View of the World - Masuhiko Hirobuchi

June 23, 2012

崩壊寸前の政権となぜ手を組んだのか? 谷垣氏の矛盾 -

自民党の谷垣禎一総裁は23日京都市で「民主党政権は分裂の瀬戸際にあり、政権担当能力がないことが明らかになった。我々は全力を尽くして解散総選挙に追い込んでゆく(大意)」と語りました。「聞き飽きた」コメントです。そんな崩壊寸前の政党となぜ手を組んで、消費税増税法案を成立させようとしたのか。有権者は民・自・公3党の談合による法案成立を望んでいると思うのかーーと問いたいです。民主党の分裂が秒読みとなり、しかも54名以上が離党しそうだというので、民主党の幹部も閣僚たちもおびえ始めています。小沢一郎氏の力を見くびってきた分だけ恐怖心も強いのでしょう。果たして本当に集団離党が起きるのかどうかは分かりませんが、今回の自民党の誤算はひどいものです。増税だけ通して、解散には追い込めず、外野で「解散しろ」と吠え立てているだけという、みっともない事態を招いたのは、谷垣氏の読みの浅さゆえでしょう。「野田政権の延命に手を貸しただけ」という、22日の自民党員の指摘が的を射ていると思います。少なくとも一度は盟友となって野田首相と共に法案を通そうとしたからには、ここで首相の悪口を言うのはみっともないです。ジェントルマンの取るべき道ではないと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien : June 27, 2012 01:08 PM

昨日、消費税引上げ法案が可決されましたね。その後のテレビ取材に答える自民党総裁や幹事長のコメントを聞くにつけ、民主党よりも、小沢一郎氏よりも、誰よりも、自民党の終焉を感じました。

消費税増税は政局の駆け引きに使っていいような問題ではないと思います。自民党として増税に賛成なら、なぜ、今、それが必要だと思うのかというもっと本質的な意思表明をするべきだったと思います。

「自民党がこれだけ協力しているのに、肝心の民主党内で造反者を出すのはおかしい」とか、そういう論点に終始している姿は痛々しい感じがしました。


次の選挙では民主党は間違いなく政権を失い、党の規模からいって自民党が政権に返り咲くというのがこれまでの大勢の見方でしたが、昨日の様子を見ていて、必ずしもそうならないかもしれないと、ふと思いました。

2 : 湖の騎士 : June 27, 2012 04:12 PM

alien様 コメントありがとうございます。自民党の終焉を感じたというご意見に同感です。悲劇的なのは当人たちが自分の言動によって自民党の黄昏を招き寄せているということに気付いていない点です。自民党には蘇ってもらわねばなりません。この総裁と幹事長を換えることがどうしても必要だという気運が早く出てくるように心当たりの人々(同憂の士)に働きかけたいです。

3 : 2008915 : June 27, 2012 05:55 PM

大変僭越ながら、自民党にも民主党にも蘇ってもらわなくとも結構です。
正しく現状を分析(認識)できない政党が政権につけば、結局これまでどおりの利権政治に邁進し、国が滅びます。

今度こそ、すくなくとも正しい現状認識にたって将来を立案できる政党なりグループなりに国の舵取りを任せないと、日本は極東の貧しい小国への道を歩むことになるのではないでしょうか。

4 : 湖の騎士 : June 28, 2012 10:45 AM

2008915様 コメントありがとうございます。私が自民党に「蘇ってもらわないと困る」と言うのは、「目に見える現有勢力の中で、自らを『再生』しうる集団」と見るからです。民主党は、経済・外交・教育・防衛などでしっかりした見方ができておらず、今後いかに努力しても無理だと思います。この一連の増税騒ぎの中で、いちばんまともなコメントをしていたのがみんなの党です。できることならこの党が大幅に議席を伸ばしてほしい。しかし、選挙に担ぎ出せる人材とお金が不足しています。維新の会はまだ海のものとも山のものとも分かりません。こう見てくると、不満だらけですが、自らを「再生する」という条件付きで自民党にがんばってもらうのが、いま取り得る有力な選択肢のひとつだと思います。

5 : 2008915 : June 28, 2012 06:07 PM

湖の騎士様

ご返答ありがとうございます。

自民党が、”自らを『再生』しうる集団”であるかどうかは、先のことゆえ分かりませんが、少なくとも、正しく現状を分析すれば(ほとんどの普通の経済学者や、金融関係者の分析によれば)消費税増税を急ぐ根拠は限りなく乏しいにもかかわらず、”急ぎ働き”の如く増税に邁進してきた既成政党に期待するものは何もありません。

たとえ、弱小な勢力ではあっても、みんなの党や維新の会の可能性に期待する方が気持ちが楽です。
無論、未知数が故の不安も恐れもありますが、明確に国民に背を向けてきた政党やメディアに希望を持つことは今後一切無いでしょう。

残念ですが、これが普通の人々の声(少数派かも知れませんが)だと思います。

6 : 湖の騎士 : June 28, 2012 08:54 PM

2008915様 自民党に対して「再生しうる集団ではない」という認識をお持ちの根拠がよく分かりました。この深刻なデフレの中で消費税を上げるというのは、大きく方向感覚が狂っており、自らについての認識も日本経済についての認識も出来ていない証拠だというお説には全面的に賛成です。「先の選挙で消費税増税を唱えたからには、野田首相の主導する増税路線には逆らえない」という理屈もあまりにも小心な律儀者の論理です。あのころはギリシャやスペインやイタリアが今日のようにはなっていませんでした。「日本を取り巻く国際環境が激変した。今は絶対に消費税増税などを言うべき時ではない。従って自民党は増税には反対だ」と、正面切って言えばよかったのです。そうすれば国民の支持は圧倒的に自民党に集まったでしょう。それくらいの政局を作り出す度胸も才覚もなく、大衆の心を読むすべも知らないのが自民党です。そういうことを認めた上で、なお「自らを変えうる」と期待するのは甘いかも知れません。気になるのは日経の論調などが、「増税大賛成」になっていることです。こういう新聞を毎日毎日読んでいると、感覚は相当狂ってくるでしょう。自民の幹部もメディアの悪影響を相当に受けています。自分の頭で考える能力が必要です。