View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 30, 2010

最も肝心なことを伝えないTVニュース -

6月30日(水)のNHK「ニュースウオッチ9」は、出だしから約23分日本がパラグアイに敗れたサッカーのことを延々と伝えていました。「これでもか、これでもか」「さあ、感動しろ!」という調子で、男女2人のキャスターも心から感動している様子でした。まさに全体主義そのもの、感動の押し売りでした。それが終わると今度は「楽天の社内では公用語は英語」という項目で、社員食堂のメニューも全部英語になっている」というものでした。「そんなことが、2項目目に来る話か!」という思いです。「今日起こっている最も大切なことはなにか」という視点がまったく欠落している構成でした。サッカーについては勝負がついてから20時間近くが経っているのです。冷静であるべきキャスターが、こんなことで興奮しているようでは、ジャーナリストとはいえないでしょう。この日の最大のニュースは、「世界同時株安」を受けた東京市場の「年初来の最安値」だったのではないでしょうか? 今までも何度かNHKのニュース感覚を批判してきたので、もうこれ以上言いたくないのですが、この日のニュースはひどすぎました。これでは視聴者は、完全にマインドコントロールされてしまい、選挙のことなど頭からすっとんでしまいます。与党に有利になる片棒を担いでいるという自覚すらないようで、情けなくなりました。このあとの「報道ステーション」は、「終わったサッカーは「いつまでも追わない」とばかり、選挙の争点と各党党首の演説を流していました。ご参考までにお伝えします。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : July 2, 2010 12:10 AM

最近のニュースには全く呆れ果てています。先生のご指摘の通りです。TVだけでなく新聞まで未だにサッカーのことをひっくり返しとっくり返し報道しています。勝ち進んでいるときでさえ辟易していたのにもう勝負が付いて、しっぽを巻いて帰ってくると言うのにどうゆう事なんでしょうね。
ニュースと言えばサッカー、相撲界の野球賭博、楽天の社内で英語を使うなんて言うのは一企業の社内の出来事であって社会性のある問題ではありません。楽天社員にとっては重大事でしょうが私には全く関係ないことですからね。
公共放送がこんな有様では聴取料を払っている人は不払いをするべきです。

2 : 泥田の落武者 : July 2, 2010 07:08 PM

湖の騎士様、

前のエントリーではありませんが、「まさにパンとサーカス」ですね。パンは税金のばら撒き。(何なら増税してまでばら撒く気ですからね。)サーカスはサッカーやら、野球賭博やら、
韓国人歌手の自殺やら。

公共放送というからには、国家にとっての重要性を第1に考えるべきかと思うのですが。国民からヤクザまがいのセリフで視聴料を巻き上げる割には、出てくるコンテンツは安物、まがい物では、国民の目からは「金返せ」という気になるのですが。

3 : 湖の騎士 : July 2, 2010 08:54 PM

悠々様 非常に貴重なコメントをありがとうございます。NHKの報道部門は「大切なことは伝えない」という方針でも持っているかのようです。7月2日正午のニュースでも、自家用車が歩道に乗り上げて6人が軽いケガをしたという項目を2番目か3番目に持ってきました。サッカーの一行が川崎市で記者会見をしたというのも全国ニュース枠でした。「選挙」「消費税」「菅首相のぶれまくり発言」などについては、一言も触れていません。明らかに「問題から国民の目を逸らす」という作戦に出ているように見えます。新聞を読まないで、NHKニュースだけで生活している人も多いはずです。彼らは「普天間以上に迷走している菅発言」などについては、知ることすらできない状態なのです。公共放送がこのザマでは、まさに日本の危機です。

4 : 湖の騎士 : July 2, 2010 09:06 PM

泥田の落武者様 厳しいコメントをありがとうございます。NHKのニュース担当者の頭の中身がこんな状態になってしまったことは、怒りを通り越して識者たちの「嘆き」の対象となっています。サッカー選手たちは、日本のために活躍できたとか、すばらしいチームで活躍できたことを誇りに思うなどと、同じような言葉ばかり口にしています。しかし、シビアーな見方をすれば、彼らは「外国の有力チームが高いお金を払ってスカウトしてくれる」ことを計算に入れてプレーしている面もあるのです。事実、本田選手にはスペインのバレンシアだかのチームから「買い」が入っているといいます。プロですから、自分を高く売るのは当然で、これは一向にかまいません。しかし、NHKのように、美談づくめで、国民的英雄のごとく報じるというのはいただけません。もっと冷めた目で「世界の見本市に自己をさらして高く売るしたたかなビジネスマン」として、選手たちを扱う態度も必要だと思います。