View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 16, 2010

「日銀と緊密な連絡を取って」という「無策」 -

先週、急激な円高が進んで一時1ドルが84円台に突入しました。この時、民主党の経済閣僚も管首相も「日銀と緊密な連絡を取り合って、状況を注意ぶかく見守ってゆく(大意)」というコメントを出しました。しかし多くの国民は「なんら中身がない」「こういうコメントは『無為無策です』といっているに等しい」と感じたと思います。一部の新聞はこれを厳しく批判しましたが、大多数の人々は政府の無為無策に慣れっこになっているようで、あまり怒りも焦燥も募らせていないようです。そもそも政府は、こういう状況下では、どう振舞うべきかについての知識もイメージもないと思われます。日本の過去を糾弾するのには、異常なまでの情熱を傾けるのに、目の前に迫っている経済危機については、打つ手がないという感じです。 

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : August 18, 2010 06:10 PM

このところの円高は私には理由が分かりません。
以前の円高は対ドルに対してだけでしたから、日銀が独自にでも或いはアメリカや欧州諸国と連携してドル買いに出るという手も使えましたが、今回の円高はドルに対してだけではなくユーロにもポンドにもですから、いかに太っ腹な日銀でも世界中の通貨を買いまくる訳にはいかないでしょう。ユーロ圏もアメリカも自国の通貨安には容認の態度ですから、これでは成り行きに任せるしか手の打ちようは無いと思われます。
この際は是非とも広淵先生のお知恵を拝借して打開策をお示し頂きたいと思います。私には皆目打開策など見当も付きませんので・・・

2 : 湖の騎士 : August 18, 2010 09:30 PM

悠々様 円高を止める具体策は誰にもないと思います。「投機筋に舐められるようなコメントはしないこと」が、目下の最低必要な対策です。しかし管政権の「日銀と緊密な連絡を取って」というコメントは、何の効果もないだけでなく、「我々は無策です」ということを、世界に向けて告白しているに等しいものです。こういう中身のないコメントなら、「しないほうがよほど効果的」だと思います。いずれにしても、経済を建て直すことにもっと責任感をもって取り組んでもらいたいと思います。

3 : Sako : August 22, 2010 03:41 PM

私は、政府の傍観する政策に賛成です。

円高が続けば、日本の産業構造が変わるかもしれないと期待しているためです。

民主党はどうしようもない無策だと思います。しかし為替介入により輸出企業を助けるのは解せません。

つい数年前まで輸出企業は利益をだしていましたが、労働者の所得はあがりませんでした。

景況感が改善しても所得上昇が期待出来ない以上、円高により輸入物価を下げる方が家計には有利です。
そして産業構造が変わり、サービス産業の効率性があがることを期待します。

4 : 湖の騎士 : August 22, 2010 10:06 PM

Sako様 無策でも現下の情勢ではやむをえないかも知れません。私が懸念しているのは、「何の中身もないコメントを出すことの危険」です。円高にかぎらず、管内閣の閣僚たちは、外交問題に関しても「言ってはいけないこと(外交ルール上)」を無神経に口にしています。「発言の反響」を計算してしゃべってほしいものです。