View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 06, 2011

橋下知事の有害発言 -

大阪府の橋下徹知事は、今回の松本龍復興相の暴言に対し、「謝罪したのだから辞任する必要はない。私自身も多くの失言をしている。(松本氏の言葉を)一々咎め立てするのは、日本の政治も末期症状だ(大意)」と語ったことが、5日の読売新聞で伝えられているそうです。インターネットの記事で読みました。この橋下発言はきわめて有害であり危険です。松本氏の宮城、岩手両県知事とのやりとりを実際にテレビで見た人は、「これは失言とか暴言とかの類の言葉ではない。自治体の長と閣僚との関係について、根本的なところが分かっていない。民主主義のいろはさえ理解していない愚か者の発言であり、これ以上閣僚を務めさせるわけにはいかない」と感じたはずです。菅首相は6日の国会で「被災者の皆さんを傷つけた」と陳謝しましたが、松本氏は被災者や被災地の人々を傷つけただけではありません。全国民および全世界に、「日本の復興相の知能のレベルはこんなもの」と知らせてしまったわけです。そういう愚か者を重要ポストに就けた総理の責任は、本人が考えているよりはるかに重いものです。ところが橋下知事は、「謝罪したのだから辞める必要はない」と言ったのです。浜岡原発を停めるという要請を菅氏が中部電力に対して行った5月にも、橋下氏は「これは大英断だ」と讃えました。しかし何の根回しもなく、エネルギー計画についての総合ビジョンもなしに、ただ「大向こう受け」だけを狙った菅発言を「大英断」と讃えた橋下発言は、世論に対して絶大な影響を及ぼしました。彼がここまで讃えなければ、菅の命脈はもっと早く断たれていたと思います。自分の気に入っている政策を発表した総理を、「大英断」と讃えた発言は明らかに有害でした。今回の松本氏の大不始末に対しても、同じような過ちをこの人は犯しています。しばらく国政についての発言を控えたほうがよいと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : K : July 6, 2011 08:20 PM

おっしゃる通りだと思います。
日本の政治は確かに末期症状ですが、だからこそ民主主義の原則である情報公開や、法に基づいた行政をおこなうべきです。
何の権限もない要請で一企業の事業に口を挟んだり、政治的判断で本来であれば会社更生法に基づいて処理される筈の企業が存続する事が有っては平等とはいえず、それこそ末期症状です。

橋下知事は他の自治体の判断にも時折コメントをしているようですが、彼がもし地方分権を掲げるのであれば、他自治体には干渉すべきではなく、自分の自治体に置き換えての考えを述べるに留めるべきです。

2 : 湖の騎士 : July 7, 2011 12:43 PM

K様 コメントありがとうございます。ここで橋下知事のことに触れたのは、彼が今後とも国政に口を挟み、その結果政府もマスコミも誤った判断をする可能性が高いと思うからです。同知事は「人気はある」かも知れません。しかし「見識は凡庸」です。一国の国政全般についてコメントするだけの知識も見識も持っていないのです。少しばかりの人気に舞い上がり、これ以上の愚見を口にしないでもらいたいと切に願っています。

3 : 悠々 : July 7, 2011 10:24 PM

橋下知事は良く放言をやらかしますね。
それもあまり知性を感じられない内容が多いです。
東京都知事も良く放言して物議を醸しますが、彼はそれなりに信念を持っているように思えます。
松本龍復興相の暴言に対する援護射撃も頂けません。松本龍復興相の暴言は民主主義、地方自治の精神を全く理解していない、思い上がった暴言です。謝って済むようなものではありません。
大臣になって舞い上がってしまったのか、元々の性格なのか、いずれにしても大臣には不適格です。そんな人物を大臣に据えた人もどうかと思います。内紛を収めるためのアメだったのかも知れませんが、人格の卑しい人を大臣に据えて欲しくないです。

4 : 湖の騎士 : July 8, 2011 10:33 AM

悠々様 コメントありがとうございます。最近は「ニュースを見るのがいやになる」という人が多いです。今回の松本復興相の暴言、菅直人首相の「ふらつき」など、あまりにも低レベルすぎます。せめてもう少し「高度のもたつき」をやってほしいです。こういう中央政府の体たらくを見て、したり顔のコメントをする橋下知事のような輩が出てくるのも本当に困ったことです。話は飛びますが、韓国は朝野が一体となり、見事なチームワークを見せて平昌に冬季オリンピックを招致することに成功しました。片や日本では玄海原発を含め、政府がバラバラになっています。このあまりにも対照的な現実を、「国の危機」として捉える感覚が菅政権にはまったくありません。残念至極です。