View of the World - Masuhiko Hirobuchi

September 26, 2010

国民を無力感におとしいれた菅政権 -

今回の尖閣諸島への不法侵入と日本船への衝突を引き起こした中国人船長以下を、何の策もなく釈放してしまったことについて、日本国民が受けた衝撃と、固有の領土さえ守れぬ政府を持つ無力感は、言葉では表現できません。菅首相も仙谷官房長官も、外交的にまったくの無能であることを露呈してしまいました。温家宝首相は国連の場でも、在米中国人社会への演説でも「領土については一歩も譲らない」と言いきっているのに、管首相の方は、「アメリカの世論を味方につける」という発想がまったくなく、外交的には完全な敗北です。今後こういう人が急に成長したり目を瞠るような変身をとげるということは不可能でしょう。一刻も早く退陣させねばなりません。具体的には彼が首相であることの危険を 1.友人知人に一人でも多く伝える 2.そうした意見をマスメディアに向けて電話なり手紙で伝える この2つを並行させておこなってみてください。私も及ばずながらこの2つを実行しようと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : FUMIHITO : September 27, 2010 10:17 AM

おはようございます。
私もニュースをみたときは愕然としました。
何を阿呆なことをやっているのだと…

船長を釈放すれば事態が解決するといった何の根拠もない楽観論。無能としか言いようがありません。

案の定中国サイドは『謝罪』『賠償』を求め、船長は中国では英雄扱い、『また尖閣諸島に行く』とまで言っています。
もしかすると領土問題を打開しようと最初から綿密に仕組まれた罠だったかもしれませんね。

今後この国はいったいどうなってしまうのでしょう?
石原慎太郎氏は『日本このまま沈む』と言っておりましたが…
なんだか龍馬伝と同じような時代背景の気がするのは私だけでしょうか?

2 : リッキー : September 27, 2010 12:37 PM

先生こんにちは。
これほど腹立たしいニュースが今まであったでしょうか?きっとあったと思いますが全て忘れました。
今回の判断、誰から見ても間違いであり、あり得ないことです。外交素人の私ですらわかります。日本の領土内で発生したことは日本の法律で裁く、それは当り前のことであり、国である以上毅然とした対応をしなければ、侵略されてしまう恐れすらあります。中国はそれを平気で行う国です。
今まであらゆるニュースを毎日必ずチェックする私ですが、今回のニュースだけは、腹が立ちすぎて、また不安過ぎて見ることもできません。中国人すら嫌いになりそうです。
自民党時代だったらこんなことはなかったのか?同じなのか?でも確実に今の政権よりもマシだったのでは??っと暇さえあれば考えてしまいます。
一刻も早く総辞職してくれることをただひたすら願います。

3 : 湖の騎士 : September 27, 2010 03:16 PM

FUMIHITO様 今回の「事件」は、はじめから中国が筋書きを書いたものだと思います。詳しいことは「週刊文春」9月30日号にも載っています。日本政府の要人たちは中国に対し「冷静に」と再三呼び掛けていますが、「尖閣は日本固有の領土であり、ここを侵犯したのは中国だ」ということを、もっとはっきり言うべきです。それを行って「国際世論の支持」を得るべく行動する必要があります。国連安保理に提訴することも有効でしょう。とにかく菅内閣のやっていることは、ガッツ(根性)も知性も教養もなさすぎます。即刻退陣すべきです。

4 : 湖の騎士 : September 27, 2010 03:23 PM

リッキー様 菅首相と仙谷官房長官は、まさに「国賊」であり「売国奴」です。誰が見ても正しくないこと、愚かなことをしています。彼らが進化し改善することはあり得ません。これほど国民を不安におとしいれ、「こんな政治家がいたのでは日本は滅びてしまう」という無力感を国中に蔓延させた罪の重さははかり知れません。おっしゃるとおり、自民党政権ならもっとはるかにましな対応ができたと思います。今回の大失態は、なんといっても「民主党の教養のなさ」が招いたものだと思います。

5 : Anonymous : September 28, 2010 12:41 AM

外交音痴どころか正しい歴史認識も国家間も持ちあわせない民主党政権を恫喝しねじ伏せる。罠にはまった日本政府の失態で国民を落胆させ、無力感を蔓延させる…これも共産党の日本解放工作の一端でしょう。共産党は本気で日本を属国にするつもりで着々と軍拡にいそしみ、世界中の資源を狂ったようにかき集めています。
中国人観光客の経済効果をマスコミに刷り込まれた人々が、今回の件で、チャイナリスクや、最前線の防衛の実態の深刻さに気付き始めた事が唯一の救い?ではないでしょうか。しかし、日本の経済界は将来の展望も無く目先の利益を得る事のみを追及してきた浅はかさの付けがようやく回って来たようです。問題先送りの日本外交も同じですね。
私もこんなに愕然としたのは初めてで最初は気力が萎えたのですが、こみ上げてくる怒りのエネルギーで政府や民主党などに抗議のメールを送りました。(メールよりはFAXの方が効果的だそうですね。回線が混雑して国賊仙谷へは未だに繋がりにくいです)

6 : mayu : September 28, 2010 12:45 AM

先生、5番のコメントはmayuです。名前を入れずに送信してしまいました。申し訳ありませんでした。

7 : 湖の騎士 : September 28, 2010 03:46 PM

mayu様 こんなに多くの日本人が愕然とし、新聞を読むのもニュースを見るのも嫌になった思ったことはかつてないことです。それなのに菅も仙谷も、検察に下駄を預けて「政府は関知していない」と嘘を言っています。菅はNYで、問題をどう解決するかには興味を示さず、「世論がどうなっているか」ばかり気にしていたと朝日新聞が伝えています。彼らが「よくなる」という見込みはありません。いかにして政権を交代させるかが最大の問題です。この時期に国会を開いていないことが、大きなマイナスです。とにかく「国際世論を味方につけ、姿勢だけでも中国と全面対決する」という覚悟を世界に示すしか解決の道はないと思います。知性とガッツの不足が大きな国難を生んでいます。引き続きご意見の表明をお願いしたいです。

8 : リッキー : September 29, 2010 02:22 PM

先生こんにちは。
先ほどヤフーニュースで仙谷氏が今回の対応を見誤ったと認めたとニュースが出ていました。今更何を言っているんだ?という気持ちです。そんなこと判断する時にわかりきっていることであり、中国という国を理解していれば簡単に判断できます。中国は邦人を拘束していることについて中国の法律で裁くと言っています。この拘束自体が報復だと見る見方が大半ですが、仮に中国で中国の法を犯せば当り前のことです。それなのに、日本は日本の領土内で起きた犯罪に対して、日本の法律で裁くことをせず保釈るという最悪な判断をしました。
これから私たちはどうすればいいにでしょうか。どうすれば民主党政権を倒すことができるのでしょうか。
毎日ニュースを見ることが嫌で仕方ありません。

9 : 湖の騎士 : September 29, 2010 04:51 PM

リッキー様 仙谷長官のあまりにも馬鹿げたコメントは、私もインターネットで読みました。彼は学生時代に左翼的な思想の持ち主で、「社会主義はよいことだ」という思想を頭の奥深くに刷り込まれています。旧ソビエト「社会主義」連邦共和国も中華「人民」共和国も国名ゆえに素晴らしい国だと思う単細胞左翼の一員です。8月に菅首相が韓国に謝罪した言葉も、仙谷が「言わせた」ものです。その時、「韓国人から言葉を奪い文化を奪った」とコメントし、その「あまりの無知」を厳しく批判されました。韓国人の誇るハングルを学校で教えることにしたのは日本だったという、こんな簡単なことも分からないのかーーという批判です。その時、「ああ、自分の対外認識はこの程度のものだったのか!」と深刻に反省しておれば、今回のような無様なミスは避けられたはずです。しかし、メディアは管に対しても仙谷に対しても追及が甘く、その「甘さ」が今回の大失態につながったといえます。仙谷の頭脳では、日本は急速に破滅へ向かうでしょう。早く彼を葬ることが必要です。「決め手がない」とあきらめずに、職場でも友人間でも大いに語り合ってください。