View of the World - Masuhiko Hirobuchi

October 02, 2012

全くやる気のない内閣 -

1日に発足した第三次野田佳彦内閣は、早速マスコミから手厳しい批判を浴びています。「在庫一掃内閣」とか「史上最低内閣」とかいった批評が新聞各紙に踊っています。民主党に不当なまでに甘く、日本に甚大な災厄をもたらした民主党政権を作るのに力を貸してきた朝日新聞でさえ、この内閣を痛烈に批判しています。私の採点は、「全くやる気のない内閣」です。「何をしたいのか」「日本をどうしたいのか」その意欲もビジョンも全く感じられません。9月26日のこのブログで、党内人事に触れ、融和をはかるよりも日本を守れる人事を行うべきだったと書きました。これに加えて、内閣改造においては「もっとやる気のある人事を!」と要望しておきましたが、野田首相の頭の中は政権を1日でも長く延命させることだけのようです。失望を通り越した拙劣人事でした。

[Post a comment]

COMMENTS