View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 15, 2011

首相が変わればムードは変わる -

国民の多くが、「街が暗いのも節電のためやむをえない」と思い、さらには「暗くて当たり前」と感じています。そして「この状況では増税もやむをえない」とも思っています。政府が東電の失態をクローズアップする世論操作にはめられているのです。「街が暗くて当たり前」とか「増税もやむをえない」などということはけっしてないのです。これに似た状況を、私は1970年代のイギリスで見てきました。73年10月に起きた中東戦争で、少しでも親イスラエル的と見なされた国には石油を輸出しないというアラブ産油国の決定により、オランダやイギリスの石油不足が決定的となり、そのために政府は節電を徹底しました。こういう時でも、民衆は政府に対してぎゃあぎゃあと文句は言いません。しかし暗い年末のあとに訪れた総選挙で、野党の党首ハロルド・ウィルソンは時のエドワース・ヒース首相を手厳しく批判しました。「電力が足りないというのは嘘で、それは政権の運用が下手だからだ」と言ったのです。この言葉はそっくりそのまま今の日本に当てはまります。自分の失政を棚に上げて、街を暗くし、人々の気持ちを暗くし、あげくの果てに「増税」とは、まさに頭が狂っているとしか思えません。ここで政権が交代し、新首相が登場すれば世の中のムードは一変します。イギリスの選挙では、ウイルソン率いる労働津が過半数には達しないものの、与党の議席を大幅に減らすことに成功し、政権を奪取しました。すると停電ムードは一変し、街はたちまち明るくなりました。トップが代われば、世の中のムードは変わるのです。「どの後継者候補もぱっとしないからねえ」という意見は菅首相の思うツボです。そんな意見に染まって首相の術中にはまらないことです。とにかく世の中のムードをもっと明るくし、経済活動を活発にできる陽性の首相の出現を待ちたいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 2008915 : May 15, 2011 03:02 PM

素晴らしいエントリーです。
真実をお書きになる勇気に感謝いたします。

これからもミスリードされた読者や視聴者に、正確な知識、正しいものの見方が、どれほど状況を判断するのに大切であるかをお示し下さいますようお願いいたします。

2 : 湖の騎士 : May 16, 2011 11:03 AM

2008915様 貴重なコメントをありがとうございます。大きく励まされています。今の政権は「一つの見方」しかできず、そのために不要な不自由を国民に強いています。この苦難は、総理にもっと幅の広い教養があれば、乗り越えられる苦難だということに気付いていません。辛抱強く、同時にかなりのスピードを伴って真実を知らせる努力をしなければと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

3 : 健太郎 : May 21, 2011 11:12 AM

こんにちは。

政治と東電の実態が解る立場で無いので どれが真実なのかは私には判断できませんが  貴兄のおっしゃる 「首相が交代すれムードが一変する」との事ですが 誰に後継を託したら良いのでしょうか?

4 : 湖の騎士 : May 22, 2011 10:11 AM

健太郎様 私にいま特定の意中の人はいません。「能力はそれほど高くなくてもフェアーな人、嘘つきでないこと、自分をよく見せることばかり考えて国家・国民の利益になることは考えない人でないこと」ーーこれくらいの条件を満たす人は、菅首相の他に数人はいると思います。本格政権に移行する前に、せめて「嘘つき liar でない人」と代わってほしい。菅首相は、嘘つきで卑劣で定見もなにもない人です。飛行機の操縦ができない人が日本という巨大飛行機の操縦席にいるようなもので、本当に恐ろしい話です。