View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 16, 2012

野田は今度は自民を裏切る(?) -

マスコミは野田佳彦首相が民主党としての公約に違反して消費税増税を決めたことをとがめませんでした。公約(マニフェスト)というのは、国民との「契約」です。欧米先進国というのは、神と人間の「契約」思想が支配的な国ですから、平気で「契約」を破った野田首相は、本来ならどこからも信頼されないはずです。それがアメリカなどでは高い評価を得ているらしいから不思議です。日本のマスコミの評価が大きく影響しているのでしょう。さて自民党の谷垣禎一総裁や石原伸晃幹事長は、勝ち誇ったような顔をしています。「民主党内をまとめよ。党議決定に従わない者は切り捨てよ」とまで言い、「首相は一日も早く衆議院解散に踏み切り国民に信を問うべきだ」と言っています。「解散」の密約が、民・自の間であったのかどうかは分かりません。しかし自民が期待したような民主党の分裂は起こらず、解散も遠のく可能性が出てきました。冷静に考えれば、野田首相は「国民を裏切った人」です。今度は自民党との密約を裏切る可能性は十分にあります。谷垣氏はそこまで読んで、民主との醜悪な談合を進めたのでしょうか? どうも彼の考えは甘かった気がします。私の読みがはずれて、早く総選挙が行われることを願っています。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : K : June 17, 2012 10:41 AM

野田首相に限らず、近頃はどうも"約束"というものが軽んじられているような気がして残念です。

2 : 湖の騎士 : June 17, 2012 07:56 PM

K様 コメントありがとうございます。全く仰せの通りです。守れない約束なら初めからしなければいいのですが、皆さん約束を守ろうという気がないことが日本の重大な病だと思います。

3 : 悠々 : June 18, 2012 08:29 AM

全くK様の言うとおりですね。
小沢元党首虫が好きませんが、今の野田総理の行動は公約違反だと言って居るのは筋が通って居ます。
自民党とは先生が推測なさっておいでのような密約があると思いますが、それもまた反故にされることでしょうね。

4 : 湖の騎士 : June 18, 2012 10:45 AM

悠々様 コメントありがとうございます。小沢氏が今回の「週刊文春」の暴露記事で受けたダメージは相当なもので、一挙に信用を失いました。しかし、野田首相の増税案を「公約違反だ」と批判していることは正しいと思います。今回の密約談合について、各党のコメントの中で最も説得力のあるのは、みんなの党の渡辺代表と江田幹事長です。自民の谷垣・石原両氏は「解散総選挙を」と叫んでいますが、法案を通してしまったらもはや民主党に対する決定的武器はないわけで、野田首相はのらりくらりと政権の延命を図るでしょう。なにしろ彼はドジョウですから、のらりくらりは得意のはずです。