View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 14, 2011

何の意味もない財務相発言 -

どうやら総理大臣も他の閣僚も、原発問題以外のことは考えられなくなっているようです。13,14日と続いた急激な円高についてコメントを求められた野田佳彦財務相は「実態とかけ離れた動きだ。引き続き市場の動きを注視していく」と語りました。外為市場というのは、実態とかけ離れた動きをしょっちゅうするものです。「市場の動きを注視する」というのは、「何もしない」というに等しいものでしょう。これではまるで「雨の降る日は天気が悪い」といっているようなものです。円を買いドルを売っている連中は、それこそ命がけで相場を張っているのです。ところが日本の財務大臣は、ニタニタしていてこうした投機筋に立ち向かうのだという姿勢が全く見られません。円高が日本経済にどれほど恐ろしい影響を及ぼすものかについて、骨身にしみて分かっていないという感じが見え見えです。もっと投機筋を震え上がらせるような、凄みのあるコメントをするのが、この人に課せられた義務だと思うのですがーー。

[Post a comment]

COMMENTS