View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 23, 2010

金賢姫来日をどう見るか? -

北朝鮮の元工作員で大韓航空を爆破し100余人の韓国人乗客の命を奪った金賢姫(以下敬称略)が来日し、今日(23日)韓国に帰りました。テロリストに暗殺される恐れがあるからと、午前4時に羽田に到着し、ホテルは危険だからと軽井沢の鳩山由紀夫別荘に泊まったかと思うと、東京の上空をヘリコプターで飛ぶなど、意外な行動に終始した4日間でした。極秘のはずの鳩山別荘に、テレビクルーが待ち構えているというのもおかしな話でした。拉致被害者の家族との面会では、救済に結びつくような新事実はひとつも発表されませんでした。民主党政権は、この元死刑囚訪日の後に、なにか具体的な成果を秘めているのでしょうか? 北朝鮮政府との間に、日本国民をあっと言わせるような進展があるのでしょうか? それとも彼女の来日は、拉致被害者の家族に「希望らしきもの」を提供したという、実績作りに過ぎなかったのでしょうか? 軽はずみなことは言うべきではありませんが、中井国家公安委員長の、いかにも品のない、腹に一物ある記者会見の模様を見ていると、日本政府には「何が何でも全拉致被害者を取り戻す」といった意気込みが感じられません。マスコミ(とくにテレビ)は、政府の「情報操作」の術中はまった気がします。「この程度の中身」ならば、わざわざ来日などしなくても、ソウルで被害者の家族と会えばよかったのではないか、と思います。一部で言われているように、政府は「彼女を用いて政権の浮揚をはかった」という意見が、にわかに信憑性を帯びてきます。中井委員長には申し訳ないですが、あの顔とあの声で、メディアを威圧するような言動を見せられると、「ああ、菅内閣もこの政治家も、日本が背負っている大きな苦悩とは無縁の存在だな、結局は自分をいかに売り込むかしか考えていないのだな」と思えるのです。元死刑囚をVIP待遇にしたという批判も的を射ていると思います。「いや違う。日本政府はよくやった」と思われる方も含めて、できるだけ多くのご意見をいただきたいと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : mayu : July 23, 2010 10:38 PM

きつい言い方になりますが、民主党は拉致問題を利用したのではないかと思えて仕方がありません。事業仕分けと同様に派手なパフォーマンスで、熱心に取り組んでいるように国民にアピールしているだけです。
広淵先生が仰る通りで、マスコミを抱き込むやり方も軽さばかりが見えてしまいます。
多くの人が指摘しているように、金賢姫元工作員の入国に当たって超法規的な措置を講じた事も問題ですし、大韓航空機テロでの日本旅券偽造について何ら調べることもなく済ませるのは国家主権の認識に欠けています。
管総理は、総理就任後拉致被害者家族会と面会した時だけブルーリボンバッジを着け、面会が終わった直後にバッジを即刻外しました。そんな政党だからこそ、韓国のテロの犠牲者遺族の気持ちなど全く無視した今回の一連の派手なショーに自己満足している様が、テレビ画面から伝わってきます。
家族会の方々が仰っていたように、今後具体的にどう解決していくのか、私達は厳しく見ていかなければなりません。事業仕分けのように見かけ倒しで終わってしまう事の無いように。
『わざわざ金元工作員を来日させた理由は、薄れかけていた拉致問題に対する国民の関心を喚起するため』・・・って、民主党にだけは言われたくない科白ですっ!

2 : 湖の騎士 : July 24, 2010 10:12 AM

mayu様 やはり今回の金賢姫訪日は、政権の人気取りとしか思えません。本当に拉致問題を考えているのなら、もっと「良い後味」が残ったはずです。どうも後味が悪すぎますし、こういう感覚が真実を見抜くのに必要だと思います。菅首相がブルーリボンバッジを家族との面会直後に外したことは、当時マスコミも少し伝えましたが、彼はもともとこの問題には関心がないのです。鳩山や中井の「どうだ、うまく行っただろう!」といわんばかりのコメントを聞いていると、大衆向けを狙った企画だったことを、自ら明かしているようです。しかし国民は彼らの計算よりも、その「嫌らしさ」を見抜いていると思います。「志なき計算」が裏目に出ているようです。

3 : 泥田の落武者 : July 25, 2010 03:45 AM

湖の騎士様、

金容疑者の来日は、

金容疑者には「物見遊山」
民主党には「拉致問題向けパフォーマンス」

ただ、金容疑者は法律上で言う「善意」でしょう。民主党から「来てくれ」と頼まれて、日本旅行。スケジュールは日本側が決めるから、彼女はそれに従うだけ。

でも民主党は政権政党であり、その行うことは税金で賄われます。即ち、彼らは金容疑者の「訪日」で成果を上げねばならず、成果が上がらなければ「結果責任」を問われますよね。

で、警察も外務省も事情聴取はせず、菅直人首相も面会せず、軽井沢でルーピー鳩山の別荘でお食事会。記者会見すら無し。

結局新しいネタは無く、昔話に花が咲き、数千万円の血税が空の彼方へ消えました。

こういうのをこの1年で何度見たでしょう?目的と手段の整合性の無いまま、思いつきのアイデアが実行され、結果は「金返せ!!」、追及すると開き直るか、逆切れ。こういう優しさが中井ハマグリさんが未だに女性と路上チュウをさせ、議員宿舎のカードキーを他人に渡させる原動力かもしれませんが、納税者からは「自分の金でやれ」と思ってしまうのですが。

もてない男のひがみでしょうか?

4 : 湖の騎士 : July 25, 2010 05:26 PM

泥田の落武者様 いま米韓軍事演習で朝鮮半島の緊張が高まっています。その認識が日本政府にも国民にもメディアにもきわめて希薄です。そういう時期に、金賢姫元工作員を軽井沢に呼び寄せて、拉致被害者家族と会わせるという政治的センスに大いに疑問を感じます。彼女を呼ぶということは、「人情劇」で済む話ではありません。容赦のない国際対立の中に、自ら(日本国)を投げ込んだという認識が、どう考えても中井・鳩山両氏にはないと思えます。頭の回転がそこまで行っていないのです。もし、「深刻な事態を招きかねないがあえてやるのだ」という認識があれば、決意は自ずと表情に出るでしょう。コメントの中にも出てくるはずです。結局は「税金を使っての人気取りパフォーマンスだった」ということです。とくに気に入らないのは、軽井沢の別荘での料理のシーンをテレビ局に「下げ渡す」という感覚です。そんな「官製」の映像など「要らない」と突っ返せばいいと思いますが、競争相手がいる日本のテレビ界ではそうもいきません。中井ハマグリ大臣の得意面を思い出すと不快度は高まりますが、政府も彼もどこかで民衆の報復に会うと思います。

5 : niraikanai : July 27, 2010 12:42 AM

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。申し訳ございません。
金元死刑囚の来日ですが、テレビで見る限り、どうしても
民主党の政治的パフォーマンスにしか見えませんでした。
多額の費用をかけたパフォーマンス。

中井ハマグリ大臣(思わず笑ってしまいましたが)の
話し方や表情は、本当に拉致被害者のかたやご家族を
考えているとは思えません。

美しきスパイに魅せられた、頭の悪い政治家たち、
そんな悪い印象を持ってしまいました。
金元死刑囚のほうが民主党の政治家たちよりも、
親身に、早く被害者たちに戻ってきてほしいと
願っている気がします。

6 : 湖の騎士 : July 27, 2010 10:09 AM

niraikanai様 お久しぶりです。昨日、中井ハマグリ大臣は記者たちに、「『何の成果もなかった訪日』について、これから総理に報告に行く」と語ったそうです。金賢姫訪日について「何の成果もなかった」と報道したマスコミへの八つ当たりだそうです。こんな言葉で「皮肉を言ったつもり」になっているところが、頭脳の程度と志の低さを物語っています。仰るように、拉致被害者の家族への思いは、金元死刑囚のほうが、よほど真剣だった気がします。貴重なコメントをありがとうございました。