View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 04, 2011

不信任案は民主主義が機能している証明 -

2日に決議された菅内閣への不信任案について、「今はそんなことをしている場合ではない」「永田町の権力闘争だ」「茶番劇だ」といった意見が、かなりマスコミに出回っています。被災地の人が数人怒りをこめてこういうと、「そうだ。その通りだ!」と同調する人がふえていきます。しかし、はたしてそうでしょうか。被災地の人々が困っているのは、無能すぎる菅内閣のせいです。一刻も早く彼を退陣に追い込むことが、国会議員の務めではないのですか。もし野党がこの内閣に不信任を突きつけなければ、それは怠慢であり、国会議員としての義務を怠っているということではないですか。今回の決議は、日本で民主主義が健全に機能していることの証明です。「こういう非常時に何をしているのか」という考えは、まさに日本人独特の「情緒的な反応」であり、異論を許さないという危険な発想です。菅首相の詐術に引っかかって、民主党員は彼の延命に手を貸しました。ステレオタイプ化した俗論をまき散らして、不信任案を否決に導いたマスコミと並んで責任はまことに重いといわざるを得ません。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 2008915 : June 4, 2011 03:43 PM

>日本人独特の「情緒的な反応」であり、異論を許さないという危険な発想です。

ネットの掲示板などを回ってみても、騙された前首相に非があるという趣旨の意見が多く、冷静に見えて実は情緒的で”ステレオタイプ化した俗論”に近い論理がまかり通っています。どう考えても”信なくば立たず”が上に立つものの最低条件であると思うのですが”騙された方が悪い”との意見が多く、とまどってしまいます。

この国はどうなっていくのでしょうか、、、。

2 : 湖の騎士 : June 4, 2011 11:31 PM

2008915様 貴重なコメントをありがとうございます。今いちばん心配なことは、マスコミも一般の方々も「ほとんど同じ意見」に傾いていることです。これはまさに「全体主義的画一化」そのものです。多様な意見が存在し、自分とは違う価値観を重んじるというのが「自由な社会」のはずですが、日本は「自分とは違う価値観はメディアに載せない」社会になりつつあります。4日の朝日新聞朝刊で若宮啓文という主筆が、今回の不信任案提出で国民が「あきれた」と書いていました。この人はあの野党の行動に「あきれた」のでしょうが、私は彼の頭の中身に「あきれ」ました。かつてこの人は「竹島を韓国に譲ってしまったらどうだ」と書いて、大物議をかもしたことがあります。内閣不信任を出すのは、野党として聖なる義務のひとつです。若宮氏はそこのところが全く分かっていないようです。ところで「ペテン師に騙される方が悪い」という論調は、鳩山氏が不必要な場にしゃしゃり出て、民主党の代議士会の空気を変えてしまったことへの「糾弾」も含まれていると思います。それにしても詐欺同然のことをした菅首相をもっと厳しく叩く世論が出てこないと、日本は本当に駄目になってしまいます。さらにメディアの目を覚まさせるべく、務めるつもりです。

3 : 2008915 : June 5, 2011 02:30 PM

湖の騎士様、お返事ありがとうございます。

確かに、鳩山氏が突然出てきて空気を変えてしまったことへの不信感は大きかったと思います。それとともに、普天間の件以後、メディアが押した烙印が、今回のことを論じる前に国民の目に焼き付いているのも、また確かかと思ってしまいます。

今朝のテレビ番組で民主党の誰かが 『世界で一番バカなのは鳩山氏、一番悪人は小沢氏、一番ずるいのは菅氏』 と言ったとか言わなかったとか放送されておりましたが、この哀れな日本に、バカはともかく、それほどの大悪人も、恐れるほどの狡猾な人間も存在するとは思えません。視聴者受けや煽りを狙ったネタふり報道ではなく、もう少し節度と敬意を払った放送をして頂きたいものです。

4 : 湖の騎士 : June 5, 2011 09:15 PM

2008915様 鳩山氏は自分が首相在任中にどんなに出鱈目を言ってきたかをすっかり忘れています。いや、それよりも出鱈目を言ったという意識すらないのかも知れません。「次期衆院選には出ない」と言っておきながら、あっさりと前言をひっくり返す「軽さ」は、本当に有害です。沖縄の人たちにあれだけ約束したことの重さも理解していません。しかし世間には彼を糾弾する人が何百万といるでしょうから、私が何もその群れに加わらなくともいいでしょう。私は不信任案を提出しそれを決議しうる日本がきわめて正常だということを申し上げたいのです。みんながこぞって今回の出来事を「権力闘争だ」「茶番劇だ」と貶める傾向は議会制民主主義にとってまことに危険な兆候だと強く言いたい。それから今朝のテレビでどこかの「煽り屋」が、世界で一番悪いのは小沢氏で、一番ずるいのは菅氏」と言ったことについて、私もまた今の日本にそれほどの悪人もそれほど狡猾な人物もいないと思っています。小沢氏なんかは世界の悪党から見ればスケールも小さく悪に徹し切れていません。ただし「バカ」に関しては、あるいはあのルーピーさんはそうかも知れないな? という気はします。