View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 12, 2012

言うことがコロコロ変わる橋下さん -

つい最近まで野田佳彦首相の政策や行動を厳しく批判してきた大阪市の橋下徹市長が、突然「野田さんはすごい」とベタ褒めをしたことが話題になりました。今のところ批判的反応の方が強いようで、橋下氏はツィッターで「あれは行政能力について語ったものだった」と釈明しています。つまり物事の進め方について褒めたのであって、政策の中身まで褒めたのではないという「言い訳」です。しかし10日に彼の記者会見での「すごい」発言を聞いた人は、「よくコロコロと変わる奴だ。軽すぎて信頼できない」という感想を抱いたことと思います。褒めたなら褒めたでいい。野田さんに心酔するならとことん心酔すればいいのです。それを少しばかり批判されたからといって、わざわざ釈明するというのはみっともない。これで「霞ヶ関の官僚を敵にまわして、日本の一大改革を成し遂げる」ことができるのでしょうか? 思うにこの人は「状況を見て動く人」であり、「原理原則に基づいて動く人ではない」のでしょう。「(この人への)肩入れもどうかほどほどに」と言いたいです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : K : July 12, 2012 07:53 PM

私は橋本氏を信用しておりません。
メディアは彼を小泉元総理と並べて民衆をの支持を受けた改革者のように報じておりますが、小泉氏は実際に発言した事を割と実現したものの、橋本氏の場合は口だけは大きい事を言いますが、ちっとも実現されてないようです。

また、彼は敵を作り過ぎます。
小泉氏も敵を作りましたが、必要以上に敵を作ろうとはしませんでしたし、志の異なるライバルとして尊敬していたように思えました。
ところが橋本氏の場合は見下しているように見えるのです。

私はもう少ししたら、彼の化けの皮がはがれるのではないかと思ってますが、こういった人物に簡単に支持を与えてしまう空気が、この国にまた新しい為政者を生むような気がしてなりません。

2 : 悠々 : July 12, 2012 09:41 PM

橋本市長はハッタリ屋です。
弁護士からの転身だと思いましたが、法律を修めた人とは思えない振る舞いです。
大阪の人は何故タレント性の強い人を何回も選んでしまうのでしょう?
まあ、会計士とか税理士はいかに合法的に脱税をするか、の指導をして稼いでいるんだし、弁護士は罪をいかに軽く済ませるかで腕を競うのだから、ああゆう人が出てきても不思議はないのかも知れません。
勿論正統派の会計士や税理士はいるし、正義感に充ちた弁護士もいるのでしょうが、橋本さんは少なくとも正義の味方とは言えないです。
選挙権の行使には思慮深い選択が必要です。

3 : 湖の騎士 : July 15, 2012 11:00 PM

K様 コメントありがとうございます。このブログに異変が生じ、13日から15日までアクセスができませんでした。お礼を申し上げるのが遅くなりました。橋下氏を「信用していない」とのお言葉に同感です。一本芯の通った原則があって動いているのなら信用できますが、ただ状況を見て「有利か不利か」で言説を変えすぎます。また「敵を作り過ぎる」ことも気になります。本当に大きな志を実現するためには、敵をも味方にしてしまうような包容力と忍耐心が必要です。ことごとに敵と対立するようでは、けっして大きな目的は遂げられないと思います。

4 : 湖の騎士 : July 15, 2012 11:09 PM

悠々様 ご心配いただきましたが、ようやくブログが元に戻りました。コメントをありがとうございます。橋下市長についてのご意見は貴重です。多くの人々は、彼がマスコミに向かってしゃべる言葉に飽き飽きし、「うさん臭い」と感じ始めていると思います。こういう人に政権を渡してはいけません。彼の権力を殺ぐ最も有効な道は、マスコミに向かって「自分は彼をうさん臭く思う」ということを葉書や電話で伝えることです。マスコミの担当者も意外と世論の変化には鈍いものです。葉書や手紙でマスコミを啓蒙することは、非常に有効な手段だと思います。