View of the World - Masuhiko Hirobuchi

April 25, 2011

菅首相に人気がないのは「アンフェア」だから -

相次ぐ選挙での敗北を受けても菅直人首相は「真摯に受け止めるべきだ」とかなんとか口では言うものの、退陣はいつも否定しています。そして「震災への対応はきちんとやっている。対応の仕方が悪くて選挙に敗れたとは思わない」と強弁しています。では民主党は昨年の参院選をはじめ、統一地方選でもなぜ惨敗つづきなのか? 理由は簡単です。「菅首相は無能であるばかりでなく、人間としてのフェアさに欠ける」からです。嘘つきであり、悪いことは野党や部下のせいにし、出処進退にしても、あらゆる言動にしても、いさぎよさを感じさせません。頭にあるのは保身ばかりで、これでは「人気が出ないようにする見本」みたいなことばかりやっているから人気が出ないのです。今までやってきたことと逆のことをやれば、人気は着実に上向きます。これは断言してもよい。しかしこの人にはそれは無理です。もともと人間としてアンフェアな人であり、全体を見通す眼力も能力もないからです。「こういう時に首相を変えるべきでない」という一部の声に彼はしがみついています。しかし、増税路線を取ろうとしていること一つを見ても、菅首相の全体観は大きく狂っています。彼が政権の座に留まっていること自体が日本にとっての大きな災厄です。一日も早い退陣を求めます。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : mayu : April 26, 2011 10:46 PM

管首相の言動は、被災地救援の邪魔をし、国民の不安を掻き立てるばかりです。現場の視察や乱立する会議は、全て首相の私心から出たものでしょう。
これ以上居座られると、原発事故の対応など海外からの日本を見る目も厳しくなります。
被災地の第一線で獅子奮迅の活躍をされている方々がいる一方で、国民の心が離れてしまっている内閣は、全く機能していません。やはり、こんな時だからこそ首相を変えるべきだと思います。
それと、現政権はやたらとChinaのご機嫌をとろうとするのが気になります。他に優れたものや有効な手段があるのに、Chinaの放水車や重油提供の申し出を、他国の好意を袖にしてでも優先させようします。真っ先に駆けつけてくれた台湾の救援隊を留め置き、Chinaが現地入りするまで待たせたり、Chinaと韓国だけ外務副大臣が空港に出迎えたりと、何故なのか腑に落ちません。
それにしても今、管さんの次は?となると更に悩ましいです。

2 : 湖の騎士 : April 27, 2011 10:41 AM

mayu様 菅首相への批判は今後さらに強まるでしょうが、本人が「最大の障害は自分だ」ということをいつまでたっても悟らないところが日本の悲劇です。誰も彼には期待していないし、彼が何かをすればかならずマイナスの結果が出ます。後任に適任者がいないからとか、後継者が育つまで自分が繋ぐなどと言うのはおこがましいかぎりです。朝日・毎日の両紙は一日も早く菅政権打倒の動きに踏み切るべきです。後任には「大局観がありフェアな人」であれば、多少の不満はあっても国民は我慢すると思います。