View of the World - Masuhiko Hirobuchi

November 06, 2010

尖閣ビデオ 本末転倒している論議 -

尖閣諸島で中国の漁船がたびたびの日本側の警告を無視して海上保安庁の船に体当たりしている映像が、まず You-tubeに流れ、続いて全国ネットのテレビ各局でも放送されました。これについて「倒閣運動だ」とか「管理能力がなっていない」といった批判がメディアを覆っています。正論であり、大切な意見です。しかし今回の事件で最も大切な問題への切り込みがちょっと弱い気がします。日本のような自由な社会で、そもそも「この映像を一般国民には見せない」と決断した者たちの発想の根本的誤りをもっと鋭く批判すべきです。菅ー仙谷ラインが企図したのは、中国や旧ソ連のような情報統制です。「国民に見せれば、世論は沸騰して『反中国ムード』が一気に高まる」ことを恐れたのでしょうが、国民は真実を知る権利があります。政権の首脳たちが考えたことは、根本的に自由な社会の理念に反しています。戦時中に米「ニューズウィーク」誌が表紙に毎週印刷していた言葉を思い出します。「よく知らされた公衆は国家の最大の安全保障である」というものです。いかにひどい映像を見ても、日本国民は激昂して反中暴動を起こしたりはしません。もっと理性的で冷静です。それを何を恐れてか、真実を国民の目からひた隠しにして、そのことに何の罪の意識も感じない政権首脳! 日本国民および世界の良識ある市民が真実を知れば、中国だってゴリ押しの外交は控えるはずです。日本のトップの、かつての左翼政治家としてのルーツ、つまりは「お里」が知れたというべきでしょう。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : とりのぼ : November 6, 2010 07:00 PM

ビデオを見た感想ですが、政府があくまでも船長を釈放し、帰国させたのが那覇地検の独自の判断と言うのならば、その判断を下した人達を処分すべきと言う声が上がって当然だと思います。海保の船の修理代は国民の血税を使うのでしょうか?船長もしくは中国政府に弁償させるべきです。

2 : 悠々 : November 7, 2010 08:24 AM

私は何故このビデオを秘密扱いにして国会議員にでさえダイジェスト版をそれも携帯電話も持ち込み禁止にして見せなければならなかったのかその真意が理解できませんでした。
海上保安庁サイドでは中国漁船の無法は操船ぶりを公開して海上保安庁の正当性をアピールしたかったに相違ありませんし、その方が国益に叶っていたと思います。
このビデオ公開を行った人に拍手を送りたいです。
そして公開を阻んでいたのが外務省の役人なのか公邸側なのか事実を究明して欲しいです。

3 : とりのぼ : November 7, 2010 01:05 PM

私は、今回の一連の事案対応について、我が国が誰の意思決定により動いているかが極めて不明確な所が問題であると感じています。私は、国益に適うのならば政府が実施する超法規的な措置は、有っても良いと考えています。今回の船長の釈放も、政府が実施するのならば、判断の良し悪し、結果の良し悪しは議論が有りますが、国家としての対応の一つの方法だと考えることができます。
今回のような、明らかに外交問題に発展するであろう事案を、地方検察が判断して釈放すると言うこと(もしくは、本当は国の指示なのに???、地検の判断だとすり替えること)が、国の対応としておかしいと感じています。
諸外国は、今回の我が国の対応を見て、我が国が国家として下部組織をコントロールしていない、もしくは、政府がリーダーシップをとっていないと見るのでは無いでしょうか?

このようなことが続けば、江戸幕府が諸外国から相手にされなくなった明治維新のころの状況が再現されるのではないでしょうか。(かなり大げさですが、余計な心配をしてしまいます。)

4 : 小竜 : November 7, 2010 02:04 PM

確かに国防に関することなど、重要機密とされる一般的に公開できない情報を政府が外部に漏れることを抑えるというのなら分かります。

しかし今回のものは公開したからといって国の根幹を揺るがすものなどではなく、むしろ全うな世論を求めるのであれば公開すべき内容でしょう。
それに長期的に見れば今回の判断は国益を損なうものであって失政に他なりません。

確かに国が判断して守秘とされた情報が外部に漏れるなどということは問題なのでしょうが、そもそもは管政権が過った情報統制をすることで不満が募り、情報漏えいという無秩序をうみだしたのだと思っています。

メディアは必死に、誰が内部告発をしたのか?ということに躍起になってますが、内部告発の一件を見てもこの状況は中国やソ連と言った国の状況と酷似していて少し恐ろしく感じております。

5 : 湖の騎士 : November 7, 2010 05:29 PM

とりのぼ様 第一のコメントへのお答えです:今回の不祥事あるいは大失敗は菅政権の「体質」が招いたものです。具体的に言えば仙谷官房長官の無知および「理念の誤謬」です。中国は「そんな悪辣なことをする国じゃない」と言い切り、青春時代に刷り込まれた対中イメージのままに行動して失敗しました。現実を見る能力も世界史の知識もなく、ただ自分の「思い込み」だけで中国を美化し、日本に回復不可能なくらいのダメージを与えたのです。それでも彼は「自分のお粗末な頭脳がこの混乱を招いた」という意識が皆無です。続きをもう一度書かせていただきます。

6 : 湖の騎士 : November 7, 2010 09:40 PM

悠々様 圧倒的多数の日本人は悠々様と同じ意見だと思います。この映像を公開しないと決めたのは外務省ではないでしょう。明らかに仙谷官房長官です。彼の判断はいつも間違い続けています。判断を誤るのは、思想の根底に問題があるからです。自由で開かれた民主主義社会では、今回のような場合、国民に公開するのが当たり前です。しかし彼のメンタリティは、旧ソ連や中国政府のメンタリティに近く、大衆に真実を知らせないことが当然と思っているふしがあります。近代民主主義の根本が分かっていないから、こういうことになるのです。

7 : 湖の騎士 : November 7, 2010 09:48 PM

小竜様 ご意見に全面的に賛成です。漏洩の犯人探しに狂奔しているメディアはおかしい。最大の問題は「菅政権は民主主義の鉄則を踏みにじっている」ことです。まさに中ソのような全体主義的政権であり、自分たちの都合のよいように情報をコントロールし、世論を歪めて操作しようとしているのです。非常に危険な政権です。メディアはそこのところを徹底的に突くべきです。このままだと日本は「情報統制国家」になってしまう危険が大いにあります。

8 : 湖の騎士 : November 7, 2010 10:11 PM

とりのぼ様 2回目の貴コメントへのお答えです。菅内閣の今までの意思決定の過程を振り返ってみると、今回の事件に関する意思決定もことごとく仙谷官房長官が行っていると見るべきです。諸外国はこの件についての一連の対応を見て、日本を徹底的に軽蔑しているでしょう。中国政府は日本を舐めきっています。しかし政権のトップにいる二人にはそれが分からないのです。完全に頭がイカレています。この状況を幕末のそれになぞらえるのはけっして大げさではありません。民主党の内部からもこの内閣を引きずり降ろすくらいの若い力が出てきてほしいものです。それが無理だとしても、メディアは早く菅内閣に引導を渡す論陣を張るべきです。

9 : Sako : November 11, 2010 08:18 PM

公開しない民主党は愚だと思います。
何故、あの程度のものを公開しないか謎です。

しかし、英雄気取りで逮捕された海上保安庁職員は許せません。
これが前例となり、今後国家を揺るがす機密事項を漏らされる危険性があるからです。


また、軽犯罪でも顔写真付きで氏名を全国に晒すのに、顔も指名も公表しない報道しせいに納得がゆきません。

10 : 湖の騎士 : November 14, 2010 05:08 PM

Sako様 尖閣のビデオをなぜひた隠さねばならなかったのか? 菅ー仙谷両氏の判断は本当に解せません。今後も国益にかかわる判断ミスを繰り返すでしょう。これを流出させた人間が本当に英雄気取りなら、それも由々しいことです。写真を出さないけれど彼の家に家宅捜査が入る現場は映させました。どうも一貫性がないようです。マスコミはビデオ流出の報道に力点を置いていますが、これと比較にならないもう一つの情報漏洩については関心が薄いようです。それは「公安関連の協力者等の名簿流出」です。協力者の生命に関わる重大な失態であり、国家の基本をゆるがす大問題です。政府といいマスコミといい、どうも重点の置き方が世界の常識とかけ離れているようで、事態は深刻です。