人10分だそうで司会者は繰り返し持ち時間を厳守するよう言っていました。10分ですから話す内容はありきたりで彼らが何を考えているのかさっぱり伝わってきませんでした。候補者が100人も居るならば持ち時間制限も仕方ないかも知れませんが、たった2人の候補者しか居ないのですからじっくり話をさせたあと討論させるなり質問時間を設けるなり出来たはずです。
投票結果は大方の予想通りでしたが菅新総理には以前厚生大臣時代に振るった勇気ある行動をこれからの日本のリーダーとして発揮して欲しいものです。

2 : 湖の騎士 : June 6, 2010 10:48 AM

悠々様 コメントありがとうございます。仰るとおりで、二人がディベートしたり質問に答える時間は十分にあったはずです。それをしなかったのは、あまりしゃべらせるとボロが出ると恐れたからでしょうか? 私は菅直人氏にはまったく期待していません。嘘付きであり、外国人参政権推進論者であり、日本を誤った方向に持っていこうとする危険人物と見ています。これについてはあらためて書きます。