View of the World - Masuhiko Hirobuchi

January 13, 2011

居眠り仙谷 醜悪・与謝野 -

菅直人首相は、内閣改造と党役員人事に踏み切りました。誰もが驚いたのが、与謝野馨氏の「閣僚としての起用」です。首相は「税制改革などで意見に共通性がある」と言い、与謝野氏も「自分の持っている知識経験を国のために生かしたい」と述べていますが、こんなことは子供騙しのきれいごとであり、圧倒的多数の国民は「与謝野は権力の甘い蜜に吸い寄せられた」「節操もなく醜悪な裏切り者だ」と思っています。そして自分の権力保持のためにこういう人事を行った首相を「いかにも菅らしい汚いやり方だ」と見ていると思います。与謝野氏は一昨年の麻生太郎内閣の末期にも、勇ましいことを言って麻生首相に迫りながら、最後には腰砕けになった人です。そういう人を用いたこの人事は菅首相の思惑どおりには行かず、かならず裏目に出ると思います。一方、仙谷氏ですが、なぜ官房長官として、あれだけの判断ミスを犯し、日本に多大の損害を与えた人物を党の重要ポストで遇さなければならないのか。菅氏には物事の理非曲直を見抜く力が全くないと見えます。内閣の支持率急落原因の大半は、「仙谷の頭脳から出たもの」です。加えて彼は官房長官としての最後の最後で、釈明の出来ない大ミスを犯しました。12日皇居で、天皇陛下に3人の碩学がご進講を申し上げた場面に同席した仙谷長官は、居眠りをしてしまい、持っていた印刷物を床に落としてしまったのです。彼はしばらくそれに気付かず、そばにいた衆院議長だかが呆れ慌てていました。なんたる不謹慎であることか。公人として、取り返しのつかない失態です。それについても、彼は何の反省もしていません。こういう人物を党の要職に据え、胡散臭い裏切り者を重要閣僚として起用するという菅首相の政治センスには、呆れ果てるしかありません。

[Post a comment]

COMMENTS