View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 19, 2011

世界中で肩身の狭い日本人 -

マスコミでも少しずつ報じられていますが、近ごろ外国で暮らす日本人は非常に肩身の狭い思いをしています。大震災の直後には、「これほどの災害に会ってもくじけず略奪や暴行などに走らない日本人は立派なものだ」という尊敬の気持ちが強かったのですが、最近はその評価がガラリと変わりました。「これほど無能でアンフェアで嘘つきの首相がいるのに、デモひとつ起こせず、世界に見えるような行動を取れない日本人は愚かで飼い慣らされた腑抜けではないか」という声が圧倒的になっているそうです。ヨーロッパやアメリカで暮らす友人の何人かは「日本人として恥ずかしく本当に肩身が狭い」という頼りを寄越しています。菅直人首相は、「辞めるといって辞めないのは人間として最も軽蔑される『嘘つき』であり、自分の存在そのものが国民にとってうっとおしく有害なのかも知れない」と考える能力がないと見えます。マスコミも彼を辞めさせる決め手がなく、この1週間ほどは新聞もテレビも元気がありません。まさに梅雨空のようなメディア状況です。「新聞を読むのもテレビを見るのもいやだ」という人がふえています。さてどうしますか? 首相にゴマばかり擦って延命に力を貸している民主党政治家のリストを作り週刊誌に売り込んで記事にし、「こんなことをしていたら、君は次回の選挙ではかならず落ちる。反省するなら今のうちだよ」という警告を添えて選挙区の人々から当該代議士に送りつけるといった方法も考えられます。これは民主主義としてきわめて健全で効果のある対策だと思います。他にもっとよい案があれば教えてください。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : mayu : June 19, 2011 11:52 PM

管政権打倒や外国人参政権・人権擁護法(=言論封殺)反対を呼びかけ、尖閣諸島の危機を訴えるデモや講演会は都内や石垣市でもかなりの規模で行われていますが、ほとんど報道されません。
一方、反原発デモはNHK7時のニュースや民放で大きく取り上げられています。カーニバルのように派手で奇抜な出で立ち、太鼓を打ち鳴らし踊る様はまるでお祭り騒ぎ。ネットで動画を見ると”三里塚”や”日教組”他多数の幟が林立しており、民主党・社民党の支持母体が中心になって行われているのがわかります。反原発利権に蠢く彼らが、福島の被災者を全面に立てて勢いづいているのは、本当に許せません。

テレビでは、『政治家は被災地そっちのけで政治闘争している場合か!』と繰り返す。一刻も早く、管政権を変えなければ被災地は救えないのに!
民主党はできもしない政治主導にこだわり、この国を全く統治できていません。管総理は実務に長けた官僚に任せようとせず自信の手柄をアピールする事に心を砕き、結果、政府機能は麻痺しています。恐ろしい現実ですが、これをChinaが黙って見ているはずもなく、沖縄、宮古島近海や尖閣の海では挑発行為が繰り返されています。それでも、管総理の頭の中は保身のみ。南沙諸島の緊張は尖閣問題に直結していることを真剣に憂えている政治家は果たしてどれくらいいるのでしょか。

民主党議員に抗議のメールを送っても無視されるのは分かっていますが、『数は力なり』で直ぐにはっきりとした形を成さなくともじんわり影響を与えることができると思います。
名案も思いつかず、とりあえず地道に続けようと思います。

2 : 湖の騎士 : June 20, 2011 02:58 PM

mayu様 今まともな頭の持ち主であればあるほど言いようのない無力感に陥っています。これだけの国難の中にあって、自分の保身のことしか考えない総理大臣というのは、まさに犯罪者です。しかしマスコミは「自民党=守旧派」「民主党=改革派=正義派」といった図式を勝手に作り上げている人間に現場を握られており、どうしようもなくなっています。菅直人は去年の9月の党首選で、「どちらが総理にふさわしいかで選んでいただきたい」と言い、自分のことを「クリーンな政治家」といけしゃあしゃあと言い放ちました。ここまで醜態をさらし、自らの退き方も知らぬ男がよくぞ言えたものです。ここ3か月の言動だけ見ても、彼は断トツの「最低」です。党内の実力者たちが、よってたかって一日も早く辞めさせるしかないですね。子供たちの目にも、「人間はここまで醜悪なものなのか!」と映っており、教育上も甚だよくない事態が続いています。コメントありがとうございます。

3 : 泥田の落ち武者 : June 21, 2011 01:24 AM

湖の騎士様、

お久しぶりで御座います。

日本人はゼネストを起こし、首相官邸、民主党本部周辺に集結し、投石、放火、警官隊との衝突を起こすべきです。

民主主義の最終的な権利は国民が、政権、政府を選択することにあります。クソ菅の如き人非人は国会議員としての資格はもちろん、一国の宰相としての資格はありません。

もしそれを日本国民が見逃すなら、日本国民は自らその主権を放棄するも同様で、クソ菅と同罪です。首相官邸に被災者と原発、そして日本経済を人質にとり立て篭もるというなら、国民はその主権を最終的な形で行使し、クソ菅の腐れ首を福島原発の前に晒すべきでしょう。

クソ菅の代わりならば幾らでもいるでしょう。(自衛隊の平均的な幕僚ならば雑作もなく、原発以外の問題はかた付けます。)なぜ野党がゼネストを呼びかけ、首相官邸へのデモを呼びかけないのか私には不思議です。谷垣のおじゃる丸は嫁が死んで腑抜けになったのなら、代表の首をすげ替え、ゼネストを呼びかけるべきです。

それこそが真の民主主義と思いますが如何でしょうか?

4 : 湖の騎士 : June 21, 2011 06:16 PM

泥田の落ち武者様 本当にお久しぶりです。ご指摘のとおり日本人は自分たちが「主権者」だということを忘れているようです。なんでもかでも「政治が悪い」と人のせいにし、自らは動こうとしません。デモや抗議をするエネルギーがなくなっているのです。「そんなことまでして政権を変えても、次の政権もどうせまた無能だろう」と変にシニカルになっています。「無理をしないでもそこそこに生きていける」という過去の記憶の蓄積が行動を妨げています。しかしいま身近に迫っている危機は、そんな記憶など吹き飛ばしてしまうほど恐ろしいものです。「経済の近未来」が読めている政治家は民主党にはいません。一番分かっていないのが菅直人です。「自分が居座ることで国民に苦痛を与え、世界中で同胞に肩身の狭い思いをさせている」という当たり前の認識がなく、「誤った増税路線が国を滅ぼすかも知れない」と考えることもできないのです。落ち武者さんの提案がもっと切迫感を持って受け止められる日が、そこまで来ている気がします。