View of the World - Masuhiko Hirobuchi

January 07, 2012

今年の希望 -

早いもので七草となりました。おくればせながら年頭のご挨拶を申し上げます。
日本はもう十分苦しんできました。ここらで楽しく明るい未来への展望がほしいところです。私がいちばん希望しているのは、「財政再建よりもまず景気をよくしよう」と考える人がふえてほしいということです。「増税しなければ国が潰れる」とか「ギリシャ、イタリアの二の舞になる」とかいう、財務省主導のキャンペーンが行き渡り、かなりの人々がそう信じています。この説が正しくないことを説いている人は相当数いますが、一度「増税が正しいのだ」と信じ込んだ人の考えを変えさせるまでにはいきません。オウム真理教の教祖の呪縛にかかったように「増税=善 」「景気刺激策=悪」と信じ込んでいる政治家も多数います。財務省もこれらの政治家も、民衆がうるおい、地方の商店街が活気を取り戻し、円高を阻止して企業が国際競争に勝てるような政策を採ることが嫌いなのです。もっとポジティブな日本の未来像を描き、希望にみちた笑顔がよみがえる1年にしたいと思います。「世論で政策を変えさせましょう」

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : January 7, 2012 12:29 PM

新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

民主党政権が誕生した時には今までとは違うのでは、自民党との政策とは違う国民のための政治が行われるのではないかという、淡い期待を持っていましたが、コロコロ党首が替わる度に失望の度が深まりました。
野田政権は選挙公約をことごとく破棄して増税の道を突き進んでいます。国際情勢にも無関心に見えます。
国民はマニフェストなり公約なりを信じて政権を委ねたのですから、それらを反故にするなら改めて国民の信を問うべきです。
とはいえどの党に日本を委ねるのか、誰が良いのかと言うことになるとそんな党も人物も見当たりません。
今年の年明けも暗澹たる気持ちです。

2 : 湖の騎士 : January 7, 2012 03:16 PM

悠々様 コメントありがとうございます。民主党の今日の姿は前回の総選挙の前から分かっていたことです。マスコミが民主党をはやし立て、あたかも良い政治が行われるかのような幻想をふりまいた罪は重いです。現在、多くの人は「信頼できる政党がいない」と嘆いていますが、それはぜいたくというもの、欲張りすぎです。民主党に比べればはるかに知的水準も高く、倫理的にもすぐれている党は、少なくとも3つあります。ただ政権を取れない党では困ります。そこで消去法で政党を選んでゆくと、「より少ない悪 lesser evil」ということで、しかるべき政党の名前が浮かんでくるのではないでしょうか? 

3 : 2008915 : January 8, 2012 02:41 PM

>「より少ない悪 lesser evil」

の政党を是非応援したいと思います。

間違えてはいけませんので、湖の騎士様の意中の党のヒントをお教え頂けますでしょうか。(真面目な質問です)

よろしくお願いいたします。

4 : 湖の騎士 : January 10, 2012 10:37 PM

2008915様 まず「選択に堪えうる3つの政党」ですが、自民・公明・みんな です。政界再編においては みんなの党 が接着剤となって渡辺喜美党首が首班に指名される可能性があります。しかし今のところではやはり「自民」の総裁が首班となると思います。まことに平凡な答えですが lesser evil は自民党ということになります。彼らが犯したどんな愚行も罪も、民主がやってきた罪よりははるかに軽いといえます。またこれから犯すミスや国難に結び付く行いの度合いも民主のそれに比べてはるかに「耐えうる」ものです。

5 : 小龍 : January 13, 2012 08:22 PM

先生ご無沙汰しております。

景気は気分次第という話を聞きますが、此処はひたすらにポジティブにいくのがこの国が浮上する一つの鍵になるのではと思います。

国民全体が「やまない雨はない」という共通の前向きな認識をもつのが大事なのでしょうが、それには勿論、政治家がリーダーシップを発揮して、しっかりと国民に行くべき道を示すという事も重要な事でしょうし、国民自身も政治を左右するような大きな選挙ではしっかりと見極める必要があると感じています。

世論で政治政策を動かす

私も今年一年、挑戦してみたいと思います。

6 : 湖の騎士 : January 14, 2012 11:51 AM

小龍様 コメントありがとうございます。お元気そうでなによりです。さて野田総理の頭の中はどう考えても「おかしい」と思います。増税しても税収は上がりません。それは今までの実績が示していることです。このままでいけばデフレはますます進行し、円高も進みます。日本を低迷させているのは財務省と日銀の「誤った経済観」です。そこに野田総理は全く気付いていません。彼を強気にさせているのは、読売と日経の後押しでしょう。戦争へのムードを煽った1940年代と同じように、メディアは日本を破滅に導く論陣を張っているのです。少しはアメリカやスイスの「自国通貨安」政策を見習ったらどうかと思います。これだけのことを読まされる方は疲れてしまうでしょうが、もっと分かりやすい記事を次回に書きます。

7 : 2008915 : January 14, 2012 02:04 PM

湖の騎士様、ご返答ありがとうございます。
(お礼が遅くなりまして申し訳ありません)

自民党ですか、、、
ここはなんとか渡辺党首に頑張って頂いて、新たな道を開いてもらえればと、、、、。

自民党にはもう少し下界の暮らしをさせる必要があるように思えるのです。ここで復活してしまうとどうも元の木阿弥になるような。。。。

本当に難しいです。
乱文失礼いたしました。


8 : 湖の騎士 : January 15, 2012 10:47 AM

2008915様 もっと気のきいた政党名を挙げられなくて残念です。自民党はたしかに「懲らしめる」必要があります。多くの人々が自民党を嫌うのは、その能力よりも倫理的な面(汚職体質とか)を嫌うのであって、理性よりも感情的に嫌っていると私は見ます。その反対に民主党を支持する人は、やはり自民党に嫌気がさして、「情緒的に民主党を支持している」のです。外交および経済についての民主党の無知と見当ちがいぶりは国を破滅させ人々の暮らしを破滅させかねないものです。まず「知的に」駄目なのであって、これは政権を取って3年や4年では治りません。そこへ行くと「無知が国を滅ぼす度合」は自民党の方がはるかに少ないと思います。あまり感情的に自民を嫌っていると、自分たちの暮らしはどんどんひどくなって行きます。願わくは、みんなの党の渡辺代表を首班とする連立政権が出来てほしいと私も思います。